【米国株】オラプレックスOLPX IPO目論見書S-1 まとめ

IPO目論見書S-1/F-1
オラプレックスIPO目論見書まとめ

オラプレックスは化学に基づいた美容、髪の健康改善を行い、美容師や個人に特許取得済みの修復機能をもつトリートメントなど提供する企業です。IPO目論見書S-1をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

オラプレックス NASDAQ:OLPX IPO目論見書 S-1まとめ 

  • 科学を駆使した革新的なテクノロジーを駆使した美容企業
  • 研究開発プラットフォームを活用して、健康で美しい髪をもたらす高品質な製品を生産・販売
  • プロのヘアスタイリスト向け、専門店向け、そして一般消費者向けのグローバルなオムニチャネル・プラットフォームを通じて提供  

日本での取り扱い証券会社:(確認中)

SBI証券(確認中)

楽天証券(確認中)

マネックス証券(確認中)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

上場予定日はいつ?株価は? OLPXのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:確認中) (上場初値:確認中)上場市場:NASDAQ 上場日:確認中

確認中です。

引受幹事企業:ゴールドマンサックス

引受幹事
  • ゴールドマンサックス
  • JPモルガン
  • モルガンスタンレー
  • バークレイズ

などです

経営者:ジュイ・ウォン

ジュイ・ウォン 58歳 社長・CEO(最高経営責任者)

  • 2020年2月からペネロペ・グループ・ホールディングスのジェネラル・パートナーであるペネロペ・グループGP(「ペネロペ・グループGPの取締役会」)のメンバー
  • 2020年1月8日から最高経営責任者
  • 2021年8月からOlaplex Holdings, Inc.の社長兼最高経営責任者
  • 新興企業、中間市場の成長組織、既存/レガシー企業など、あらゆるクラスの事業のビジネスおよび財務パフォーマンスの拡大に豊富な経験を持つ
  • また、デジタルおよびテクノロジーを駆使した成長プラットフォームにおける戦略および運営に関する専門知識を有しています。
  • オラプレックスに入社する前、2017年から2019年までMoroccanoil Inc.のグローバル最高経営責任者、2015年から2017年までElizabeth Ardenの社長、2012年から2015年までStriVectinの最高経営責任者を務めました。
  • 現在、Cosmetics Executive WomenおよびCommittee of 200(C200)のディレクターを務めています。
  • オーストラリア国立大学で政治学の学士号(優等学位)を取得しています。

ティファニー・ウォルデン 34歳  COO(最高執行責任者)、最高法務責任者、秘書兼取締役

  • 2020年1月からペネロペ・グループGPの取締役会メンバーを務め、2021年8月からOlaplex Holdings, Inc.の取締役会メンバーを務め、現在は最高執行責任者、最高法務責任者、秘書
  • 2016年に法律顧問として入社し、2018年までその職を務め、その後、2018年から2019年まで最高管理責任者、2018年から現在まで最高法務責任者、2020年から現在まで最高執行責任者など、さまざまな役割を担い、Olaplexに関する深い知識を有しています。
  • Olaplex社に入社する前は、2011年から2016年までTory Burch社の知的財産担当ディレクター兼シニアカウンセルを務め、同社のすべての知的財産およびブランド保護に関する事項を監督
  • ウィリアム・アンド・メアリー・スクール・オブ・ローでJ.D.を取得し、ニューヨーク大学でジャーナリズムとビジネスを中心とした個別研究でB.A.を取得しています。

売上・利益

OLPX S-1より使用

2021年1月~6月の売上高が2億7千万ドル、前年+271%と大きく伸長しています。およそ2020年度の売上分上半期で売り上げたことになります。

2020年度、2019年度共にNetincome=純利益が出ており黒字化している企業です。

OLPX S-1より使用

2019年度79%だったGPが2020年度は63.6%に低下しています。2020年1~6月のGP率も42.6%ですが2021年には回復し、79.2%となっています。

OLPX S-1より使用

売上は①プロフェッショナル②DTC③個人向けの順になっています。特にプロフェッショナル向けが大きいです。

OLPX S-1より使用

2021年1~6月の営業キャッシュフローマージンは27.7%です。

2020年1~6月の営業キャッシュフローマージンは33.7%です。

2020年の営業キャッシュフローマージンは45.7%でした。2019年は35.5%でした。

何をしている会社?→ 健康で美しい髪をもたらす高品質な製品を、プロ向け、専門店向け、一般消費者向けのグローバルなオムニチャネル・プラットフォームを通じて提供

OLPX S-1より使用

ダメージを受けた髪を修復するヘアケアを行う処理剤や、シャンプー・トリートメントを販売しています。

現状はプロフェッショナル(サロン向け)の売上が大きいですが、

市場機会 現在770億ドルで2025年までCAGR6%成長が見込まれるヘアケア市場、上位3社からのシェア奪取が期待できる。ビューティ&ウェルネスカテゴリーへの進出も視野。

ヘアケアは大きな成長市場

ヘアケア製品は、大きな市場であり、成長のチャンスがあります。2020年には世界全体で770億ドルの市場規模となり、2020年から2025年にかけて年複利で6%程度の成長が見込まれています。

消費者の健康への関心はますます高まっている

私たちは、消費者の購買意思決定の重要な要素である「髪の健康」に特に注目しています。最初に着目したのは、髪の健康の中でも最も重要な要素である「ダメージヘア」で、当社独自のボンドビルディング技術で対応しました。米国の女性の約91%は、カラーリング、ケミカルサービス、ヒートスタイリング、洗髪、ブラッシングなど、毎日何かしら髪にダメージを与えていると言われており、これがボンドビルディング製品の強い需要を喚起していると考えています。

ヘアケア市場の長期的な成長見通しを支えるいくつかの重要な追い風があります。消費者が自分の髪に対して抱く印象は、自分自身をどのように認識しているかに強い影響を与えます。私たちは、個人の外見や健康への関心が継続することで、このカテゴリーの消費が増加すると考えています。また、消費者の健康志向が高まっており、清潔でテクノロジーに裏付けられた結果の出る美容製品に対する需要が高まっていると考えています。また、髪の健康の重要性から、消費者の間では高品質な製品への投資意欲が高まっている。

革新的で消費者と結びついたブランドがシェアを拡大

消費者が髪の健康のために高機能で革新的なソリューションを求めるようになった今、ヘアケア業界は変革の時期を迎えていると考えています。ヘリテージ・ビューティ・ブランドは、より機敏で、進化する消費者のニーズに対応できる革新的なコンシューマー・コネクテッド・ブランドに市場シェアを奪われています。Euromonitor社によると、世界のヘアケア企業上位3社(小売売上高)は、2015年以降、430ベーシスポイント以上の市場シェアを失っています。このような状況は、OLAPLEXが市場シェアを獲得する大きなチャンスとなっています。また、髪の健康への関心の高まりは、製品提供を拡大して他のヘアケアソリューションの提供に注力することで、将来の成長への大きな走路となります。

ビューティー&パーソナルケア分野でのホワイトスペース

当社は、差別化された技術プラットフォームを活用することで、6,330億ドル規模のビューティ&パーソナルケア分野にも進出できる立場にあります。また、1,400億ドル規模の世界的なカテゴリーであるスキンケアなど、他のビューティカテゴリーで提供されるOLAPLEX製品にも消費者の関心が集まると考えています。私たちは、イノベーションの専門知識を活用して隣接するカテゴリーに参入し、消費者の幅広いパーソナルケアのニーズに応えるクリーンで健康的なソリューションを創造していきたいと考えています。私たちは、ヘアケア製品の新製品を発売する際に大きな関与をもたらした消費者コミュニティとの深いつながりが、将来的にビューティー&ウェルネスカテゴリーへの進出を可能にすると確信しています」と述べています。

商品・サービス

日本語のオラプレックス誕生秘話です。最先端科学での髪の修復が有効である、ということに

ヘアゴムを紙に例えて考えると、ゴムは時間の経過とともに劣化しますが、オラプレックスはそれを元に戻すことを行います。それの修復をボンドサイエンステクノロジーという、という内容です。

登場する2名はもともとからヘアケアを専門にしていたわけではなく、別分野の知識が髪の修復に役立った、ということを言っています。

No1,2から始まり、最近NO0と8を加えた9商品群のラインアップです。

トリートメント、スタイリングオイル、コンディショナー、シャンプーなどがあります。

No1,2はジマレイン酸が主成分でこれが髪の毛=アミノ酸の結合を行い、修復を行うようです。この2商品が特に重要な意味を持ち、間口を広げる役割を担っているようです。

OLAPLEXは、2014年にボンドビルディングというカテゴリーを創出することで、プロのヘアケア業界を破壊し、革命を起こしました。OLAPLEXは、プロ用チャネルで販売していた3つの製品から、プロ用チャネル、専門店チャネル、DTCチャネルで提供する幅広い製品群へと成長しました。当社独自の結合形成技術は、化学的、熱的、機械的、環境的、加齢によって破壊された人毛のジスルフィド結合を修復します。私たちは、消費者が毎日楽しみにし、頼りにしてくれるようなセルフケアを実現するために、時間をかけて戦略的に製品ラインを拡充してきました。現在の製品ポートフォリオは、髪の健康のためのホリスティックな養生法を提供するために特別に開発された、9つのユニークで補完的な製品で構成されています。当社独自の特許成分であるジマレイン酸ビスアミノプロピル(Bis-aminopropyl diglycol dimaleate、以下「ビスアミノ」)は、製品に共通する成分であり、信頼できる高品質な製品を生み出すための重要な差別化要因となっています。当社の製品群を支えているのは100件以上の特許であり、これらは当社独自の技術を保護しています。また、当社の特許請求項は幅広く作成されており、ヘアケアだけでなく、スキンケアやネイルヘルスなど、隣接するカテゴリーへの応用をカバーする請求項も含まれていることから、参入障壁となると同時に、将来的には隣接するカテゴリーへの参入の基盤にもなると考えています。

現在のヘアヘルス・プラットフォームは、プロのヘアスタイリストのみが購入できる2つの製品、No.1とNo.2によって支えられています。この2つの製品は、私たちのブランドを紹介するだけでなく、自宅でもサロンでも使える7つの製品への入り口にもなっています。

顧客:スタイリスト・個人に対しプロフェッショナルチャネルと、専門店、DTCチャネルにて販売を行う。

お客様

プロフェッショナルチャネルのお客様には、SalonCentric、Beauty Systems Group、New Flag、Sally U.K.、Aston and Fincherなどがあります。専門店のお客様には、Sephora、Douglas、Space NKなどの専門店があり、DTCのお客様には、Amazon、ASOS、Cult Beauty、The Hut GroupなどのEコマースのお客様があります。

2020年には、Sephora、SalonCentric、Beauty Systems Groupの3社がそれぞれ当社の売上高の10%以上を占めました。当社のオムニチャネル販売プラットフォームには170社以上のお客様がいらっしゃいますが、Sephora、SalonCentric、Beauty Systems Groupおよびその他の少数のお客様が引き続き当社の売上高の大部分を占めるものと思われます。

シナジー・オムニチャネル・セールス・プラットフォーム

当社の製品は、世界100カ国以上でグローバルなオムニチャネルプラットフォームを通じて販売されています。2020年の米国での売上高の約53%、売上の約47%が国際販売となりました。当社は、販売代理店、小売業者、消費者に直接販売しています。

私たちのヘアスタイリストコミュニティに根ざしたプロフェッショナルチャンネル

当社のプロフェッショナルチャンネルでは、主にサロンや美容師などの専門の美容業界の店舗に販売する卸売美容用品販売業者を通じて、サロンで使用したり、ヘアスタイリストが自宅で使用するために消費者に販売したりします。2020年には、100以上の専門代理店を通じて当社の製品を販売しました。当社の国際的な販売代理店は、一般的に特定の地域の専門美容業界のアウトレットに当社の製品を販売することが許可されています, 一部は、領土内で当社の製品を販売する排他的な権利を持っています.プロの美容販売業者との契約には、通常、購入および販売の最低要件が含まれ、販売代理店が当社と競争力があると見なされる製品を販売することを禁止します。

消費者へのリーチに焦点を当てた専門小売チャンネル

専門店のお客様には、専門小売店のほか、オンラインや実店舗を持つ高級百貨店が含まれます。2020年には、世界61カ国以上の約30の小売店で製品を販売しました。私たちの最大のグローバル小売パートナーはセフォラで、世界中で1,800以上のドアを開けているだけでなく、セフォラ自身の電子商取引サイトを通じてしています。

デジタル機能を活用した直接消費者向けチャネル

当社は、ブランドのウェブサイト、olaplex.com、業界をリードする純粋な遊びの美しさとウェルネスパートナーに直接製品を販売しています。オンライン活動全体で創造的で協調的なブランド構築戦略を実施し、消費者のインサイト、エンゲージメント、コンバージョンへの直接アクセスを促進し、イノベーションとブランディングのパフォーマンスをさらに向上させるリソースを提供しています。

オムニチャネル戦略とチャネル間でのマーケットリーダーシップの相乗効果。各チャネルでのベストセラーやトップ10商品などを獲得

業務用チャネル、専門店チャネル、DTCチャネルを統合した当社のチャネル戦略は、チャネルを超えて消費者の購買意欲を高める強力なフィードバックループを生み出しています。当社のデジタル機能は、各チャネルをサポートし、消費者との直接的なタッチポイントを提供します。プロフェッショナル・チャネルは、消費者に製品を推薦する信頼できる情報源としての信頼性を提供し、当社ブランドを紹介する役割を果たすことで、専門店やDTCチャネルをサポートしていると考えています。当社の消費者の約35%は、ヘアスタイリストからOLAPLEX製品を紹介された後に購入していると考えています。このようにして紹介されたお客様は、専門店やDTCチャネルでOLAPLEX製品を購入し始めます。私たちは、小売店のパートナーに、効果の高い製品を厳選して提供しており、多くのブランドが幅広い品揃えをしているのとは対照的です。

専門店やDTCの存在は、消費者が買い物をするあらゆる場所にリーチすることを可能にし、自宅での使用に加えてサロンでプロ仕様の強力なOLAPLEXトリートメントを求める顧客を獲得することで、プロのヘアスタイリストに収益をもたらします。例えば、OLAPLEX.comで製品を購入したお客様の約50%が小売店でもOLAPLEX製品を購入しており、40%がサロンでもOLAPLEX製品を購入していると考えています。チャネルを超えて成功する能力は、当社のビジネスモデルの特徴です。例えば、2020年には、OLAPLEXはSephoraでヘアケアブランドとして売上No.1となり、Beauty Systems Group(以下、BSG)では5つの製品がそれぞれのカテゴリーで最も売れています。さらに、2021年7月には、当社の0号+3号キットと5号ソリューションが、Amazonで販売されているヘアケア製品のトップ10のうちの2つであったと考えています。当社のグローバルなブランド共鳴とスタイリストのコミュニティは、この統合チャネル戦略を国際的にも活用することを可能にしています。

収益モデル

商品の販売に伴って収益が認識されます。

複数のチャネルを持つという特徴がありますが、形ある商品を販売する企業と一緒なので、収益認識での特筆すべき点はないです。

競合 Henkel AG & Co. KGaA、花王株式会社、L’Oreal S.A.、ユニリーバなど

Henkel AG & Co. KGaA、花王株式会社、L’Oreal S.A.、ユニリーバなどは具体的に名前を挙げられています。

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

リスク要因①  製品の大半を単一ソースメーカーおよびサプライヤー(子スウェイ・カンパニー)に依存 するリスク

当社は、製品の大半を単一ソースメーカーおよびサプライヤーに依存しており、メーカーやサプライヤーの損失や原材料や完成品の供給不足は、当社の事業、見通し、営業成績、財務状況および/またはキャッシュフローに悪影響を及ぼす可能性があります。

当社の製品は、一般的に、単一または限られた数のメーカーとサプライヤーに依存しています。原材料、部品、包装を第三者のサプライヤーから取得し、完成品は3社のサードパーティメーカーが製造しています。コスウェイ・カンパニーは、2020年の売上高の70%以上を占める製品を製造しており、現在の製品の大半を製造するためにコスウェイに頼り続けています。また、当社製品の主原料は、米国の契約製造機関によって製造された当社の特許取得済み成分であるビスアミノです。これまで、当社の完成品や必須原料を十分に供給することができ、現在、ビスアミノを含む製品のほぼすべてのコンポーネントに対して十分な供給があると考えています。しかし、世界的な需要の増加や供給能力の制限により、原材料に対する供給問題が発生する可能性があります。当社の完成品メーカーまたはBis-aminoのサプライヤー、または当社の他の原材料が実行できず、代替供給源を見つける必要がある場合、これらの新しいメーカーまたはサプライヤーは、追加の投資を必要とし、時間がかかる可能性がある、適用される業界、政府および会社が義務付けたベンダー基準の下で資格を取得する必要があります。私たちは、遅滞なく、またはまったく、同様の条件で代替関係を確立することができることを保証することはできません。

リスク要因②売上高の大部分を限られた顧客に依存するリスク

当社は売上高の大部分を限られた顧客に依存しており、これらの顧客の1社または複数社を失うことにより、売上高が減少し、当社の事業、見通し、経営成績、財務状況および/またはキャッシュ・フローに悪影響を及ぼす可能性があります。

2020年12月31日に終了した年度において、Sephora、SalonCentricおよびBeauty Systems Groupの3社の顧客は、それぞれ当社の売上高の10%以上を占めていました。また、2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、Sephora、Beauty Systems GroupおよびAmazon.com, Inc.の3社の顧客がそれぞれ当社の売上高の10%以上を占めています。当社は、Sephora、SalonCentric、Beauty Systems Group、Amazon.com, Inc.およびその他の少数の顧客が、当面の間、当社の売上高の大部分を占め続けると予想しています。Sephora、SalonCentric、Beauty Systems Group、Amazon.com, Inc.および当社の売上高の大部分を占めるその他の顧客の1社または複数社の喪失、あるいはこれらの顧客への売上の大幅な減少(顧客の再編・倒産、顧客間の統合、電子商取引チャネルを通じた小売販売の拡大に対応した小売店舗の閉鎖、消費者需要の減少、その他の要因を含む)は、当社の純売上高および/または営業利益を減少させ、当社の事業、見通し、経営成績、財務状況および/またはキャッシュ・フローに悪影響を及ぼすことになります。

S-1をみて、個人的に気になった点

私自身はヘアケアを全くしていないのでよくわかりませんが、収益性が非常に高いと思いました。

すでに黒字化していて、GP率がものすごく高い点や、2020年はコロナウイルスによる外出の制限がある中で、あまり髪やファッションにお金をかけない状況だったと想像されますが、2020年も売上高を成長させたうえで、さらに2021年1~6月も成長が加速している点や、使用者の評価から、今後の成長に期待したいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました