【米国株】RKT ロケットカンパニーズ Rocket Companies Inc IPO売り出し目論見書 S-1まとめ

RKT ロケットカンパニーズ Rocket Companies Inc IPO売り出し目論見書 まとめIPO目論見書S-1/F-1

2020年8月にIPOをしたRKTロケットカンパニーズのIPO売り出し目論見書をまとめました。ロケットモーゲージと呼ばれる住宅ローンを主力とした創業以来1兆ドル以上の住宅ローンを提供している企業です。

投資にはリスクが伴いますので自己判断・自己責任にてお願いいたします。

RKT ロケットカンパニーズ Rocket Companies Inc IPO売り出し目論見書 S-1まとめ

IPO売り出し目論見書まとめ(時間がない人用)
RKT ロケットカンパニーズ S-1より

創業:1985年(ロック・フィナンシャル、現在のロケットカンパニーズ)

主力事業:ロケット・モーゲージ(住宅ローン)

創業以来1兆ドル以上の住宅ローンを提供し、市場シェアを2009年の1.3%から2020年第1四半期の9.2%に拡大し、CAGR(年平均成長率)は19%

創業者兼会長:ダン・ギルバート

最高経営責任者:ジェイ・ファーナー

RKT ロケットカンパニーズ IPO売り出し目論見書まとめ

IPO売り出し目論見書には一通りの事業についての説明とリスクについて記載されています。

取り扱い証券会社:SBI証券・楽天証券・マネックス証券・DMMドットコム証券

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

DMM 株 (DMMドットコム証券)

リンクから口座開設できます。

IPO 幹事企業 ゴールドマンサックス・モルガンスタンレー・クレディスイス

RKT ロケットカンパニーズ S-1より

ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、クレディスイス、JPモルガン、RBCキャピタルマーケッツ、アレン&カンパニー、バンクオブアメリカセキュリティズ、バークレーズ、シティグループ、UBSなどです

経営者

RKT ロケットカンパニーズ S-1より

ダニエル・ギルバート(ダン・ギルバート)取締役会長

クィックン・ローンズの創業者で、1985年から取締役会長を務めています。また、1985年から2002年までQuicken Loansの最高経営責任者を務めました。クリーブランド・キャバリアーズのオーナーでもあります。

ジェイ・ファーナー 最高経営責任者

発行体の最高経営責任者および取締役です。2020年3月就任です。1996年からクイックン・ローンズに入社し、1999年からシニアリーダーとして活躍。2017年にクィックン・ローンズのCEOに昇進する直前はクィックン・ローンズの社長兼最高マーケティング責任者。

ロケットカンパニーズは何をしているの?どんな会社?

RKT ロケットカンパニーズ S-1より
RKT ロケットカンパニーズ S-1より
サービス開始以降1兆ドルのローンが組まれている。

ロケットモーゲージ:カンタン・便利に住宅ローンを取得可能。創業以来1兆ドル以上の住宅ローンを提供し、市場シェアを2009年の1.3%から2020年第1四半期の9.2%に拡大し、CAGR(年平均成長率)は19%。自動化されたデータ検索と高度な引受技術で、迅速でカスタマイズされたソリューションを提供します。

ロケットモーゲージアプリ:クライアントが住宅ローンを申し込むために使用するアプリです。ドキュメントをアップロードし、電子署名し、明細書を受け取り、毎月の支払いを完了できます。このアプリはApple App Storeで4.9つ星の評価を得ています。

2019年には、オペレーショナル・エクセレンスの結果として、クライアント全体の保持レベル63%、リファイナンス保持レベル76%を達成し、業界平均の22%の約3.5倍に達しました。2020年の平均は、クライアント全体の保持率が75%近くにまで増加。過去6年間、J.D.パワーによる住宅ローンサービスの1位、毎年受賞資格を得ています。

ロケットカンパニーズの特徴:マーケティング投資

RKT ロケットカンパニーズ S-1より
サイト訪問者は右肩上がりに成長している

創業以来、2019年12月期の9億5000万ドルを含む50億ドル以上のマーケティング投資。最新のスーパーボウル広告は、USAトゥデイの広告メーターによって5番目に優れたスーパーボウル広告にランクされました。

デジタルパフォーマンスマーケティングにより、2019年には2,000万人以上の潜在的な顧客から問い合わせあり。

クイックンローン住宅ローンサービス(QLMS)ネットワークと州農場と農家のエージェントに住宅ローンの専門家を含む高品質のインフルエンサー、アメリカン・エキスプレス、イントゥイット、シュワブなど、フォーチュン500企業とマーケティング提携を行っています。

ロケットカンパニーズの主力事業ロケットモーゲージ

RKT ロケットカンパニーズ S-1より

2019年までのCAGR(年平均成長率)は19%、2018~2020年で175%の成長をしています。住宅ローン(年間2.0兆ドル以上の市場)の9.2%のシェアを占めています。

オンラインプラットフォームまたはアプリを使用して適用されたクライアントのうち、75%が初めての住宅所有者またはミレニアル世代。その結果、成長が加速すると予想する。

エコシステムによるアドレス可能市場 TAM (Total Addressable Market)5.5兆ドル

RKT ロケットカンパニーズ S-1より
RKT ロケットカンパニーズ S-1より

ロケットホームズ

オンラインホーム検索プラットフォームと不動産業者の紹介ネットワークを通じて、不動産販売の補助的なサービスを提供。米国消費者連盟によると、不動産販売市場は米国で約1,000億ドル/年の売上を誇っています。

ロケットローン

2016年に個人の無担保ローンオリジネーション事業を立ち上げました。トランスユニオン・インダストリー・インサイト・レポートによると、米国の個人無担保貸出市場は約1,620億ドルの未払い残高を持ち、2016年以降、年間成長率(CAGR)が16%増加しています。


ロケットオート

ロックコネクション事業の販売能力は、2019年に約20,000台の中古車販売を促進し、自動車販売の初期の成功を後押ししました。Edmundsによると、米国の消費者向け自動車販売市場は、2019年に約4,080万台です。

エジソン・ファイナンシャル

エジソンはカナダのデジタル住宅ローン会社です。米国での当社の成功は、年間約7,610億ドルの住宅ローン起源の市場であるカナダの住宅ローン市場で活用できると考えています。

これらを含むロケットカンパニーズのエコシステムによるTAM(アドレス可能な市場規模)が5.5兆ドルです。

ミレニアル世代の持ち家比率は減少しているがボリュームのあるこの世代に向けてチャンスがある。

ミレニアル世代の持ち家率は、今日約32%で、ジェネレーションXとベビーブーマー世代の割合に大幅に遅れています。20歳から34歳までのミレニアル世代は約6,750万人で、今後数年間で需要が増加する可能性があります。

損益計算書

RKT ロケットカンパニーズ S-1より

Gain on sales of loans ローンの売却益 

主な収入源です。

2020年3月までの3か月間は前年比250%の成長。1,822百万ドル(前年727百万ドル)です。

リスクファクター

COVID-19影響リスク、ローン返済滞りリスク、景気リスク。

CARES法により、借り手はローンの返済を遅らせることができます。これにより、借り手が実際に支払いを行うかどうかに関係なく、投資家、保険会社、税務当局への毎月の支払いを進める契約上の義務があります。

そうなった場合、ロケットカンパニーズは借入金を含む現金を使用して、当社のサービス業務に必要な支払いを行います。

住宅ローン担保証券(MBS)のFRBによる購入プログラムの継続有無、ほかにもマクロ経済の低迷や失業率の高止まりなどもリスク要因です。

ローンの発生が季節的であるためのリスク

ローンの発生は季節的です。ロケットカンパニーズのローンのオリジネーション(設定)は、第2四半期と第3四半期の活動を増加させ、住宅購入者が学年の開始前に新しい家に移動するために春と夏の間に家を購入する傾向があり、第1四半期(1~3月)と第4四半期(10~12月)は少ないです。ローンの発生収益は四半期ごとに異なります。しかしこのパターンは、パンデミックによる予測困難な混乱が影響し、変化する可能性があります。

※最需要期である1月~6月のCOVID-19発生状況に伴う活動レベルが業績に影響あると捉えています。

米国の金融政策の変化は、ビジネスに悪影響を及ぼすリスク

金利が上昇し、住宅ローンの借り換えを検討しなくなり可能性があります。金利の上昇が住宅の購入需要=ローンの購入需要を減らす可能性もあります。これらが収益に悪影響を及ぼす可能性や、販売を維持するためにマーケティング支出を増やす必要があります。

金利の低下は、当社の財務状況、MSRポートフォリオの価値、および業績にも悪影響を及ぼす可能性があります。現在の持続的な低金利が続く場合、多くの顧客や潜在的な顧客がすでに低金利を利用しているので、借り換え取引は時間の経過とともに減少することが予見されます。

※金利とロケットモーゲージ(住宅ローン)の関係性について最後に自分の分析を記載しています。

自作の分析(10年債利回りとロケットモーゲージの成長の相関)

自作の分析(10年債利回りとロケットモーゲージの成長の相関)
S-1データを含む自作

ここからは自分の勉強のため分析です。

ロケットモーゲージの成長には10年債利回りの関係がありそうです

ワニの口のようなグラフは10年債利回りの下落時にロケットモーゲージの成長を促し、上昇時に成長鈍化する傾向がみられます

とりわけ強い成長を見せた2012年、2019年は前年比較で1%前後の利回りダウンがありました

10年債利回りが上昇した2013年、2014年、2017年、2018年を見ると、うち3年は前年割れであり、2020年はその観点からするとロケットモーゲージの売り上げ苦戦も考えられます

ただし、住宅ローンを組むにあたり低金利であることは大きなメリットだと考えます

また、仮にこの考察が正しかったとしてもロケットモーゲージの売り上げのみが株価に影響するわけでは無いと考えるので、あくまで判断材料の一つとしたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました