雑記

スポンサーリンク
漫画

九条の大罪第39審 消費の産物⑫感想

なぜ九条を弁護士にたてたのか、よくわかっていない亀岡が、九条を飲みに誘う。 どうせ暇でしょ、という言い方も実に彼女らしい。本当は興味津々なのにあくまで九条とは対等以上である、というスタンスを崩したくないように見える。 何十件も同時に案件を抱える九条は、暇ではないですよ、というが、 却下。と断じる亀岡。蟹に誘っている。
漫画

九条の大罪 第38審 消費の産物⑪ 感想

面会室で雫と向き合う九条。雫には軽度の障害があり、中谷修斗に支配されていたゆえに心神衰弱が認められれば執行猶予付き判決もあり得ると雫に伝える。雫は死刑でも構わない、地獄で修斗に謝りたいと告げる。少し考えたような表情の九条は震える雫の脚をみて、その言葉が本心ではないと悟ったのか、雫に大学ノートを渡し
漫画

九条の大罪 壬生の愛犬おもちについて

おもちの初登場シーンは 第8審の背中のタトゥーということになる。この段階では全身に施されたタトゥーの中で、特に気になる部分として腹に書かれた「Everlasting love rice cake(永遠におもちラブ)」という文字、背中に「rice cake(おもち)」という文字、そして正面を向いた犬が彫られている、ということでしかなかった。明らかに意味深というか意味不明な内容だった。
2021.11.07
漫画

九条の大罪 第37審 消費の産物⑩感想

修斗宛のラインの通話キャンセルが続く。ラインはつながっていないようだが一方的に音声通話を試みた後だ。汚い部屋には薬局から処方された錠剤が置かれている。修斗はいつものバーでラインを見る。雫は売掛金がが300万あるらしく、今月全額回収して円を切ることを考えている。
漫画

九条の大罪 第36審 消費の産物⑨ 感想

キングサイズのベッドを取り囲む男たち。 中国人のようだ。床にはバイブが転がっている。 中国人は複数でやるのが好きな文化なんだって、という修斗は男たちの去ったその部屋で雫と話す。 稼ぎも凄いようでざっと見ても10万円以上は確実、30万円以上だろうか。 半分を紹介手数料としてもらっていく修斗。
漫画

九条の大罪 第35審 消費の産物⑧感想

とのくん(外畠)と笠置衣子(雫の母)が亀岡麗子と向き合っている。外畠はYoutubeで亀岡を見つけたようだ。手帳もちの娘を騙してさらし者にしたAVメーカーを許せん、という衣子。できるだけ多くの慰謝料をもらえるよう取り計らってもらえないかと衣子なのか、外畠なのかが続ける。
漫画

九条の大罪 第34審 消費の産物⑦感想

雫のビデオが店頭に並んでいる。雫花ぴえん(しずくぴえん)という名前でのデビューだ。ビデオは馬鹿売れらしく、確かに宣伝費はかけたものの凄い売れ方をしていると粟生は雫に伝える。雫も元気にありがとうございますと、返事をしている。消費の産物①で現れたもともとの雫の友達が地面に座っている。
漫画

九条の大罪 第33審 消費の産物⑥感想

AVの撮影が始まる。モニターで眺めるキャップをかぶった男は粟生さんのいう通りの逸材だ、と評する。撮影も通常1日のところを3日もかける力の入れようのようだ。シャワーを浴びる雫は、撮影楽しいな!と喜ぶ。パッケージの撮影はメチャクチャいい表情、天才、すごく可愛い、と褒めちぎられながら行われる。
2021.09.23
漫画

九条の大罪 第32審 消費の産物⑤感想

セミが鳴いている。歩道橋の上で九条を呼び出し、頼みごとがある、というのは京極だ。自分が面倒を見ていた会長のAVメーカーが訴えられていて困っている、過去にさかのぼっての販売差し止めと慰謝料の請求をされていると。 人権派弁護士の亀岡麗子がマスコミを巻き込んで大事になりそうだと。手下に買わせたガリガリくんを食べる京極。
2021.09.08
漫画

九条の大罪 第31審 消費の産物④ 感想

亀岡麗子が腰に手を当てメガホンで主張している。理不尽な性暴力にさらされても声をあげられない女性がいる。強姦は魂の殺人で、性暴力を助長させるAV業界把握の権化であると。依頼人は涙ながらに現状を話してくれた。とし、AV出演を強要された被害者の人権を守り、搾取をなくすべき、ストップ性暴力!ノーAV業界!と繰り返している。
2021.09.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました