雑記

スポンサーリンク
漫画

九条の大罪 第71審 至高の検事⑦ 感想

コミックス好評発売中です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){arguments.currentScript=c.curre...
漫画

九条の大罪 第70審 至高の検事⑥感想

コミックス好評発売中です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){arguments.currentScript=c.curre...
漫画

九条の大罪 第69審 至高の検事⑤ 感想

烏丸は流木のところでイソ弁をしているようだ。コーヒーを勧める九条だが、烏丸は断る。だが公園のベンチで二人の会話は始まる。接見に来たのかと聞く九条だが、そうではないようだ。逆に九条に聞きたいことがあるのでは、と尋ねる烏丸だが、ちょっと間をおいて「大丈夫です」と九条は答える。烏丸は京極からの依頼が原因で嵐山が執拗に追い回してくることや、なぜ壬生のような人間の依頼を受けるのか、と九条に問いかける。
漫画

九条の大罪 第68審 至高の検事④感想

犬飼が直ちに電話を切ってしまったため、壬生の電話がつながらない。壬生は少し慌てた様子で久我に電話し、犬飼を探し拉致をした人間の身元を知りたいという。犬飼は知り合いの輩っぽい男(以下、輩)から頼まれて、調子に乗って悪さばかりをするという男を拉致したということを話す。ビニール袋をかぶり手を縛られた男は病院前に捨てようとしている。輩は、拉致に手付金として数十万を犬飼に渡した。
漫画

九条の大罪 第67審 至高の検事③ 感想

烏丸が「HNDOA」のバイクに乗って登場する。バイクに乗って追いかけてきた流木が忘れ物、と言ってペンを渡す。警察・検事対弁護士は組織対個人だ。弁護士は自分の身は自分で守らないと。九条の大罪 小学館という流木。向かった先は警察で、前回嵐山に呼ばれたのに答えた形だ。腕を組んだ嵐山の部下の深見が、会話の録音を疑いスマホを出すように伝え、
漫画

九条の大罪 第66審 至高の検事② 感想

コミックス好評発売中です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){arguments.currentScript=c.curre...
漫画

九条の大罪 第65審 至高の検事① 感想

流木の事務所にいる烏丸。九条が壬生の恐喝の片棒担ぎで共犯に問われ懲戒請求されるリスクについて話している。九条は善か悪か、流木は問いかける。それを見極めるために、流木のところに来たのかもしれないと烏丸はいう。そして至高の検事がいたら九条はパクられるのでは、と言う。宇治信直(うじのぶなお)検事部長の元で働く検事。
漫画

九条の大罪 第64審 愚者の偶像⑮感想

妹の数恵と江の島からビデオ通話をする数馬。江の島は雨でサーファーが転々としている。千歌と台風の日に江の島に来たことを思い出す数馬。同棲後の千歌との生活は荒れ、買ってきたアイスの味が違うとかそんなことで数馬は責めらる。自分の妹のために2億も作ろうとして、私にはアイスもケチるのか!?と怒る千歌にお前のエゴと妹の命を比べるなと言う数馬。 少し寂しげな表情を浮かべ、千歌は数馬の家を出ていった。 その後の千歌は小山以外にも2人のパパがいて、モモヨを使って中国の富裕層に売春させたりして稼いで
漫画

九条の大罪 第63審 愚者の偶像⑭感想

久我に生きているか壬生が聞くといえ、死んでますと答える。いいね。帰るぞ久我という壬生。ぶちギレる犬飼だが、払うかボケという壬生に菅原のバットが振りかざされる。左腕の時計で壬生は防ぐが、菅原は怒りの表情で全財産を要求し、払わないなら山に埋めると言う。 逆に時計を弁償しろという壬生。俺はいつも周到だ。と。
漫画

九条の大罪 第62審 愚者の偶像⑬ 感想

数馬と机を挟み向かい合う菅原は、山城弁護士にスピーカーで電話をし、4000万円の回収分請求は場合によっては恐喝になる、というアドバイスをもらっている。ついでに九条も恐喝の共犯として逮捕されてもおかしくないと。菅原は自分を取るか、壬生を取るか決めろという。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました