【米国株】Sportradar スポートレーダー IPO目論見書F-1まとめ

IPO目論見書S-1/F-1

スポートレーダーはSportradarは、スポーツに関するデータをB2Bで提供し、スポーツ、メディア、ベッティングのバックエンド・テクノロジーとなる企業です。IPO目論見書F-1をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

  1. Sportradar スポートレーダー NASDAQ:SRAD IPO目論見書F-1まとめ
    1. 日本での取り扱い証券会社:SBI証券・楽天証券
    2. スポートレーダーのリアルタイムチャート
    3. 上場予定日はいつ?株価は? スポートレーダーのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:25-28ドル➡27ドルで値決め) (上場初値:27ドル)上場市場:NASDAQ 上場日:2021年9月14日
    4. 引受幹事企業:JPモルガンなど
    5. 経営者:カーステン・コアールCEO
    6. 売上・利益  収益複合年間成長率(CAGR):2016年から2020年にかけて25%
    7. 何をしている会社? →スポーツデータ・ソフトウェアを提供するプロバイダー。スポーツベッティングにオッズ提供などを行う。
    8. 市場機会:スポーツベッティングの伸長余地。2021年470億ドル→2030年870億ドルの成長が見込まれる。合法化も追い風に。
    9. 商品・サービス 試合前のオッズ提供やゲームスタッツなどのライブデータ提供、ウィジェット提供などスポーツデータを活用した多岐にわたるデジタルデータ・ツール
    10. 強み 独自のテクノロジー・ 世界の29のスポーツで、150以上のリーグ・団体と提携するネットワーク効果
    11. IPO前のニュース:アトリウムスポーツ買収、NHLライセンス契約
    12. 顧客:ベッティングオペレーター :Bet365、Caesars、DraftKings、Entain、FanDuel、Flutter、William Hill 、デジタル企業、スポーツリーグ :NBAやITF 、メディア: CBS Sports、ESPN、Fox Sports、NBC Sports
    13. 収益認識 契約期間にわたる定額法での認識がメイン
    14. 競合 スポーツデータやソリューションプロバイダー
  2. リスク要因 Risk factor
    1. リスク要因① COVID-19の世界的な流行による事業や業績の悪化リスク
    2. リスク要因②スポーツリーグのパートナーとの戦略的関係の成功に依存するリスク
    3. アマゾンウェブサービス(AWS)、マイクロソフトAzure、その他の第三者が運営するコンピューティングインフラストラクチャに依存するリスク
    4. 責任あるギャンブル、未成年者によるギャンブル、マッチフィクス(賭博)に関する社会的責任への懸念や世論がSportradarの評判に悪影響を与えるリスク
    5. S-1をみて、個人的に気になった点

Sportradar スポートレーダー NASDAQ:SRAD IPO目論見書F-1まとめ

  • 主にベッティング使用するスポーツデータの提供を行う企業
  • 世界のスポーツベッティング業界にB2Bソリューションを提供する企業の中で、売上高ベースでナンバーワンの企業
  • スポーツリーグ、ベッティングオペレーター、メディア企業に対し、ミッションクリティカルなソフトウェア、データ、コンテンツを、サブスクリプションやレベニューシェア方式(提携による利益をあらかじめ決めておいた配分率で分け合う)で提供
  • 収益複合年間成長率(CAGR):2016年から2020年にかけて25%

日本での取り扱い証券会社:SBI証券・楽天証券

SBI証券(9月14日~取扱)

楽天証券( 9月14日~取扱 )

マネックス証券(確認中)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

スポートレーダーのリアルタイムチャート

上場予定日はいつ?株価は? スポートレーダーのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:25-28ドル➡27ドルで値決め) (上場初値:27ドル)上場市場:NASDAQ 上場日:2021年9月14日

27ドルで値決めです。

9月14日上場、初値は27ドルでした。

引受幹事企業:JPモルガンなど

引受幹事
  • JPモルガン
  • モルガンスタンレー
  • シティグループ
  • UBS

などです。

経営者:カーステン・コアールCEO

カーステン・コアール(56歳) CEO

  • 2001年の創業以来、創業者兼最高経営責任者
  • Sportradarの子会社、Sports Statistics and Information Systems LtdのグループCEOも兼務。
  • 1997年に設立したオンラインベッティング会社betandwin Interactive Entertainment AGをはじめ、ソフトウェア開発やゲーム業界で数々の管理職を歴任
  • コンスタンツ応用科学大学で電子・マイクロプロセッサ工学の修士号を取得

売上・利益  収益複合年間成長率(CAGR):2016年から2020年にかけて25%

SRAD F-1より引用

2020年はドル($)ベースとユーロ(€)ベース両方で記載があります。

すでに黒字化している企業です。

年間の業績

売上高:2020年度4億490万ユーロ(前年+6.3%)、 2019年度3億8040万ユーロで

収益複合年間成長率(CAGR):2016年から2020年にかけて25%

利益:2020年度14.8百万ユーロ(前年+26.5%)、2019年度11.7百万ユーロ

調整後EBITDA:2020年度7,690万ユーロ(前年+21.7%)、2019年度6,320万

売上高に対する当期利益の割合:2020年度3.7%、2019年度3.1%

調整後EBITDAマージン:2020年度19.0%、2019年度16.6%

利益に対する営業活動による純キャッシュの割合:2020年度1,021.6%、2019年度1,251.3%

キャッシュフローコンバージョン(調整後EBITDAに対する調整後フリーキャッシュフローの割合):2020年度69.6%、2019年年度87.3%

営業活動による純キャッシュ:2020年度は1億5,130万ユーロ、2019年度は1億4,600万ユーロ

調整後フリーキャッシュフロー:2020年度5,350万ユーロ、2019年度5,530万ユーロ(2013年以降はプラス)

6か月間の実績(~2021年6月30日、~2020年6月30日の対比)

売上高:2021年 2億7210万ユーロ前年+42.0% 2020年 1億9160万ユーロ

当期利益:2021年1,770万ユーロ、2020年2,020万ユーロ

調整後EBITDA:2021年59.8百万ユーロ前年+46.5%、2020年40.8百万ユーロ

売上高に対する当期利益の割合:2021年6.5%、2020年10.6%

調整後EBITDAマージン:2021年22.0%、2020年21.3%

利益に対する営業活動による純キャッシュの割合:2021年382.6%、2020年374.9%

キャッシュ・フロー換算:2021年6.9%、2020年80.7%

営業活動によるキャッシュフロー:2021年6,750万ユーロ、2020年7,590万ユーロ

調整後のフリーキャッシュフロー:2021年410万ユーロ、2020年3,290万ユーロ

SRAD F-1より引用

営業キャッシュフローマージンは2020年時点で37.3%、2019年時点で38.3%です。

2020年12月31日時点1,612顧客、2021年6月30日時点NRR138%、顧客数も顧客単価も上昇している

大企業から小規模なスタートアップ企業まで、あらゆる規模の組織でグローバルに利用されています。顧客数は2019年12月31日時点1,601社、2020年12月31日時点1,612社でした。

当社のお客様は、当社のプラットフォームの利点を体験するにつれ、製品およびサービスの利用量と利用数の両方を拡大します。

スポーツベッティングのお客様の多くは、社内で手作業で行っていたワークフローをすべて自動化しています。

顧客基盤を拡大する能力と、顧客とともに成長する能力は、上位200社の顧客に対するドルベースの純保持率に最もよく表れています。ドルベースの ネットリテンションレート (NRR)は、 2021年6月30日現在 138%、2020年12月31日時点それぞれ113%および 2029年12月31日時点 118%でした。

SRAD F-1より引用
SRAD F-1より引用

セグメントの別にはRoW(Rest of World=世界)のベッティング、RoWAVがメイン。

私たちは、ベッティングやゲーミング、スポーツエンタテインメント、AVなどのソリューションをお客様に提供しています。2020年12月31日に終了した年度では、当社の総売上高の58%がRoWベッティングから、26%がRoW AVから、8%が米国市場に販売されたソリューションから、7%がその他から得られました。

2021年6月30日に終了した6ヶ月間では、総収益の55%がRoWベッティングから、28%がRoW AVから、11%が米国市場に販売されたソリューションから、7%がその他から得られました。

当すべてのソリューションは、独自の技術プラットフォームを搭載しており、約20年分の過去のスポーツ情報を活用した、世界最大級のスポーツデータを活用しています。当社は、2020年12月31日までの1年間に、12億以上のライブデータを収集し、37以上のスポーツの60万以上のイベントをカバーしました。当社のデータ能力と独自の技術エンジンにより、トラフィックの生成から、データやオッズの収集・処理・計算、顧客に代わっての取引リスクの管理、可視化ソリューション、プラットフォームサービス、インテグリティサービスまで、スポーツベッティングのバリューチェーン全体でエンドツーエンドのソリューションを提供することができます。

直近はベッティングセグメントの69%がベッティングデータ提供による

2020年12月31日に終了した年度において、当社のRoWベッティングセグメントの収益は、ベッティングデータおよびエンタテインメントツーeルが72%、マネージドベッティングサービス(以下「MBS」)が20%、バーチャルゲーミングおよびe-スポーツが8%、2021年6月30日に終了した6ヵ月間において、当社のRoWベッティングセグメントの収益は、ベッティングデータおよびエンタテインメントツールが69%、マネージドベッティングサービス(以下「MBS」)が25%、バーチャルゲーミングおよびe-スポーツが6%となっていました。

120か国で展開。最大の売上高を持つ英国の売上高は全体の14%と、多様化、分散できている

プラットフォームは、グローバルに120カ国以上で利用されており、その中には、海外の成熟市場や、米国などの高成長の新規市場も含まれています。当社のビジネスは非常に多様化しており、最大の課金国である英国の売上は、2020年12月31日に終了した年度の総売上のわずか14%にすぎません。当社は、戦略的市場への投資と製品提供への継続的な投資により、グローバルに成長するための有利な立場にあると考えています。特に、NBA、MLB、NHL、FIFA、NASCARなどの重要なリーグとの関係を構築している米国では、2020年12月31日時点で262FTEが米国に拠点を置くなど、現地のインフラやオペレーションに多大な投資を行っています。これらの投資は、2020年12月31日をもって終了した年度の売上高が2億3,530万ユーロ、2021年6月30日をもって終了した6ヵ月間の売上高が1億4,850万ユーロを達成したRoWベッティングなど、当社のより成熟した市場で生み出された利益から有機的に調達されました。当社は、現在収益性の低い米国事業において、強力な営業レバレッジの恩恵を受けることを期待しています。米国事業の発展にともない、米国セグメントでの意味のある収益成長と収益性の向上を期待しています。

何をしている会社? →スポーツデータ・ソフトウェアを提供するプロバイダー。スポーツベッティングにオッズ提供などを行う。

グローバルに展開する唯一のエンド・ツー・エンドのデータおよびソフトウェア・ソリューション・プロバイダー

Sportradarは、トラフィック生成、広告技術、データやオッズの収集・処理・推定、可視化ソリューション、リスク管理、プラットフォームサービスなど、スポーツベッティングのバリューチェーン全体に対応するソフトウェアソリューションを提供している唯一の企業です。これらのソリューションを、世界120カ国以上のお客様に提供しています。私たちの提供するサービスの幅広さとグローバルな展開により、大企業から中小企業まで、多くのスポーツベッティング事業者のニーズに応えることができます。また、すべてのソリューションを1つの場所で、1つのプロバイダーから提供するというシンプルさをお客様に提供しています。

リアルタイムのインサイト、AI学習に基づく的確なオッズを提供

私たちの活動の中心にあるのは、独自のテクノロジースタックです。当社の製品戦略は、スピード、信頼性、そしてお客様の要求に応えるためのスケーラビリティを中心としています。当社は、高度なアルゴリズムを用いて、平均700ミリ秒=0.7秒(ms)のレイテンシーで、スケーラブルでカスタマイズされたインサイトをリアルタイムに作成します。

当社は、業界有数のクラウドネイティブストレージおよび配信プラットフォームを有しています。私たちは、豊富なデータレイクに基づくAIと機械学習機能を活用し、最も正確なオッズを提供しています。コンピュータビジョン、データビジュアライゼーション、バーチャルゲーミング、シミュレーテッドリアリティなど、スポーツデータとアナリティクスにおける革新的な新技術の最前線にいるイノベーターです。

幅広いイベントをカバーする。37スポーツ、60万イベントから年間12億以上のデータを収集。4大スポーツのうち、MLB、NBA、NHL3つをカバー。

Sportradarは、スポーツデータとオッズのためのイベントカバレッジの幅広さでリードしています。Sportradarは、約20年分の過去のスポーツ情報を活用して、同業者間では世界最大のデータ量を提供しています。当社は、37のスポーツの60万以上のイベントから、年間12億以上のライブデータを収集しています。2020年には、ライブおよび試合前に37億回のオッズ変更を行い、19億枚のベッティングチケットを収集し、ベッティングオペレーターから210億回のオッズ変更を処理しました。当社は強力なベッティングデータの権利ポートフォリオを有しており、米国のナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)とメジャーリーグ・ベースボール(MLB)の非独占的権利に加え、NBA(米国と中国を除く)、MLB(米国を除く)、ナショナル・ホッケー・リーグ(NHL)のグローバルベースでの独占的権利を有しています。さらに、NBAおよびMLB(米国を含む)の全世界における独占的なメディアデータ権を保有しています。その他にも、世界中の500以上のスポーツリーグや競技について、独占および非独占のデータ権を保有しています。当社は、お客様の層とスポーツコンテンツの層に大きく分散しています。当社のスポーツベッティングデータのカバー範囲の広さと質の高さは、競合他社とは一線を画しています。

スポーツデータに加えて、当社は、Tier1およびその他のTierのスポーツリーグで行われる年間20万件のイベントを含む、最大のスポーツ視聴覚コンテンツをお客様に提供しています。Sportradarは、米国の主要なスポーツリーグの権利を含む、米国市場での強力なポジショニングにより、グローバルなカバレッジを提供しています。

市場機会:スポーツベッティングの伸長余地。2021年470億ドル→2030年870億ドルの成長が見込まれる。合法化も追い風に。

スポーツは、エンターテインメントの中で最も重要なカテゴリーであり、何十億もの人々を魅了し、結びつけ、ベッティング、オンラインゲーム、デジタルプラットフォームからライブイベント、小売、放送、スポンサーシップ、マーチャンダイジングに至るまで、世界経済の中で最も大きな部門の多くに影響を与えています。

Sportradaは、世界のスポーツベッティングおよびゲーミング業界と世界のスポーツ市場が交差する場所に位置しています。H2レポートによると、世界のゲーミング市場は、2021年に約2,090億ドル、2025年には2,720億ドルに成長し、年率7%で推移すると予測されています。BCGレポートによると、世界のスポーツ市場は、2021年に1,720億ドル、2025年まで4%のCAGRで成長し、2,030億ドルになると推定されています。この市場の中で、メディア権とゲート収入は、2021年に1,020億ドル、2025年には1,210億ドルと4%のCAGRで成長しています。

ゲーミンング市場の成長拡大とスポーツベッティング市場との拡大予想

ゲーム市場全体は、2021年に2,090億ドルになると推定されています。このうち、米国を含む世界のスポーツベッティング市場は、2021年に470億ドル、世界のスポーツベッティング市場の成熟期には810億ドルに成長すると、H2レポートおよびBCGレポートは予測しています。※スポーツベッティングについては後ほど詳しく記述あり。

スポーツメディア・イベント

PwCレポートとStatistaデータによると、世界のスポーツメディアとイベントは、2021年に1760億ドルの市場になると推定されており、そのうち1020億ドルはスポーツの権利とゲート収入です。この巨大な市場は、ファンのエンゲージメントパターンの変化、ストリーミングやインタラクティブなソリューションへの要求の高まり、ニッチなスポーツの重要性の増加、スポーツにおけるデータの拡散などにより、変容を遂げつつあります。

よりリッチになるスポーツのライブ視聴や4億9,500万人の観客を持つeスポーツのプロ化によるスポーツメディア需要の高まり

今日のスポーツファンは、お気に入りのチームといつでもつながっています。彼らは、マルチプラットフォームでの体験、パーソナライゼーション、そしてこれまで以上に深いインタラクションを求めています。PwCレポートによると、スポーツ業界のリーダーの86%が、スポーツのライブ視聴は将来的に著しくリッチになり、没入感が増し、インタラクティブになると考えています。バーチャルリアリティ(VR)やオーグメンテッドリアリティ(AR)、リアルタイムのデータ取得と配信、ライブベッティング、モバイル機器とライブゲームの間での秒単位の同期コンテンツなど、新たなユースケースが生まれています。Statista社のデータやPwC社のレポートによると、e-Sportsがレクリエーション活動から、世界で4億9,500万人の観客を抱えるプロ化された市場へと進化したことで、新しいインタラクティブなスポーツメディアへの需要が高まっています

スポーツベッティングの中でもモバイルベッティングはもっとも成長率が高く2025年までに20%の成長が見込まれる。

スポーツベッティングは、このような消費パターンの変化をもたらす重要な触媒となっています。なぜなら、ベッターは、カジュアルな視聴者よりもスポーツデータやコンテンツに深く関わるからです。また、モバイルベッティングの普及は、スポーツベッティングへのアクセス性とインタラクティブ性をさらに高めています。例えば、試合中のライブベッティングでは、ユーザーは試合中の特定のプレーやその他のイベントに賭けることができます。その結果、モバイルベッティングは、2025年までに20%の成長が見込まれる、最も成長率の高いスポーツベッティングチャネルとなっています(H2レポートによる)。

スポーツベッティングの合法化は、世界的に急速に進んでいる。世界では2021年➡2030年で470億ドル➡810億ドルに成長が見込まれる

スポーツベッティングは、一般的なゲーム市場の中で最も成長率の高いカテゴリーです。スポーツベッティングは、一般的なゲーム市場の中で最も成長しているカテゴリーです。BCGレポートの市場調査によると、世界のスポーツベッティング市場は、2021年の470億ドルから810億ドルに成長すると予測されています。これは、世界のその他の地域の2025年の市場予測と米国の2030年の市場予測を合わせたものです(「世界のスポーツベッティング市場の成熟」)。業界調査によると、米国を除くスポーツベッティング市場は、2021年に440億ドル、2025年に580億ドルと7%成長しています。スポーツベッティングは、イギリス、オーストラリア、イタリア、その他のヨーロッパやアジア太平洋地域など、世界の主要市場で長年にわたって合法化されています。H2レポートによると、これらの大規模で成熟したスポーツベッティング市場は、モバイルやオンラインでのスポーツベッティングへのアクセス性の向上、スポーツベッティングの対象イベントの拡大による顧客エンゲージメントの強化、消費者技術の向上、バーチャルスポーツやeスポーツ、シュミレーテッドリアリティなどの新しい形態のスポーツベッティングなどにより、2025年まで年率6-7%の成長が見込まれています。米国をはじめとするその他の大規模市場では、スポーツベッティングの合法化が進んでおり、スポーツベッティング市場の成長が加速し、事業者とスポーツデータ・テクノロジープロバイダーの双方にとって地理的拡大の機会となっています。ブラジル、インドなどの中南米諸国や、アフリカ、アジア太平洋地域の国々では、違法なベッティングから規制されたベッティング市場への移行を目指して、規制に関する取り組みを検討したり、進めたりしています。COVID-19の流行により政府の財政赤字が拡大したため、政府は新たな収入源としてスポーツベッティングを合法化することに前向きになっていると考えられます。

米国のスポーツベッティングはPASPA廃止に伴い2019年10億ドル➡成熟期には230億ドルへの拡大が予想される

米国だけでも、スポーツベッティングは、2019年の10億ドル市場から、成熟期には230億ドル市場に拡大すると予想されています。2018年に「プロ・アマスポーツ保護法(PASPA)」が廃止されたことを受け、スポーツベッティング業界は急速な成長の恩恵を受けています。スポーツベッティングを合法化する州が増え、現在運用中の州でのスポーツベッティングの量が増えるにつれ、米国では大きな市場機会が期待できます。

Where Is Sports Betting Legal? Projections for All 50 States article feature image
Where Is Sports Betting Legal? Projections for All 50 States | The Action Networkより引用

スポーツベッティングは米国の20数州で合法化されていますが、多くの州では対面式のベッティングしか行われていません。

Where Is Sports Betting Legal? Projections for All 50 States | The Action Networkより引用

商品・サービス 試合前のオッズ提供やゲームスタッツなどのライブデータ提供、ウィジェット提供などスポーツデータを活用した多岐にわたるデジタルデータ・ツール

Sportradarは、ミッションクリティカルなデータ、コンテンツ、ソフトウェアのソリューションを、スポーツベッティングオペレーター、メディア企業、スポーツリーグに販売しています。Sportradarは、スポーツデータの専門家であり、そのデータを活用した技術的なソリューションを構築しています。Sportradarの製品は、ポイントソリューションから、顧客の中核業務に不可欠な完全に統合されたソフトウェアソリューションへと進化してきました。市場で最も包括的なソリューションを提供しています。

以下の商品があります。

プレマッチオッズサービス

試合前のコンテンツを完全に自動化して提供することや、コンテンツを管理するためのトレーディングツールなど、広範囲にわたる試合前のオッズサービスを提供しています。

ライブデータ

信頼性の高い包括的なリアルタイムのスポーツデータを提供し、他社にはない深さのデータで、より多くのベッティングマーケットをサポートします。当社のライブデータソリューションには、ゴール、コーナーキック、ペナルティー、交代、ポイントなどのスポーツ試合データポイントの完全自動提供が含まれます。

ライブ・オッズ

Sportradarは、世界中の200以上のブックメーカーの顧客に利用されている、市場で最も人気のあるライブ・オッズ・サービスです。インプレイコンテンツと関連するトレーディングツールを完全に自動化して提供しており、オペレーターは試合中にライブベッティングの機会を提供することができます。ライブオッズサービスには、オッズ、オッズ管理ツール、スコア情報、結果確認などが含まれます。

マネージド・トレーディング・サービス(MTS)

MTSは、高度なターンキー・トレーディング、リスク、ライブ・オッズ、および責任管理のソリューションです。MTSは柔軟性のあるモジュール式で、あらゆる規模や成熟度のお客様がニーズに応じてサービスコンポーネントを構成することができます。

マネージド・プラットフォーム・サービス

Optimaの買収により、完全なターンキーベッティングソリューションを提供しています。このマルチチャネルソリューションには、1つの中央システムからリアルタイムですべてのチャネルのユーザーの活動を360度見渡せるプレーヤー管理が含まれています。さらに、決済処理、会計、トランザクション管理、ビジネスインテリジェンス、レポートシステム、コミュニケーションゲートウェイサービスも含まれています。

バーチャルゲーム

リアルなモーションキャプチャーシミュレーションを構築し、ブックメーカーがオフシーズンにファンを惹きつけられるよう支援します。現在、サッカー、競馬、バスケットボール、テニス、野球などのバーチャルゲームを提供しています。

シミュレーテッド・リアリティ シミュレーテッド・リアリティ

スポーツデータ、予測分析、ビジュアライゼーション技術の力を結集したAI主導の製品です。

ベッティングエンターテイメントツール

ベッティング・エンターテイメント・ツール: ユーザーのエンゲージメントをさらに高めるために設計された、画面上のビジュアライゼーション・ツールです。

インテグリティサービス:

モニタリング、防止、およびインテリジェンスソリューションは、ベッティングに関連するマッチフィクスやドーピングとの戦いをサポートすると同時に、Sportradarのコアビジネスを保護します。独自に開発した不正検知システム(FDS)やその他の高度な監視・検知サービスにより、世界のベッティング市場全体を監視し、スポーツにおけるベッティング関連の不正を検知しています。

その他のゲーム

SportradarのNumbers Bettingは、世界の市場をリードする、最も包括的なロト・ベッティング・ソリューションです。オンラインおよびリテールのベッティング・オペレーターやプラットフォーム・プロバイダーに提供され、70カ国以上の国々で毎月44,000件以上の実際の州の宝くじの抽選を行い、多数の市場や結果の選択に対する固定オッズ・ベッティングをベッターに24時間提供しています。e-Sportsでは、Sportradarはライブデータ、オッズ、MTS、AVを提供しています。Sportradarの鋭いオッズは、e-Sports専門のアルゴリズムとトレーダーによって編集されています。

オーディオ・ビジュアル・コンテンツ

テレビ放送されていない視聴覚コンテンツと、非常に魅力的なメディア権ポートフォリオの包括的なコンテンツを組み合わせています。DFL、全豪オープン、TA、ITFテニストーナメント、NBA、MLBなど19のスポーツイベントを含む、年間20万件のライブイベントを配信しています。

グローバルAPI

スポーツデータフィードにアクセスするための、最先端の柔軟なアプリケーションプログラミングインターフェース(以下、API)です。レガシー問題のない最新のインフラをお客様に提供します。開発者は、フォーマット(.xmlまたは.json)を選択することができます。30以上のスポーツを対象とした50以上のAPIを40以上の言語で提供しています。

放送サービス

放送プラットフォームには、ゲームノート、グラフィックライブラリ、オンコールリサーチデスク、カスタム放送ソリューションが含まれています。

デジタルサービス

簡単に統合できるウィジェットと、完全にホストされたスポーツページソリューションを提供しています。埋め込み可能なウィジェットには、スコア、順位、実況、統計、ゲームセンター、リーダーボード、リキャップなど、最新のメディアプラットフォームを運営するために必要なデータとコンテンツが含まれています。

分析・調査プラットフォーム

Radar360は、スポーツ統計の広範なデータベースと、強力な検索機能およびフィルター機能を備えており、魅力的なスタッツやストーリーラインを発見することができます。

広告マーケティングサービス

ベッティング・オペレーター向けに、データに基づくマーケティング・サービスを提供します。ブックメーカーのニーズに応え、マーケティングの投資対効果を向上させるための様々な機能を提供しています。

強み 独自のテクノロジー・ 世界の29のスポーツで、150以上のリーグ・団体と提携するネットワーク効果

独自のテクノロジーエンジン

過去20年間にわたり、データ、モデル、技術プラットフォームに投資しており、今後も継続していきます。独自のテクノロジーエンジンは、お客様や業界のニーズを考慮して開発されており、低レイテンシー、スケーラビリティ、ビッグデータの自動処理、レジリエンシーを確保しています。Sportradarのクラウドネイティブ戦略とプラットフォームは、迅速なスケーリングと回復力を可能にし、数百万人のエンドユーザー、ベッティングチケット、ストリーミングセッションを、毎秒最大4gbのトラフィックで処理します。

当社は、コンピュータビジョンや音声認識技術など、新しいデータ収集・処理技術に多額の研究開発投資を行ってきました。これらの投資により、収集したデータの充実化、自動化によるデータ収集コストの削減、レイテンシーの低減、新しいAIユースケースの実現を図っています。

市場をリードするスポーツデータとコンテンツのポートフォリオ

競合他社と比較して、最大数のイベントをカバーし、より強力なデータ権ポートフォリオを持っています。NBAやDFLなどのティア1リーグからITFなどのハイボリュームリーグまで、世界中の83以上のスポーツのデータを収集しています。また、ティア2やティア3のスポーツ、さらにはナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)やAFCなどの地域スポーツリーグのデータも収集しています。私たちは、20年以上のスポーツデータを独自のデータベースに蓄積しており、オッズの生成や、複製が困難なバーチャルスポーツコンテンツの作成において、競争上の優位性を発揮しています。

スポーツリーグとの深い関わり

世界の29のスポーツ分野において、150以上のリーグ、クラブ、連盟と長年にわたる深いパートナーシップを築いています。私たちは、世界中のスポーツリーグとのパートナーシップに対して、テクノロジー、インサイト、メディアソリューションの提供など、有意義な投資を行い、これらのパートナーシップを長期的に成長させてきました。さらに、ファンのエンゲージメントを高めるためのインテグリティサービスやソリューションをスポーツリーグに提供し、世界中のスポーツリーグの主要な意思決定者と緊密な協力関係を築き、アクセスしています。

強力なネットワーク効果が価値提案を加速

強力なネットワーク効果により、価値提案をさらに加速させています。より多くのベッティングオペレーターやメディア企業がプラットフォームに参加すればするほど、世界中のファンに広く提供できるようになります。これにより、新しいスポーツリーグがSportradarと提携することになります。そして、新しいリーグとの提携により、より多くのイベント、より深いスポーツデータとインサイト、そしてベッティングオペレーターやメディア企業がファンと関わる新しい機会が生まれます。

先見性のある創業者主導のチームと世界的な投資家のサポート

当社の創業者であり最高経営責任者であるカーステン・コールは、スポーツベッティング市場で成功を収めた起業家であり、当社のビジョン、ミッション、文化の原動力となっています。カーステンは、1997年にオンラインベッティングプラットフォームであるbetandwin Interactive Entertainmentを設立し、2000年にはウィーン株式市場への上場を成功させ、2016年にGVC Holdingsに買収されるまで同社を取引していました。カーステンは、オンラインスポーツベッティング業界の初期から第一線で活躍しています。カーステンは、経験豊富でお客様を中心としたリーダーシップチームに支えられており、新製品を迅速に開発し、成長機会を獲得するために競合他社よりも迅速に行動することができます。

IPO前のニュース:アトリウムスポーツ買収、NHLライセンス契約

アトリウムスポーツ株式会社の買収

2021年5月6日、大学やプロスポーツ分野におけるデータおよびビデオ分析の市場リーダーであるアトリウムスポーツ社の議決権の100%を取得しました。譲渡された対価には、1億8,300万ユーロの現金対価とSportradar Holding AGの参加証明書1,805件が含まれていました。1,805件の参加証明書の公正価値は、2021年5月6日時点で2,200万ユーロと決定されました。参加証明書は、特定の非市場パフォーマンスの確定条件とサービス確定条件の対象となります。参加証明書の一部は900万ユーロに相当し、総検討の一部であると判断され、残りの1,300万ユーロの参加証明書は報酬であると判断されました。報酬と判断された参加証明書の公正価値は、2024年までの株式ベースの支払費用として、段階的な確定金制度に基づいて認識されます。

アトリウムスポーツ社は、戦略的成長市場の1つである米国の大学やプロスポーツ分野における市場をリードするデータおよびビデオ分析プラットフォームであるため、買収しました。アトリウムスポーツ社の買収は、当社の製品スイートを補完し、拡張すると同時に、世界中の主要なスポーツ組織との関係を深め、広げるための私たちのドライブをサポートすると信じています。米国では、アトリウム・スポーツ社はNBAやMLB、NCAAディビジョンI女子バスケットボールと男子バスケットボールの90%以上とリーグ全体の関係を持っています。米国外では、Atrium Sports, Inc.は国際バスケットボール連盟とパートナーシップを結び、バスケットボールチーム、リーグ、フェデレーションにビデオ制作とグラフィックス技術を提供することを目的としたエンドツーエンドプラットフォームであるFIBAコネクテッドスタジアムを作成しています。さらに、Atrium Sports, Inc.の最高のクラス内ビデオ技術であるSynergy自動カメラシステムの人気を高め、ビデオとOTT製品スイートを重ね、世界中のスポーツ団体との技術対応関係を深めることが期待できます。

NHL ライセンス契約

2021年7月22日、NHLと10年間のグローバルパートナーシップを締結しました。NHLライセンス契約の条件の下で、私たちは公式のベッティングデータ権、公式ベッティングストリーミング権、NHLの公式メディアデータ権利パートナー、ならびにNHLの公式インテグリティパートナーとして指名されました。NHLライセンス契約の条件に従い、再編取引に影響を与えるプロフォーマベースで、この目論見書のカバーページに記載されている価格帯の中間点であるクラスA普通株式の1株当たり$の最初の株式公開価格を仮定して、我々はNHLに€の行使価格のためにクラス

顧客:ベッティングオペレーター :Bet365、Caesars、DraftKings、Entain、FanDuel、Flutter、William Hill 、デジタル企業、スポーツリーグ :NBAやITF 、メディア: CBS Sports、ESPN、Fox Sports、NBC Sports

2020年12月31日時点で1,612社のお客様からなる大規模な優良顧客基盤を有しており、900社以上のスポーツベッティングオペレーターのお客様や350社以上のメディア・デジタルプラットフォームを含む世界120カ国以上のパートナー企業が存在しています。

お客様には、Bet365、Caesars、DraftKings、Entain、FanDuel、Flutter、William Hillなどの米国および世界の大手スポーツベッティングオペレーター、Apple、Facebook、Google、Twitter、Yahoo Sportsなどの大手インターネット・デジタル企業、CBS Sports、ESPN、Fox Sports、NBC Sportsなどの放送局やその他のメディア企業、NBAやITFなどのリーグパートナーなどが含まれます。また、29のスポーツにおいて、150以上のリーグ、クラブ、連盟との関係を構築し、グローバルで市場をリードするポートフォリオを構築しています。

以下に3種類の顧客との関係性を示します。

ベッティング・オペレーター(ベッティング事業者)
900社を超えるスポーツベッティングオペレーターのお客様のために、当社は83のスポーツで年間750,000以上のイベントをカバーし、37のスポーツで600,000イベントのライブデータを提供しています。当社の提供するデータとスポーツのカバー範囲の広さは、Sportradarにとって重要な差別化要因であり、特にブックメーカーにデータを提供するNo.1企業である米国市場では重要な役割を果たしています。米国のブックメーカーの85%以上にスポーツデータを提供しており、ブックメーカーは米国のスポーツベッターが行う合法的なスポーツベットのほぼすべてを管理しています。私たちは、試合前のデータやオッズ、ライブデータやオッズ、そしてスポーツ視聴覚コンテンツなどを提供しています。また、マネージド・トレーディング・サービス(MTS)、マネージド・プラットフォーム・サービス、ベッティング・エンターテインメント・ツール、バーチャル・ゲーム、プログラマティック広告ソリューションなど、ソフトウェア・ソリューションも充実しています。私たちは、バリューチェーン全体を網羅する唯一の独立したワンストップ・ショップ・プロバイダーです。

スポーツリーグ

150以上のスポーツリーグパートナーに対して、900以上のスポーツベッティングオペレーターと350以上のメディア企業へのアクセスを提供し、データやコンテンツをグローバルに配信しています。スポーツリーグのパートナーには、より多くのリーチを提供し、規制の厳しいベッティング業界への仲介者としての役割を果たします。また、スポーツリーグのパートナーには、テクノロジー、データ収集ツール、インテグリティサービスを提供しています。

メディア企業

伝統的なメディアやデジタルメディアを含む350社以上のお客様に、流通チャネルを通じたスポーツファンへのリーチとエンゲージメントを支援する製品とサービスを提供しています。

スポーツのバリューチェーンにおける当社の深い関係は、20年近くかけて培われたもので、強力なネットワーク効果を発揮します。より多くのベッティング・オペレーターやメディア企業を当社のプラットフォームに招き入れることができます。より多くのベッティングオペレーターやメディア企業が当社のプラットフォームに参加すればするほど、スポーツファンやベッターへの配信が拡大します。これにより、新しいスポーツリーグが当社と提携することになります。新しいリーグのパートナーが増えるたびに、当社のポートフォリオにイベントが追加され、ベッティングオペレーターやメディア企業の顧客獲得を支援する新たな機会が生まれます。このようなフィードバックループにより、エコシステムにおける当社の価値提案が強化されます。

収益認識 契約期間にわたる定額法での認識がメイン

ベッティング

ベッティングには、ベッティングデータやベッティングエンターテインメントツール、マネージドベッティングサービス、バーチャルゲーミングやe-Sportsから得られる収益が含まれます。以下、それぞれについて説明します。

ベッティングデータ/ベッティングエンターテインメントツールの収益

ベッティングデータおよびベッティング・エンターテインメント・ツールをご利用のお客様には、合意した試合数に対してサービスを提供し、契約期間中に必要に応じてスポーツデータを取得していただきます(スタンド・レディ・サービスといいます)。また、お客様はいつでも、合意されたパッケージ以上の追加試合を選択することができます(「シングルマッチ・ブッキング」または「SMB」)。これらの試合は、プレミアムイベントに使用されることが多いですが、その他の通常のイベントにも使用することができます。SMBは、独立したサービスを独立した価格で提供する別個の契約です。

スタンドレディーサービスは一連のサービスを表しています。一般的に、一連のサービスに対する履行義務は1つであるため、収益は契約期間にわたって定額法で認識されます。データとサービスレベルの約束は、一般的に契約期間中、月単位で一貫して行われます。サービスは契約期間中、均等に提供されるため、収益の認識には定額制の進捗状況を示す指標が適切です。収益は、

中小企業は、顧客からの要求に応じて提供され、個別の契約となります。各試合の価格は個別に決定され、SMBに関連する収益はある時点で認識されますが、それは概ね実際の試合の履行と一致します。

顧客とのスポーツ・ベッティング契約の中には、レベニュー・シェア・スキームを組み込んだものがあります。Sportradarは、試合のベッティング活動から得られるゲーミング収入に基づいて収益のシェアを受け取ります。レベニューシェアは、各試合について変動対価を発生させ、顧客がゲーミング収益を発生させた時点で関連する履行義務が充足されるまで当初は制約されます。レベニューシェアは、ライブベッティングイベントから発生し、顧客が実際に販売実績を上げた時点で認識されます。レベニューシェアに係るSportradarの手数料は、顧客が個々のベットからゲーミング収益を生み出した時点で認識され、これはベットとペイアウトの差額になります。

MBSの収益には、マネージド・トレーディング・サービス(以下「MTS」)とマネージド・プラット フォーム・サービス(以下「MPS」)の両方が含まれます。MTSの収益は、「ベットスリップ」が受理され成功した場合に顧客に請求される賞金および手数料の割合で構成されています。MPSの収益は、当社のターンキー・ソリューションに対するプラットフォームのセットアップ費用で構成されています。

MTSのお客様は、提案されたベットスリップを当社に転送し、そのベットが適切かどうかを検討します。私たちは、このベットスリップを受け入れるか否かを決定することができます。ベットスリップが受理された場合、私たちはクライアントがベットで得た収益または損失のシェアを受け取ります。MTS契約では通常、合意された最低料金とレベニューシェアの割合が規定されており、実際の料金は最低料金とレベニューシェアのうち高い方に決定されます。レベニューシェアは、ゲーミングの総収入または純収入に基づいています。グロス・ゲーミングレベニューとは、ベッティングカスタマーへのペイアウトの総額を上回るベッティングの総量のことです。純ゲーミング収入とは、ゲーミング収入総額から適用される税金やその他の契約上合意された調整額を差し引いたものです。また、ほとんどのMTSの契約には、損失参加条項(総ゲーミング収入/正味ゲーミング収入が負の値になった場合)が含まれています。当社は、合意されたロス・パーティシペーションの割合(通常、収益シェアと同じ割合)で損失を負担します。収益は、実績(レベニューシェアまたはレベニューシェアが合意された最低料金を下回る場合は最低料金)に基づいて毎月認識されます。

MPSは、2019年のOptima社の買収後、MBS事業の一部となり、完全なターンキーソリューション(プラットフォームのセットアップ、メンテナンス、サポートを含む)を顧客に提供しています。プラットフォームセットアップ料は、プラットフォームが構築された時点で認識されます。メンテナンスおよびサポート料は、月次ベースで、またはレベニューシェア契約の場合は実際のパフォーマンスに基づいて認識されます。

バーチャルゲーミングとe-Sportsの収益は、バーチャルゲーミングでは、バーチャルスポーツデータの提供と引き換えに顧客とのレベニューシェア契約から得られる収入、e-Sportsでは、e-Sportsデータパッケージの顧客への請求料金から構成されます。

バーチャルゲーミングでは、バーチャルスポーツデータの提供と引き換えに、顧客とのレベニューシェア契約から収入を得ています。当社は、バーチャルゲームに対するベッティング活動から得られるゲーミング収入に基づいて、収益のシェアを得ています。レベニューシェアでは、試合ごとに変動する対価が発生しますが、これは関連する履行義務が充足されるまで当初は制約されています。レベニューシェアは、ライブのベッティングイベントから発生し、収益は実際の顧客の販売実績の時点で認識されます。レベニューシェアに関する当社の手数料は、顧客が個々のベットからゲーミング収入を自ら生み出した時点で認識され、ベットとペイアウトの差額となります。

E-Sportsについては、実際のスポーツデータではなくE-Sportsのデータを含むことを除き、収益の認識はベッティングデータの認識と同様です。

ベッティングAV

ベッティングAV収益は、オンライン、モバイル、リテールのスポーツベッティング提供のためのライブストリーミングソリューションの販売による収益です。スタンド・レディのサービスは一定期間にわたって提供されます。履行義務とそれに関連する満足度の測定方法が実質的に同じであるため、スタンド・レディー・サービスは一連のものを表しています。通常、一連のサービスには一つの履行義務があるため、収益は契約期間にわたって定額法で認識しています。契約上の履行水準を超える需要が顧客に発生した場合、当社はこの追加サービス水準を単独市場での販売価格で提供します。追加の義務は履行され、収益は履行された期間に計上されます。

米国

米国の売上は、主にAPIからのメディア収入で構成されています。これにより、当社は世界の60以上のスポーツと40万以上の試合からなる広範なスポーツデータを提供しています。お客様は、API製品を通じてライブデータおよびヒストリカルデータの両方にアクセスすることができます。顧客との契約には複数のスポーツが含まれ、提供される製品は契約期間中ずっとアクセス可能です。スタンドレディサービスは、時間をかけて行われる一つの履行義務を表しています。収益は、契約期間にわたって定額法で認識しています。米国の収益には、ベッティングおよびベッティングAVの収益も含まれています。

競合 スポーツデータやソリューションプロバイダー

スポーツデータやソリューションプロバイダー

スポーツデータやソリューションプロバイダーなどの直接的な競合他社、当社がサービスを提供しているスポーツベッティングのブックメーカーやメディア企業、(ライブ)データやストリーミング権について当社が依存しているリーグパートナーなどの間接的な競合他社、その他の業界参加者および/または新規市場参入者(テクノロジー企業やソーシャルメディア企業を含む)が、当社の製品やサービスと競合する、または当社の製品やサービスに取って代わる製品やサービスを開発する可能性があること。

スポーツメディア、エンタテインメント、ベッティング業界の参加者が、サービスプロバイダーの仲介を受け、データ、統計、コンテンツについてスポーツリーグやチームと直接取引関係を築く可能性があります。

スポーツデータやソリューションプロバイダーなどの直接的な競合他社、当社がサービスを提供しているスポーツベッティングのブックメーカーやメディア企業、(ライブ)データやストリーミング権について当社が依存しているリーグパートナーなどの間接的な競合他社、その他の業界参加者および/または新規市場参入者(テクノロジー企業やソーシャルメディア企業を含む)が、当社の製品やサービスと競合する、または当社の製品やサービスに取って代わる製品やサービスを開発する可能性があること。

スポーツメディア、エンタテインメント、ベッティング業界の参加者が、サービスプロバイダーの仲介を受け、データ、統計、コンテンツについてスポーツリーグやチームと直接取引関係を築く可能性があります。

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

リスクがある、という意味だけでなく何と関わっているかなどがこの項目で開示されています。

リスク要因① COVID-19の世界的な流行による事業や業績の悪化リスク

COVID-19の世界的な流行は、当社の事業や業績に悪影響を及ぼしてきましたし、今後も及ぼす可能性があります。

COVID-19のパンデミックの結果、2020年のサッカー欧州選手権の延期など、スポーツイベントの大幅な中止・中断が発生し、お客様にお届けする利用可能なコンテンツ、データ収集のためのスポーツ会場へのアクセス能力、賭けが可能なスポーツイベントなどが減少しました。さらに、メジャーなスポーツイベントやプロのスポーツイベントが中止された結果、ブックメーカーは下位のイベントに対する需要が高まっています。このような需要に応えるために、下位イベントやアマチュアイベントのデータを提供することは、詐欺、汚職、過失、風評被害、規制リスク、プライバシーリスク、その他国際的な事業活動に関連するリスクなど、当社のビジネスを新たなリスクにさらすことになります。また、COVID-19の流行を受けて、各国政府はギャンブルおよび賭け事商品の広告に対する規制を強化する可能性があります。COVID-19パンデミックの結果、世界的な景気後退が継続または悪化し、ウイルスの拡散を抑制するための政府の規制が長期化したり、スポーツイベントや試合の生中継が延期、中止、変更され続けたりした場合、当社の製品やサービスに対する需要がさらに低下し、当社の事業、財務状況、経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

COVID-19に関する追加の議論については、「財政状態および経営成績に関する経営陣の検討および分析-COVID-19の影響」を参照してください。

「財政状態および経営成績に関する経営陣の検討および分析-COVID-19の影響」 概要

COVID-19のパンデミックにより、2020年3月から世界のスポーツ業界に混乱が生じています。このパンデミックは、スポーツのライブイベントが中止されるなど、当社のビジネスに悪影響を及ぼしましたが、経営施策により影響の程度を部分的に緩和することができ、当社は困難な環境に迅速に適応する能力を発揮しました。危機への対応において、私たちは2つの目的に集中しました。(1)従来のスポーツイベントが利用できなくなった期間中、ミッションクリティカルな代替コンテンツでお客様をサポートすること、(2)収益性とキャッシュ創出を維持するために自社の事業を合理化すること。

とりわけ、この期間中にお客様にミッションクリティカルなサービスを提供するための代替コンテンツを迅速に開発し、市場での競争力を強化しました。パンデミックが発生してから数週間以内に、当社はライブおよびバーチャルの代替コンテンツ(eスポーツ、バーチャルスポーツ、さまざまな地域のニッチなTier2またはTier3スポーツ、トーナメント)を調達・制作し、ベッターがお気に入りのスポーツとのつながりを維持できるようにし、ライブプレーが停止している間もベッティング会社が営業を継続できるようにしました。この代替コンテンツは、ほとんどのライブスポーツが行われていなかった2020年第2四半期の収益の約41%を占めており、これらの緩和要因の結果、スポーツにとって厳しい年であったにもかかわらず、2020年の年間成長率は前年比でプラスを維持しました。COVID-19によって代替コンテンツの導入が加速したことで、Sportradarは競合他社との差別化がさらに進み、新たな成長の道筋が見えてきたと考えています。

(中略)

収益の創出と現金の保全の両方に関する上記の取り組みにより、当社は、2020年第2四半期に最も深刻な影響を受けたパンデミックの悪影響から迅速に回復することができました。予想を大幅に上回る割合で収益を回復し、年間を通じて業績が改善しました。また、当時の一時的な取り組みのいくつかを永続的な変化として実施し、この間の事業運営から得られた新たな学びに適応した結果、コスト構造から1,000万ユーロを恒久的に削減することができました。

スポーツイベントの再開後は、パンデミック前の収益レベルにほぼ戻り、お客様の行動にも変化は見られませんでした。少数の小規模なお客様が課題に直面しただけです。

リスク要因②スポーツリーグのパートナーとの戦略的関係の成功に依存するリスク

スポーツリーグのパートナーとの戦略的関係の成功に依存しています。過度に依存したり、既存の関係を拡大できなかったり、新たな関係に合意できなかったりした場合、競争上の優位性が失われたり、予期せぬコストが発生したり、一部のサービスを変更、制限、中止しなければならなくなったりして、当社の事業、財務状況、経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。

当社は、当社の製品およびサービスの基礎となるデータや統計情報について、NBAやMLBをはじめとする世界各国の150以上のスポーツリーグ、連盟、チームとの戦略的関係に依存しています。このような長期的な関係は、正確で迅速なデータフィードをお客様に提供する上で、当社に競争上の優位性をもたらします。また、特定の地域では、公式データのみを使用するという法的要件により、このようなスポーツリーグのパートナーへの依存度が高まっています。

また、当社が提携しているパートナーは、当社が競合する他のスポーツ・インテリジェンスやソフトウェア・ソリューション・プラットフォームを含む他社にもデータや統計情報を提供しています。当社の重要なパートナーシップ契約のひとつが今後12ヶ月以内に期限切れとなり、当社は再交渉を行っています。これらの戦略的パートナーとの既存の関係または今後の関係において、取り決めた条件に従って公式(ライブ)データおよびストリーミング権を当社に提供できなかった場合、商業的に受け入れ可能な条件で、または全くそのような契約を更新することができず、適切な代替案を見つけることができない場合、当社は競争上の優位性を失い、または当社の提供する製品やサービスを中止もしくは制限することが求められる可能性があります。その場合、製品やサービスを提供する能力が損なわれ、ひいては当社の事業運営、財務状況、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。

アマゾンウェブサービス(AWS)、マイクロソフトAzure、その他の第三者が運営するコンピューティングインフラストラクチャに依存するリスク

当社は、アマゾンウェブサービス(AWS)、マイクロソフト、その他の第三者が運営するコンピューティングインフラストラクチャに依存しており、お客様の一部をサポートしており、エラー、混乱、パフォーマンスの問題、または運用インフラストラクチャの障害が当社のビジネス、財務状況、または運用結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

当社は、テクノロジー、インフラストラクチャ、ソフトウェアアプリケーションに依存しています。クラウドベースのサービス、顧客関係管理活動、請求と注文管理、財務会計サービスなど、当社のビジネスの特定の主要なプラットフォーム機能の一部またはすべてをホストまたは運用するために、AWS や Microsoft Azure などの特定のサード パーティのサービスとしてのソフトウェア製品。さらに、当社は、当社のプラットフォームとサービスを提供するために購入したコンピュータハードウェアに依存しています。当社は、当社が使用する第三者の施設の運営を管理することはできません。

責任あるギャンブル、未成年者によるギャンブル、マッチフィクス(賭博)に関する社会的責任への懸念や世論がSportradarの評判に悪影響を与えるリスク

責任あるギャンブル、未成年者によるギャンブル、マッチフィクス(賭博)および関連事項に関する社会的責任への懸念や世論は、スポーツベッティングの人気を低下させ、スポーツベッティングの規制に大きな影響を与え、責任あるゲーミング要件に影響を与え、当社の評判に悪影響を与える可能性があります。

当社は、世界中の900社以上のスポーツベッティング事業者の顧客に製品とサービスを提供しており、2019年12月31日および2020年12月31日に終了した各会計年度において、当社の総売上高の59.1%、27.0%、6.0%、および58.0%、26.2%、8.5%をそれぞれRoWベッティング事業、RoW AV事業、および米国事業から得ています。また、2021年6月30日および2020年6月30日に終了した6ヵ月間では、総収益の54.6%、27.8%、10.6%、56.6%、29.6%、7.0%をそれぞれRoWベッティング、RoW AV、米国の各セグメントから得ています。また、当社は、正当であるか否かにかかわらず、ネガティブな評判がソーシャル・メディアなどを通じて急速に広がる可能性のある公共性の高い業界で事業を行っています。否定的な評判に適時かつ適切に対応できない場合、当社の評判やブランドが損なわれる可能性があります。さらに、タイムリーかつ適切に対応できたとしても、否定的な評判が当社の評判やビジネスにどのような影響を与えるかを予測することはできません。

S-1をみて、個人的に気になった点

目論見書の強みなどを見ていて思ったのは、これは証券会社のバックグラウンドで働く各種データ提供にそっくりだなという感想でした。

スポーツベッティングは日本ではなじみが無いので個人的にはなじみのある証券口座に例えて考えました。

顧客にとって、例えば「米国株の取引がしたい」と思っている人は必ずしもアメリカが大好きだからやっているわけではなく、資産形成のためにやっている場合や、日々の値動きが楽しくてやっている場合があると思います。

そういった人は何も米国株だけが買いたいわけではなく機会や環境が整えば日本株や新興国株のように他の株式や、FXや仮想通貨に興味を持つことも考えられます。

そうなると一つのプラットフォームに選択肢が多い方が魅力的であり、私も実際に証券口座を選ぶ際に米国株以外も買うことが可能か、ということを検討材料にしました。

また、それらをただ単に売買するだけではなく、背景となる情報、例えばチャートや分析などもデータの塊で、ほとんどの人にとって必要なものであると同時に、ただ存在すればよいのではなく、データの蓄積は多く、情報の鮮度は高い必要があると思います。

例えば過去5年しか出てこないチャート、何分も遅れる株価の反映よりも、長い年数の蓄積や、即時のデータ反映が重要で、見やすさも大事だと思います。

スポーツベッティングも同様で、野球でもバスケでも機会があればベッティングしてみたい、というような取引の種類によるニーズが考えられます。そして、ベッティングの判断材料にリアルタイムで更新されたデータを使い、読み解くことも自然なことだと思います。

そういった意味で20年の蓄積を持ち、幅広い競技との関係性を持つスポートレーダーはベッティングにとって不可欠な企業になるのかもしれないと思いました。

もうひとつ、わたし自身スポーツをやっていた経験から、日本のアマチュアスポーツであってもものによっては結構高額でデータ取得をするケースがある、ということを知っています。

また、スポーツ中に水を飲むな、と言われていた時代もそう昔ではなく、それが今やアスリートたるやチームとしても個人としても栄養やトレーニングに対し幅広い知識や努力も要する時代になりました。

勝利するために必要なものについては勉強し、適切なコストを払ってでも身につけたいというのは当たり前だと思います。

筋力や体力、練習で培う技術と並んでスポーツデータも勝利に重要な要素であり、取得、分析についても野球のスコアラーやコーチなどに代表される専門家が時間やお金を費やし準備をします。

形は違えど、ほとんどのスポーツが何らかの傾向や対策、ミーティングに膨大な時間を費やします。あくまでベッティングに対するマーケット規模の大きさが重要となるとは思いますが、勝利のためにコストを払えるあらゆる部活動も含めたすべてで何らかのスポーツデータを取り扱っていると思うと、想像だにしない規模のニーズが眠っているのでは、と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました