ミスターカーウォッシュ MCW IPO目論見書 S-1まとめ 

米国株IPO目論見書S-1/F-1

Mister Car Washは米国最大のカーウォッシュ企業ですIPO目論見書S-1をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

ミスターカーウォッシュ MCW IPO目論見書 S-1まとめ 

  • 米国最大のカーウォッシュ企業
  • 2020年以前は、39四半期連続で既存店売上高のプラス成長
  • 2010年~売上CAGR7%、純利益CAGR34%、継続した既存店売上・UWC会員数の増加

1:55くらいに従業員のかたが登場します

日本での取り扱い証券会社:SBI証券

SBI証券(6/25~取扱)

楽天証券(確認中)

マネックス証券(確認中)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

上場予定日はいつ?株価は? MCWのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格15-17ドル) (上場初値:未定)上場市場:NYSE 上場日:2021年6月25日

確認次第追記します。

引受幹事企業:バンクオブアメリカセキュリティズなど

引受幹事
  • バンクオブアメリカセキュリティズ
  • モルガンスタンレー
  • ゴールドマンサックス
  • ジェフェリーズ
  • BMOキャピタルマーケッツ
  • UBS

経営者:ジョン・ライ

ジョン・ライ 57歳 社長兼最高経営責任者

  • 2013年6月より当社の社長兼最高経営責任者および取締役会のメンバー
  • 以前は市場開発担当副社長
  • 2002年にMister Car Wash に入社
  • 2019年12月からSouthern Arizona Leadership Councilの取締役を務めています
  • アリゾナ大学で理学士号を取得しています。

ジェディディア・ゴールド ゴールド 財務担当者兼最高財務責任者

  • 2019年7月から当社の財務担当者兼最高財務責任者
  • 2016年5月から2019年7月までYum Brands, Inc.のSenior Director Finance, Assistant Treasurer
  • 2014年10月から2016年5月までKFC CorporationのChief Financial Officer MENAPak
  • インディアナ大学で金融・会計学の修士号を、ユタ大学で会計学の学士号を取得

売上・利益

ミスターカーウォッシュ S-1/Aより
ミスターカーウォッシュ S-1/Aより

※2020年3月と4月のCOVID-19パンデミックの発症時に、チームメンバーとお客様の安全を確保し、現地の規制に従って、300以上の拠点での営業を一時的に停止し、UWCメンバーシップ請求を一時停止しました。

2020年5月末までに、全拠点が安全にリニューアルオープンし、エクスプレス・エクステリア・クリーニング・サービスを提供し、UWC会員数で過去最高を上回りました。年間を通じて業績が改善するにつれて、繰延賃料の100%を返済しました。

ミスターカーウォッシュ S-1/Aより

2021年の1-3月が売上176百万ドル、営業キャッシュフローが52百万ドル、営業キャッシュフローマージンが約29.4%と非常に高いです。

ミスターカーウォッシュ S-1/Aよりデータ使用

2010年~売上CAGR7%、純利益CAGR34%、継続した既存店売上・UWC会員数の増加。

既存店ベースの売上も2020年の新型コロナウイルスによる影響を除けば継続的に成長し、2020年を含めても平均7%の成長をしています。

2020年以前は、39四半期連続で既存店売上高のプラス成長を達成し、2010年から2019年までは年平均9%の成長を記録しました。

2010年に65拠点だったものが、2020年には342拠点、2021年3月31日現在では344拠点となり、2010年から2021年3月31日までの年平均成長率は18%となりました。

UWC会員数は、2010年12月31日時点の36,350人から2020年12月31日時点で120万人、2021年3月31日時点では140万人に増加し、2010年12月31日から2021年3月31日までのCAGRは43%に増加した。※新型コロナウイルスの蔓延する期間でも顧客数が増加しています。

洗車の総売上高に占めるUWCの売上高の割合を、2010年の15%から、2020年には62%まで拡大し、2021年3月31日に終了した3ヵ月間では 純収益を2010年の1億2,400万ドルから2020年には5億7,500万ドル、2021年3月31日に終了する過去12ヶ月間(LTM=直近12か月間)では5億9,500万ドルまで増加させ、2010年から2021年3月31日のLTMまでの年平均成長率は17%となりました。

純利益は、2010年の400万ドルから、2020年には6,000万ドル、2021年3月31日までの過去12ヶ月間では7,600万ドルに増加し、2010年から2021年3月31日までの過去12ヶ月間での年平均成長率は34%となりました。

純利益率は、2010年の3.0%から2020年には10.5%、2021年3月31日の中間期には12.8%に拡大しました。

調整後EBITDAは、2010年の1,700万ドルから2020年には1億6,100万ドル、2021年3月31日には1億8,200万ドルへと増加し、2010年から2021年3月31日の上半期までの年平均成長率は26%となりました。

調整後EBITDAマージンは2010年の13.9%から2020年には28.0%、2021年3月31日のLTMでは30.7%に拡大し、2010年から2021年3月31日のLTMまで1,680ベーシスポイントの増加となりました。

何をしている会社?→全米最大のカーウォッシュ企業

2021年3月31日現在、21州の344の洗車場所で顧客にエクスプレスの外装およびインテリアクリーニングサービスを提供する米国最大の洗車ブランドです。

1996年に設立され、「ミスターエクスペリエンス」と呼ぶ効率的で繰り返し可能でスケーラブルなプロセスを採用しています。

Unlimited Wash Club(以下、UWC)と呼ぶ月額制のプログラムを提供しています。

2021年3月31日現在、当社には140万人のUWC会員がおり、2020年および2021年第1四半期において、UWCの売上高は当社の全洗車売上高の62%および62%、全洗車量の68%および70%をそれぞれ占めています。当社の規模と25年にわたるイノベーションにより、オペレーションの効率化を推進し、トレーニング、インフラ、テクノロジーに投資することで、サービスのスピード、品質、持続可能性を向上させ、強力な財務実績を実現しています。

MisterLearnトレーニング・プラットフォームを通じてトレーニングと開発に投資し、新入社員からリーダーシップを発揮するまで昇進させることで、優秀な人材を確保しています。その結果、人材第一主義のアプローチは拡張性があることが証明されており、その結果、社内で育成した人材と一流のサービス企業から採用した人材の両方で構成されるワールドクラスのチームを開発することができました。

過去20年間で3億4,500万台以上の車を洗車しており、サービスを提供するコミュニティのために優れた環境スチュワードであることを約束します。ミスターカーウォッシュの洗車プロセスでは、独自の洗浄剤を使用しています。

また、ミスターカーウォッシュの洗車プロセスは、自分で行うホームウォッシュ(DIY)よりも効率的です。ホームウォッシュでは、1回の洗車で平均3倍以上の水を使用すると推定されますが、これはミスターカーウォッシュが洗車プロセスで使用する水の平均33%をリサイクルしていることが一因です。

ミスターカーウォッシュは、2010年に65店舗だった全米最大の洗車ブランドで、2021年3月31日現在、344店舗を展開しています。

2つの店舗形態を運営しています。外装特化型のサービスを提供する「Express Exterior Locations」と、外装特化型と内装特化型のサービスを提供する「Interior Cleaning Locations」です。

Express Exterior Locationsは、現在の拠点数のうち263拠点を占めており、これまでの実績と今後予想される新規拠点の増加分のすべてを占めています。

Interior Cleaning Locationsは81カ所あり、Misterのオペレーションのための訓練場として機能し、強力なキャッシュフローを生み出しています。

2018年には、Express Exterior Locationsの数を拡大するためのグリーンフィールド開発戦略を開始し、アイオワ州アーバンデールに最初のロケーションを開設しました。当社は合計22のグリーンフィールド拠点を開設し、グリーンフィールド開発チーム、システム、能力に有意義な投資を行ってきました。当社のグリーンフィールドの実績は、長期にわたって一貫して好調です。これまでのところ、既存のグリーンフィールド拠点から十分な収益を上げており、これらの拠点への初期純資本投資を稼働後約3年で回収することができました。2021年には、全国の既存市場で合計16〜18店舗の新規出店を予定しており、将来の出店に向けた強力な開発パイプラインを有しています。

ミスター・カーウォッシュは、清潔で乾いたピカピカの車に価値を置くすべての人に、手頃な価格で気持ちの良い体験を提供していると考えています。洗車体験は幅広い層に支持されており、一般的な外装洗車の価格は約8ドルです。

ミスター・カーウォッシュが成長を続け、2020年末時点で米国内に登録されている約2億7,300万台の自動車にサービスを提供するにあたり、ミスター・カーウォッシュはチームメンバーを第一に考え、一貫した便利で高品質な洗車体験を大規模に提供することに全力を尽くします。

仕事をキャリアとし洗車業界の常識を塗り替えようとしています

2020年には、管理職以外の時間給従業員の平均賃金を5%引き上げ、チームメンバーに対するコミットメントを明確にしました。

また、離職率の低減にも取り組んでいます。有給育児休暇、会社拠出による401(k)プログラム、先進的で手頃な価格の医療保険、有給休暇、授業料払い戻しなど、魅力的な福利厚生を提供しています。

また、2020年4月には、501(c)(3)の非営利団体であるMister Cares Foundationを設立し、不測の事態に直面しているチームメンバーに経済的支援を提供することを使命としています。設立以来、Mister Cares Foundationは、200人以上の個人に総額175,000ドル以上を提供してきました。

市場機会

不況に強い洗車業界。事業規模は110億ドル。

ミスター・カーウォッシュは、大規模で不況に強い110億ドル規模の米国洗車業界で事業を展開しています。

ミスター・カーウォッシュは洗車業界の中でも、洗車市場全体の約70%を占める自動化分野で事業を展開しています。自動化された洗車機は、他の洗車機に比べて労働集約度が低いため、洗車機メーカーは1店舗あたりの処理能力と営業利益率を向上させることができます。

増えるDIFMの機会、車の登録台数

毎年、北米では20億回もの洗車が行われています。洗車業界は強力な市場のファンダメンタルズを享受しており、前向きなトレンドの恩恵を受けています。

第一に、消費者がスピード、品質、利便性を重視しているため、DIYサービスからDIFM(Do-it-for-me 誰か私のためにやってくださいの意味)洗車の時間効率の良い利便性へと需要が継続的にシフトしていることから、洗車業界は恩恵を受けています。

第二に、米国の登録自動車台数は増加を続けており、2010年の約2億5,000万台から2020年には約2億7,300万台になると言われています。

第三に、水のリサイクルや安全な化学物質の処理など、手洗いに比べて自動洗車の環境面でのメリットについて、消費者の理解と評価が高まっていると考えています。

ミスターカーウォッシュ S-1/Aよりデータ使用

非常に細分化された市場、多くの独立事業者が特徴的

洗車業界は非常に細分化されており、市場の大部分は1~2店舗を運営する独立系業者で構成されています。業界最大手であるミスター・カー・ウォッシュは、トレーニング、テクノロジー、イノベーションに投資することができますが、独立経営者には通常そのようなリソースはありません。しかし、2021年3月31日現在、当社の344店舗は、店舗数では市場の5%未満、上位10社を合わせても市場シェアは10%未満であり、非常に魅力的で成長しているカテゴリーにおいて、ミスター・カー・ウォッシュが引き続き事業を拡大していく機会があることを示しています。

環境意識=水の使用量規制にマッチ 自宅(DIY)より節水が出来る

業界のポジティブなトレンドの恩恵を受けます。例えば、DIFMサービスへの広範な移行、家庭での洗車に対する自治体の水使用量規制と相まってプロによる洗車の環境面でのメリットに対する認識の高まり、COVID-19以降の大量輸送機関に対する自家用車の使用の増加などが挙げられ、業界は継続的な成長をもたらす重要なトレンドの恩恵を受けていると考えています。

UWC会員数 CAGR24%増加 エリアによっては会員による売上が75%を占める。

UWCの普及率をさらに高めるための大きなチャンスがあると考えています。例えば、一部の成熟した市場では、UWCの普及率が2020年には62%、2021年第1四半期には62%であるのに対し、月額制サービスによる洗車売上が全体の75%に近づいています。UWC会員の平均消費額は、従来の洗車機利用者の4倍以上と推定され、普及率の上昇に伴い、売上を大幅に伸ばすチャンスとなります。

新規出店および買収した店舗の両方において、店舗ごとにUWC会員を増やすための実証済みのプロセスを開発しました。2016年以降、1拠点あたりのUWC会員数の平均CAGRは24%となっています。

商品・サービス

国内最大の洗車ブランドであり、スケールメリットが大きいことを挙げています。

統一されたナショナルブランド。

私たちは、統一されたナショナルブランドとカスタマーエクスペリエンスでリードしています。買収したすべての店舗を「Mister」というブランドに変更し、それぞれに設備投資を行うことで、一貫した高品質の体験を提供しています。最近では、全社的な外装と内装の改装プログラムを完了し、事業所全体でブランドを統一しました。

強固なトレーニング&開発プログラムとタレント・パイプライン

MisterLearnや360サービスモデルなどの独自のトレーニングと開発プログラムにより、強力な人材パイプラインを開発し、拡張してきました。2021年3月31日現在、当社のジェネラルマネージャーの平均勤続年数は6年で、93%が社内から昇格しています。また、過去3年間で、入社後30日以内のチームメンバーの離職率を約50%削減しました。私たちは、しっかりとしたトレーニングと開発プロセスにより、最高レベルのオペレーション・エクセレンスを維持し、お客様に「ミスター・エクスペリエンス」を一貫してお届けする能力を備えたチームメンバーが育っていると信じています。

献身的な地域サポートインフラ

重要な地域サポートインフラには、2021年3月31日時点で、50人以上の地域マネージャー、60人以上の地域トレーニング・開発スペシャリスト、150人以上の施設メンテナンススタッフが含まれています。地域マネージャーは、平均して6人のジェネラルマネージャーをサポートしており、ジェネラルマネージャーは、コーチング、メンターシップ、一貫した高い水準の提供に集中することができます。また、2つの拠点に約1名のメンテナンススタッフを雇用しており、これにより大幅な稼働率の向上を実現しています。

洗練された技術と独自の製品

高度な技術、独自の化学物質制御システム、UWCメンバーのための自動スキャンRFIDタグ、そしてユニティケミストリー、ダイナミックドライ、特許取得済みのホットシャインワックスシステムなどの独自の洗浄・乾燥製品を採用しています。

“ネットワーク効果”。

通常、特定の市場に複数の拠点を持ち、その地域の市場密度を利用して強力な「ネットワーク効果」を生み出しています。ネットワークは、UWCメンバーの利便性を高めるために、複数の店舗を利用することを可能にしています。また、マーケティング費用をより有効に活用し、地域の人材パイプラインを構築し、地域のサポートインフラを最適化することができます。

顧客

顧客層については具体的にわかりませんでしたが、基本的に車を使う人すべてがターゲットであるという認識です。

収益モデル UWC(Unlimited Wash Clubと呼ぶ月額制プログラム)が中心

Unlimited Wash Club(以下、UWC)と呼ぶ月額制のプログラムを提供しています。

UWCは、定額制の月額料金で洗濯し放題のサブスクリプションプログラムです。契約した月にお客様に請求され、分割して認識されます。未獲得の金額は繰延収益として計上されます。

簡単・便利・スピーディな洗車を提供することに重点を置いた「会員中心型」のビジネスモデルを採用しています。

ここ数年、UWC会員のために、会員専用のレーンを増設したり、RFID(Radio-Frequency Identification)技術を採用したりして、非接触で素早く便利に利用できるようにしています。

2020年には、平均的なUWCメンバーは30回以上洗車をしており、これは平均的な洗車ユーザーよりもかなり多いと考えています。

UWC会員の増加は、お客様のロイヤルティを向上させると同時に、一貫した目に見える経常的な収益をもたらします。UWCプログラムは、2015年には洗車売上全体の30%を占めていましたが、2021年第1四半期には洗車売上全体の62%を占めるまでに成長しました。また、COVID-19のパンデミックにもかかわらず、2020年にはUWC会員数を約24万7,000人増加させました。

UWC以外には洗車サービスに対して現金やクレジットカードでの支払い(支払い時点での収益の認識)、プリペイド商品などの販売があります。プリペイド商品は使用時点で収益認識されます。

競合 全国、地域、地元の独立系洗車業者や、洗車サービスを提供する他の小売業者

洗車業界は非常に細分化されており、さまざまな業者と競合しています。

競合他社には、全国、地域、地元の独立系洗車業者や、洗車サービスを提供する他の小売業者(ガソリン・コンビニエンスストア、量販店など)があり、それぞれが洗車サービスを提供しています。当業界の競争要因の中心は、利便性、価格、品質、ブランド認知度、スピード、顧客満足度と考えます。

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

リスク要因① 拠点での、適格な人材の採用と維持に関わるリスク

拠点の運営には、新入社員と熟練社員の両方が必要です。訓練を受けた人材は、地域によっては競争力のある報酬水準で需要が高く供給が不足し続ける可能性があり、その結果、人件費の増加につながる可能性があります。人員に関わる雇用の困難やコスト増が顧客サービスの低下、事業所の売上に悪影響を与えるリスクがあります。

重要な人材の多くは、ミスターカーウォッシュに長期間勤務しているか、経験を買われて採用されました。ミスターカーウォッシュの成功は、上級管理職の業界内での評判や影響力にも左右されます。執行役員およびその他の主要従業員は、いつでも辞めることが出来ます。上級管理職または上級経営陣の1人または複数の組み合わせによるサービスの喪失は、ビジネスに悪影響を与えるリスクがあります。

リスク要因②環境に関する法律や規制によるコスト増となるリスク

洗車事業、モーター燃料分配、および迅速な潤滑油事業は、環境規制を含む連邦、州および現地の法律および規制によって支配されています。一部の事業活動には、新製品や中古製品の取り扱い、保管、輸送、輸出入、リサイクル、廃棄が含まれ、固体廃棄物や有害廃棄物が発生します。これらの事業活動は、厳しい連邦、地域、州、および地域の法律、これらの製品および廃棄物の保管と廃棄、環境への材料の放出、または環境保護に関連する法令および規制の対象となります。

環境に関する法律や規制は、一般的に当社の業務にさらなる制限を課しており、事業に多額の追加コストをもたらす可能性があります。

リスク要因③水の確保に関するリスク

一般的に、洗車センターは、地元の公共および/または民間の水道機関からの水を使用し、場合によっては敷地内の地下水井戸を介して水を使用します。通常、自社の事業で使用する水を所有していません。

気候変動、干ばつ、水源の過剰使用、絶滅危惧種や生息地の保護、その他の要因により、地中水や表面水の利用可能性が制限される可能性があります。

水にアクセスする能力の制限や中断は、財務状況と業務結果に重大かつ悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、事業中断による損失や施設の損害は保険契約の対象とならない場合があり、その損失により、将来的に許容可能な料金で保険を確保することが困難になる可能性があります。

S-1をみて、個人的に気になった点

過去IPO目論見書を見たドリブンブランズと同じ分野で、カーウォッシュ中心になった銘柄と捉えています。課題の整理などもドリブンブランズの目論見書い書いてあった内容と重複する点があり、非常に理解しやすいストーリーでした。

ドリブンの場合は~12月までの数字を含むIPO直後の決算が苦戦したと記憶していますが、タイミング的には前年比較では数字の出しやすい状況が続くのかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました