【米国株】ロビンフッド NASDAQ:HOOD IPO目論見書 S-1まとめ 

IPO目論見書S-1/F-1

ロビンフッドは使いやすい投資アプリを提供する企業です。IPO目論見書S-1をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

  1. ロビンフッド Robinhood NASDAQ:HOOD IPO目論見書 S-1まとめ 
    1. HOOD リアルタイムチャート
    2. 日本での取り扱い証券会社:( SBI証券・楽天証券・マネックス証券7/29~取り扱い予定 )
    3. 上場予定日はいつ?株価は? NASDAQ:HOODのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:38-42ドル) (上場初値:38ドル)上場市場:NYSE 上場日:2021年7月29日
    4. 引受幹事企業:ゴールドマンサックスなど
    5. 経営者:ウラジミール・テネフ 34歳
    6. 売上・利益 2020年度で売上前年+245%、累積アカウント前年+143%、月間アクティブユーザー前年+172%
    7. 何をしている会社?→金融プラットフォームのアプリ ロビンフッドを提供。
    8. 市場機会:個人投資家の資産運用におけるモバイル需要の拡大が機会。
    9. 商品・サービスに関する特徴:シンプルで使いやすいアプリ
    10. 顧客:個人投資家、特にミレニアル世代、Z世代が中心。
    11. 収益モデル:収益は主にマーケットメーカーから得る。
    12. 競合:ディスカウントブローカー、金融テクノロジー、銀行、暗号通貨取引所など
  2. リスク要因 Risk factor
    1. リスク要因①収益の大部分はトランザクションベース(注文フローの支払い、または「PFOF」を含む)のため、価格スプレッドの減少、取引活動レベル低下、マーケットメーカーとのビジネス関係の変化、およびまたは、PFOFおよび同様の慣行の禁止による事業リスク
    2. リスク要因②マーケットメイカーとの取引関係に関するリスク
    3. リスク要因③PFOFの規制に関するリスク
    4. S-1をみて、個人的に気になった点
    5. ロビンフッドIPOに関するコメント 広瀬隆雄さんライブより

ロビンフッド Robinhood NASDAQ:HOOD IPO目論見書 S-1まとめ 

  • 2021年の第1四半期にApple App Storeで何度も1位を獲得したアプリ「ロビンフッド」を提供
  • 預かり資産の約70%は、18歳から40歳まで。人種・性別的にも多様な顧客を持つ
  • 2021年3月末時点で売上前年+309%、累積アカウント前年+151%、月間アクティブユーザー前年+107%

HOOD リアルタイムチャート

日本での取り扱い証券会社:( SBI証券・楽天証券・マネックス証券7/29~取り扱い予定 )

SBI証券(7/29~取り扱い予定)

楽天証券( 7/29~取り扱い予定 )

マネックス証券( 7/29~取り扱い予定 )

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

上場予定日はいつ?株価は? NASDAQ:HOODのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:38-42ドル) (上場初値:38ドル)上場市場:NYSE 上場日:2021年7月29日

価格レンジは38-42ドルです。

上場初日は38ドルで開け、終値34.82ドル、値決め価格を下回りました。

引受幹事企業:ゴールドマンサックスなど

引受幹事
  • ゴールドマンサックス
  • JPモルガン
  • バークレイズ
  • シティグループ
  • ウエルスファーゴ

などです。

経営者:ウラジミール・テネフ 34歳

ウラジミール・テネフ 34歳

  • Robinhoodの共同創業者
  • 2020年11月からはRobinhoodの最高経営責任者(以下、「CEO」)および社長
  • 創業以来、取締役会のメンバーも務めており、2021年3月には当社の取締役会の議長に任命されました。
  • 2013年、金融の民主化を目指してバット氏とRobinhoodを共同設立
  • 2013年から2020年11月まで、テネフ氏はバット氏とともに当社の共同CEOおよび共同社長を務めました。
  • Robinhoodの前には、ニューヨークで2つの金融会社を立ち上げています。
  • テネフ氏は、スタンフォード大学で数学の学士号を、UCLAで数学の修士号を取得しています。

バイジュ・バット 36歳

  • Baiju Bhatt氏はRobinhoodの共同創業者
  • 2021年3月にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任
  • 設立以来、当社の取締役会のメンバーを務めています。
  • 2013年、バット氏はテネフ氏と共同で、金融の民主化を目指してRobinhoodを設立
  • 2013年から2020年11月まで、バット氏はテネフ氏とともに当社の共同CEOおよび共同社長を務めました。
  • ロビンフッド以前には、ニューヨークで2つの金融会社を立ち上げました。バット氏は、スタンフォード大学で物理学のB.S.と数学のM.S.を取得しています。

売上・利益 2020年度で売上前年+245%、累積アカウント前年+143%、月間アクティブユーザー前年+172%

ロビンフッド S-1 より
ロビンフッド S-1 よりデータ使用

2020年度で売上前年+245%、累積アカウント前年+143%、月間アクティブユーザー前年+172%

2020年12月31日および2019年12月31日に終了した年度における財務および営業成績の一部については、以下のとおりです。

  • 総収益 2020年:9億5,900万ドル 2019年:2億7,800万ドル、前年比245%の成長となりました。
  • 累積アカウント数 2020年:1,250万口座 2019年:510万口座、前年同期比143%の成長となりました。
  • 月間アクティブユーザー数 2020年:1,170万人、2019年:430万人となり、前年同期比172%の増加となりました。
  • 純利益 2020年:7百万ドル、2019年純損失:107百万ドル
  • 調整後EBITDA 2020年:155百万ドル 2019年:マイナス74百万ドル

3月末時点で売上前年+309%、累積アカウント前年+151%、月間アクティブユーザー前年+107%

2021年3月31日および2020年3月31日に終了した3ヵ月間において、財務および営業成績の一部については、以下のとおりです。

  • 収益 ~2021年3月31日:5億2,200万ドル 2020年:1億2,800万ドル 前年同期比で309%の成長となりました。
  • 累積アカウント数 ~2021年3月31日:1,800万 2020年:720万で、前年同期比151%の成長となりました。
  • 月間アクティブユーザー数 ~2021年3月31日:1,770万人 2020年:860万人となり、前年同期比107%の成長となりました。
  • 純損失は14億ドルで、これには転換社債および新株予約権付社債の公正価値調整15億ドルと5,300万ドルが含まれています。
  • 調整後EBITDA ~2021年3月31日:1億1,500万ドル 2020年:マイナス4,700万ドル

24か月でユーザー1人当たりの平均収益は約3倍に増加

2019年12月31日に終了した年度の月次コホートでは、平均収益回収期間は約13カ月であり、2020年12月31日に終了した年度の月次コホートでは、平均収益回収期間は5カ月未満に改善しました。

時間の経過とともに、お客様はプラットフォームへのエンゲージメントと関係を深め、お客様とともに成長する当社の能力は、2017年と2018年の両方の年次コホートにおいて、最初の24ヶ月間でユーザー1人当たりの平均収益が約3倍に増加するなど、魅力的なコホートの経済性をもたらしています。

2021年3月31日に終了した3ヵ月間の取引ベースの収益は、前年同期比で3億2,480万ドル(340%)増加しました。この増加は、正味累積資金口座数が151%増加したことにより、オプション、株式および暗号通貨の1日当たりの平均収益取引が増加したことによるものです。当四半期のオプション、株式、暗号通貨の1日当たりの平均収益取引額は、40万から110万へと188%、130万から510万へと291%、110万から140万へと1,375%増加しました。

トランザクション売上に占めるクリプトカレンシーズ(暗号資産)の割合が2020年3月時点3%➡2021年3月時点で17%に増えています。オプション取引や株式のトランザクション売り上げも大きく伸びています。

ロビンフッド S-1 よりデータ使用

営業キャッシュフロー

2021年3月31日に終了した3ヵ月間において、営業活動に使用した現金は18億8,220万ドルでした。これは主に、14億4,480万ドルの純損失に、主に転換社債およびワラント負債の公正価値の変動14億9,230万ドル、貸倒引当金繰入額1,640万ドル、減価償却費380万ドル、株式報酬費用900万ドルからなる15億2,150万ドルの非現金支出を加えて調整したことによるものです。さらに、営業資産・負債の変動による支出(純額)が19億5,890万ドルとなったことにより、営業活動から得られた現金は減少しました。これは主に、ユーザー数の増加にともなうマージン債権の増加およびマージン金利の低下により、ユーザーに対する債権(純額)が20億2,890万ドル増加したことによるものです。

2020年3月31日に終了した3ヵ月間の営業活動から得た現金は、主に純損失52.5百万ドルに、主に貸倒引当金繰入額9.9百万ドル、株式報酬費用2.4百万ドル、減価償却費1.7百万ドルなどの現金支出を伴わない費用13.9百万ドルを加えて調整した結果、2,144.7百万ドルとなりました。さらに、営業資産・負債の変動による純流入額21億8320万ドルにより、営業活動から得た現金が増加しました。これは主に、ユーザー数の増加にともなう顧客保有現金の増加により、ユーザーに対する支払債務が24億50百万ドル増加したことによるものです。

2020年12月31日に終了した年度の営業活動から得た現金は18億7,630万ドルでした。これは主に、740万ドルの純利益に、主に5,910万ドルの貸倒引当金繰入額、2,430万ドルの株式報酬費用、990万ドルの減価償却費からなる9,550万ドルの非現金支出を加えて調整したことによるものです。加えて、営業資産の増減による純流入と、営業活動から得た現金・預金および現金同等物の増加により、 営業活動から得た現金・預金および現金同等物は増加しました。ユーザーに対する支払債務が35億3,210万ドル、貸付有価証券が12億4,710万ドル増加したことなどにより、17億7,330万ドルとなりましたが、ユーザーベースの増加に伴う顧客保有現金、貸付有価証券およびマージン債権の増加により、ユーザーに対する債権(純額)が27億7,200万ドル増加したことで一部相殺されました。

2019年12月31日に終了した年度の営業活動から得られた現金は、1億660万ドルの純損失に、主に株式報酬費用2,670万ドル、貸倒引当金繰入額1,110万ドル、減価償却費540万ドルで構成される4,340万ドルの非現金費用を追加して調整した結果、12億6,000万ドルとなりました。また、営業資産・負債の変動による収入が13億2,330万ドルとなったことにより、営業活動から得た現金・預金が増加しました。この主な要因は、ユーザー数の増加にともなう顧客保有現金・預金および貸付有価証券の増加により、ユーザーに対する支払債務が8億280万ドル、貸付有価証券が6億7,400万ドル増加したことです。

投資キャッシュフロー

2021年3月31日および2020年3月31日に終了した3ヵ月間の投資活動に使用されたキャッシュフローは、11.4百万ドルおよび8.4百万ドルでした。この主な内訳は、有形固定資産、ソフトウェアおよび設備の購入が9.3百万ドルおよび6.1百万ドル、社内開発ソフトウェアの資産化が2.1百万ドルおよび2.3百万ドルでした。
2020年12月31日および2019年12月31日に終了した年度において、投資活動に使用されたキャッシュフローは3,230万ドルおよび1,230万ドルで、その主な内訳は、有形・ソフトウェア・設備の購入が2,440万ドルおよび730万ドル、社内開発ソフトウェアの資産化が790万ドルおよび520万ドルでした。
この主な内訳は、転換社債およびワラントの発行による収入35億5,000万ドル、信用枠の引き出しおよび返済10億ドルです。

財務キャッシュフロー

2020年3月31日に終了した3ヵ月間の財務活動によるキャッシュ・フローは1億9,010万ドルで、その主な内訳は、9億7,070万ドルの引き出しと返済、および7億1,070万ドルのクレジット・ファシリティの引き出しと返済でした。

2020年12月31日および2019年12月31日に終了した各年度において、財務活動から得られたキャッシュフローは12億7,590万ドルおよび3億7,540万ドルで、その主な内訳は、償還可能な転換型優先株式の発行による収入(発行費用控除後)12億6,730万ドルおよび3億7,270万ドルとなっています。また、9億3,770万ドルと1億3,700万ドルの信用枠の引き出しと返済を行いました。

ロビンフッド S-1 よりデータ使用

(1)Net Cumulative Funded Accounts…期間中のアカウント数(既存アカウントー解約アカウント+新規アカウント)。解約は45日間連続で残高ゼロドルのアカウント。

(2)MAU…月間アクティブユーザー。該当月のいずれかの時点で、デビットカード取引を行ったユーザー、アカウントにログイン中にモバイル機器の2つの異なる画面間を遷移したユーザー、またはウェブブラウザでページを読み込んだユーザーを指します。

(3)預り資産(AUC)

(4)ユーザーあたりの平均収入(ARPU)…総収入÷期間中の平均口座。数3か月の場合は直近3か月を4倍して年次換算したもの。

何をしている会社?→金融プラットフォームのアプリ ロビンフッドを提供。

全ての人の為の金融サービスプラットフォーム ロビンフッドアプリを提供。

ロビンフッドは、誰もが私たちの金融システムに参加することを歓迎すべきであるという信念に基づいて設立されました。

富、収入、経歴に関係なく、すべての人のための最新の金融サービスプラットフォームを作成しています。

株式市場は、前世紀最大の富の創造者の一人として広く認識されています。しかし、高額な手数料、最低残高の要件、複雑で専門用語の多い事務処理など、投資に対するシステム上の障壁により、何百万人もの人々が歓迎されているとは感じず、参加することもできませんでした

ロビンフッドはこの状況を変えることを目指しています。私たちはテクノロジーを使って、人々が金融システムと対話するための新しい方法を提供します。私たちは、投資はシンプルなデザインと直感的なインターフェイスで親しみやすく歓迎されるべきであり、お客様が目標を達成する力を与えられるべきだと考えています。革命的で大胆なブランドとデザインでスタートしたロビンフッドのアプリは、今では何百万人もの人々に投資を身近なものにしています。

2021年3月に実施した社内ブランド調査によると、米国の18~44歳の半数以上がロビンフッドを知っています。

ロビンフッドは2021年の第1四半期にApple App Storeで何度も1位を獲得し、2020年から2021年の第1四半期にかけてApple App StoreのFinanceカテゴリで頻繁に1位を獲得しました。

株式・ETF・ADR・暗号資産を取り扱い、オプション取引や1株未満の取引も可能。

プラットフォームは、現在、以下を提供しています。

  • 米国の上場株式、上場投資信託(ETF)、関連オプション、米国預託証券(ADR)の取引。
  • 子会社であるRobinhood Crypto, LLC(RHC)を通じた暗号通貨の取引。2018年2月に5つの州で暗号取引製品を発売し、2つの暗号通貨での取引をサポートしていました。2021年3月31日の時点で、対象範囲を46の州とワシントンDCに拡大し、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインSV、ドージコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインの7つの異なる暗号通貨での取引をサポートしています
  • フラクショナル・トレーディング=1株未満の端株取引。2021年の第1四半期だけでも、お客様の株式取引件数の40%以上が端株取引。
  • 定期的な投資:お客様が選択したスケジュールに合わせて、自動的に端株を購入します。
  • キャッシュマネジメント:Robinhoodブランドのデビットカードを含み、請求書の支払い、小切手の発行、利息の受け取り、ATMでの資金の引き出し、ブローカー口座から振り込まれた現金に対する連邦預金保険公社(FDIC)のパススルー保険を受けることで、お客様の貯蓄と消費を可能にします。
  • ロビンフッド・ゴールド:月額有料サービス。預金への即時アクセスの強化、専門的なリサーチ、Nasdaq Level II マーケットデータ、および承認を得た場合には信用取引へのアクセスなどのプレミアム機能を顧客に提供します。最初の30日間の無料トライアルの後、顧客は月額定額料金を支払います。2021年3月31日の時点で、約140万人の顧客が課金していました。

取引手数料は無料

手数料は無料です。お客様がどれだけの金額を投資しようとしているかにかかわらず、お客様には手数料がかかりません。

市場機会:個人投資家の資産運用におけるモバイル需要の拡大が機会。

若手投資家はモバイルアプリをメインで使用する。

2018年のFINRAの調査によると、米国の個人投資家の30%がモバイルアプリを使って注文を出しています。この数字は、18〜34歳の参加者に限ってみると、59%にまで増加しています。

カスタマーエクスペリエンス(顧客体験の重要性)体験は広告より重要というデータも

こうした体験の性質は、直感的で魅力的で使いやすい製品に対する顧客の期待と要求を急速に進めています。PwCによると、世界の消費者の73%が購買決定の重要な要素としてカスタマー・エクスペリエンスを挙げており、米国の消費者の65%は、あるブランドでのポジティブな体験が優れた広告よりも影響力があると考えています。

米国の株式取引量の約20%を占める個人投資家。アメリカ人の60%以上が退職金以外の投資を行っていない。成長余地はさらにある。

2010年以降、S&P500の年平均リターンは約13%となっています。これは、経済的な健全性の向上を目指す個人投資家の参加が大幅に増加したことを意味しています。現在、個人投資家は米国の株式取引量の約20%を占めており、2010年から2020年までの10年間で倍増します。しかし、まだまだ成長の余地は大きいと考えています。2019年のPew Research社の調査によると、アメリカ人の約60%が退職金以外の投資をまだ行っておらず、2020年のGallup社の調査によると、18歳から29歳の若年層の68%が株式市場への投資を全く行っていないという、さらに大きな割合を占めています。

Z世代、ミレニアル世代は既存の金融機関離れをしている。

2020年に実施されたHarris Pollによると、アメリカ人の3分の2近くが、従来の金融サービスプロバイダーではなく、テクノロジー企業のプラットフォームを通じて金融商品の購入や申し込みを検討すると回答しており、この数字は18歳から34歳のアメリカ人では81%にまで増加しています。

米国の個人投資家の資産は推定50兆ドル

米国の個人投資家は、チャールズ・シュワブ社の推定では、総資産が約50兆ドルに達しています。また、2015年1月1日から2021年3月31日までの間に、当社のプラットフォームで口座を開設されたお客様の半数以上が、Robinhoodが初めての証券口座だったとおっしゃっています。このような状況を考えると、私たちは定義された市場の規模を大幅に拡大し、他の方法では金融システムに関与しない参加者を呼び込んでいると考えています。

暗号通貨の市場規模2018年2月4500億ドル➡2021年3月1.9兆ドルへの成長も顧客の関心を高める動機に

暗号通貨取引プラットフォームでは、子会社であるRHCを通じて、暗号通貨の売買を手数料無料で提供しています。プラットフォームでの暗号通貨取引を導入する前日の2018年2月21日から2021年3月31日までの間に、個人投資家と機関投資家の両方による暗号通貨取引の導入が進み、暗号資産の様々な非投資ユースケースが継続的に成長したことにより、暗号通貨の時価総額は約4,500億ドルから約1.9兆ドルに成長しました。

また、2020年12月31日に終了した年度および2021年3月31日に終了した3ヵ月間において、想定元本ベースで当社プラットフォーム上で最も取引されている暗号通貨であるビットコインの世界的な1日平均市場ボリュームは、2018年2月の約80億ドルに対し、2021年3月には540億ドルを超えました。暗号通貨市場の将来の市場規模予測は非常に多様ですが、過去の傾向は強く支持されています。当社は、暗号通貨への関心と導入の高まりが、当社のプラットフォームに対する顧客の関心を高め、現在の顧客基盤の中でも大きな成長の余地があると考えています。

米国以外の世界の総資産は250兆ドル以上。グローバルな展開に機会あり

当社は現在、米国内でのみ事業を展開しており、米国またはプエルトリコ内に法的住所を有する米国市民および米国永住権保持者にのみサービスを提供しています。クレディ・スイス・リサーチ・インスティテュートによると、2019年半ばの時点で、米国以外の世界の総資産は250兆ドル以上と推定されています。

25歳から40歳の人口増加、資産は米国内の5%に過ぎないが、2030年には16%になると予測

米連邦準備制度理事会(FRB)によると、25歳から40歳の人口は、過去10年間で純資産が急速に増加しています(2010年以降、年平均約30%の増加)が、現在、米国内の総資産のわずか5%を占めているに過ぎません。2030年には米国の富の16%を占めるようになると予測されています。市場への参加は、若年層が資産を増やし、自分と家族のための経済的安定を築くための重要な機会となります。

商品・サービスに関する特徴:シンプルで使いやすいアプリ

ロビンフッドの使い方動画です。(S-1に記載されているものではないです)登録~株を買うまでが説明されています。

AppStore より

モバイルファーストで使いやすいプラットフォーム。優れた顧客体験が紹介プログラムでの参加を加速させる。

このシンプルさと使いやすさにより、Robinhoodはモバイル投資体験の定番となり、TD App Annieによると、2020年には米国のモバイル投資・取引プラットフォーム(当社、Etrade、Fidelity Investments、IBKR、M1 Finance、Schwab、TD Ameritrade、Thinkorswim、Vanguard、Webull)の新規アプリダウンロード数の半分以上を占めました。

2020年および2021年3月31日に終了した3カ月間では、新しいファンドアカウントの80%以上が、有機的に、またはRobinhoodの紹介プログラムを通じて当社のプラットフォームに参加しました。(他の主要な証券会社が2019年10月から当社の手数料無料モデルを採用したにもかかわらず)

必要な情報を提供するプラットフォームは1日平均7アクセス。大手フィンテック企業の2~4倍。

お客様が最も必要とするときに、適切でアクセス可能な情報を提供できるようにプラットフォームを設計しました。投資家は、ニュースリリース、決算発表、取引の実行などのイベントを定期的にチェックし、コンテンツや情報を定期的に入手しています。
私たちは、プッシュ通知やウィジェットなどのプラットフォームを利用して、お客様にシームレスでカスタマイズされた最新情報を提供しています。これが信頼を生み、長期的な関係を築くことにつながり、お客様の共感を得ています。

2020年、1日に当社のアプリにアクセスされたお客様は、平均して1日7回近くアクセスされ、ニュースの閲覧、ウォッチリストの確認、現金残高の管理、投資、ポートフォリオのモニタリングなど、さまざまな理由で当社に関わってくださいました。この数字は、同時期の他の大手フィンテック企業の約2〜4倍にあたります。当社は、このレベルのエンゲージメントを大規模に維持しており、2021年3月31日現在、1,800万の純累積ファンディング・アカウントを保有しています。

技術革新。

Robinhoodは、将来の発展のための基盤を築いてきました。集中したチームと適切な規制当局の承認を得て、当社は独自のクリアリング・プラットフォームを構築しました。当社のプラットフォームは完全なクラウドベースで、独自のAPI駆動型サービスをベースに構築されており、急成長するモバイルファーストの現代的な金融機関のニーズに対応しています。このプラットフォームは、垂直統合されたエンド・ツー・エンドの商品開発アプローチを可能にし、アイデアから商品化までの時間を短縮するとともに、ビジネスの成長に合わせた拡張性を高め、お客様と共有できるユニットエコノミクスを実現しています。また、当社のアプローチは、クリアリングと決済に関する社内の可視性を高めます。当社のセルフクリアリング・プラットフォームは、今後もお客さまのためにさらなるイノベーションを起こすのに適していると考えています。


教育を通じたエンゲージメント。

教育は、私たちのミッションを達成するための核心です。理解しやすい投資情報や教育へのアクセスは、米国の金融システムへの参加を拡大するための基本であると考えています。そのため、私たちはすべての人を対象とした教育コンテンツを作成していますが、その内容は、お客様が投資を始めようとしている段階を問いません。これは、専門用語を使わない金融リテラシーリソースや、消化しやすい金融ニュースをお客様に直接お届けすることを意味します。2021年3月31日現在、私たちのRobinhood Snacksニュースレターとポッドキャストには約3,200万人の購読者がおり、毎日配信されるポッドキャストは2020年には約4,000万回ダウンロードされ、2021年3月31日までの3カ月間にはさらに1,000万回以上のダウンロードがありました。金融リテラシーリソースのライブラリであるRobinhood Learnは、2021年3月31日時点で700万回以上の累積ページビューがあり、Robinhood Learnへの月間ユニークビジター数は2020年1月から2021年3月にかけて約6倍に増加しました。

顧客:個人投資家、特にミレニアル世代、Z世代が中心。

ロビンフッド S-1 より

一番上の女性のコメントが象徴的で、かっちりとしたスーツに身をまとっている人だけが投資家ではない、というのがロビンフッドの描く顧客像だと思います。

customergrowth.jpg
累積アカウント推移 ロビンフッド S-1 より

2021年3月31日現在、当社のプラットフォーム上には1,800万の純累積資金提供口座があり、2015年1月1日から2021年3月31日までの間、Robinhoodのプラットフォーム上で口座に資金を提供しているお客様の半数以上が、Robinhoodが初めての証券会社の口座であると話しています。

2021年3月31日現在、預かり資産の約70%は、18歳から40歳までのお客様からのものであり、当社プラットフォーム上のお客様の年齢の中央値は31歳でした。当社は引き続き女性の割合を増やしており、2020年末には2019年と比較してプラットフォーム上の女性の数が3倍になりました。また、調査によると、当社のお客様は既存の証券会社のお客様よりも人種的に多様であることがわかっています。2020年7月から2020年12月までの代表的なサンプリングに基づくと、アフリカ系アメリカ人の投資家がRobinhoodの顧客ベースの9%を占めているのに対し、既存の会社ではわずか3%でした。同じ期間に、ヒスパニック系の投資家がRobinhoodの顧客の16%を占めたのに対し、既存の会社では7%でした。一方、連邦準備制度のデータによると、株式所有者全体の多様性は数年前よりも高まっています。これは、昨年に引き続き期待できる傾向です。FINRA財団とシカゴ大学のNORCの調査によると、2020年の新規投資家のほとんどは、それまでの投資家よりも人種的・民族的に多様である可能性が高いとのことです。

お客様の多くは、少ない資金で始めているため、取引する株式数も少なくなっています。

収益モデル:収益は主にマーケットメーカーから得る。

マーケットメーカーから主に収益を得ます。

オプション、株式、暗号通貨のユーザー注文をマーケットメーカーにルーティングすることにより、ルーティングされた注文がマーケットメーカーによって執行された時点で、履行義務が満たされたときに、取引ベースの収益を得ています。

オプションの取引価格は契約ごとに設定され、株式の取引価格は主に基礎となる取引活動のビッドアスク・スプレッドに基づいて設定されます。暗号通貨の場合、取引価格は想定注文額の一定割合となります。各取引タイプにおいて、すべてのマーケットメーカーは同じ取引価格を支払います。

支払いは毎月、各マーケットメーカーから後払いで徴収されます。

マーケットメーカーとは…

公に見積もられた価格で定期的かつ継続的に株式を売買する準備ができている会社

https://en.wikipedia.org/wiki/Market_makerより

たとえば、「100ドルで売り注文」が出ている際に、「101ドルの買い注文」と突き合わせを行う会社という認識です。

競合:ディスカウントブローカー、金融テクノロジー、銀行、暗号通貨取引所など

現在および将来の潜在的な競争相手は、主に既存のディスカウント・ブローカー、既存の金融テクノロジー企業、ベンチャー企業の金融テクノロジー企業、銀行、暗号通貨取引所、資産運用会社、テクノロジー・プラットフォームなどです。

既存の証券会社の口座保有者がキャッシュマネジメント口座の未投資現金に利息を得られるキャッシュマネジメント商品を2019年に発売して以来、当社はこれらのサービスに関して、伝統的な消費者金融機関との競争にも直面しています。

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

リスク要因①収益の大部分はトランザクションベース(注文フローの支払い、または「PFOF」を含む)のため、価格スプレッドの減少、取引活動レベル低下、マーケットメーカーとのビジネス関係の変化、およびまたは、PFOFおよび同様の慣行の禁止による事業リスク

収益の大部分は取引ベースで、ユーザーの株式、オプション、暗号通貨の取引注文をマーケットメーカーに取り次ぐことと引き換えに対価を受け取っています。

株やオプションの取引では、このような手数料はPFOFと呼ばれています。

暗号通貨の取引に関しては、”Transaction Rebate “を受け取ります。

株式の場合、受け取る手数料は、通常、取引される証券の公示されたビッド・アスク・スプレッドの大きさに基づいています。つまり、当社は、取引が実行された時点での公示されたビッドとアスクの差の一定割合を受け取ります。

オプションの場合、当社の手数料は、原証券に基づいて契約ごとに計算されます。

暗号通貨の場合、当社のリベートは想定注文額の一定割合となります。

株式、オプション、暗号通貨のいずれの資産クラスにおいても、当社が得る取引ベースの収益は、参加しているすべてのマーケットメーカー間で同一の方法で計算されます。

株式およびオプションの注文は、過去の実績に基づき、顧客に最良の執行を行う可能性が最も高いと思われる参加マーケットメーカーに優先的にルーティングされ、ルーティングの際に取引手数料は考慮されません。

暗号通貨の注文については、競争力のある価格を提供していると思われる様々なマーケットメーカーにルーティングしており、暗号通貨の注文をルーティングする際にトランザクションリベートは考慮していません。

2020年12月31日をもって終了した年度においてPFOFおよびトランザクションリベートから得られる収益は、当社の総収益の75%を占め、2021年3月31日をもって終了した3ヵ月間においては、当社の総収益の81%を占めています。

リスク要因②マーケットメイカーとの取引関係に関するリスク

マーケットメイカーとのPFOFおよびトランザクションリベートの取り決めは、慣行やビジネス上の理解の問題であり、拘束力のある契約書として文書化されていません。

2021年3月31日に終了した3ヵ月間において、当社の総収益の59%は4社のマーケットメーカーから得ています。

これらのマーケットメーカーのいずれか、または当社と取引のあるその他のマーケットメーカーが、当社からの注文を継続して受け取ることや、それらの注文に対する報酬を支払うことを望まない場合、取引に基づく収益に悪影響を及ぼす可能性があります。

PFOFは、証券会社が顧客からの注文を機関投資家であるHFT(高速・高頻度取引)業者などのマーケットメーカー(値付け業者)に回し、それと交換にリベート(報酬)を受取る仕組みである。HFT業者がリベートを払ってでも個人投資家の注文という情報を欲しがるのは、そのビッグデータをAIで解析することを通じて、個人投資家の売買動向を予測するなど、自らのアルゴリズム取引の精度を高めることができることが一つの理由、と見られる。

株式会社野村総合研究所ホームページより

リスク要因③PFOFの規制に関するリスク

PFOFの慣行は、米国議会、SEC、州の規制当局、およびその他の規制・立法当局からの厳しい監視の目を集めています。

例えば、2018年11月、SECは、注文処理およびルーティングに関するブローカー・ディーラーの開示に関連する規則を改正し、とりわけ、このような公開情報には、ブローカー・ディーラーのルーティングの決定に影響を与える可能性のあるPFOFの取り決めや利益分配関係の条件について、ブローカーが取引所から受け取った平均的なリベートやブローカーが支払った手数料に関する情報など、追加的な詳細を記載しなければならなくなったことを要求しました。

さらに、2021年2月18日に開催された2021年初頭の取引制限に関する米国議会の公聴会では、当社のPFOF慣行が批判的な質問の対象となり、当社の共同創業者兼CEOであるウラジミール テネフが証言を行いました。

SEC、その他の規制当局または立法機関が、このような精査の強化の結果、またはその他の理由により、PFOF慣行に関連する追加の規制または法律(このような慣行を実質的に制限または禁止し得る規制を含む)を採択したり、PFOF慣行に関連する追加の照会または調査を行ったりしないという保証はありません。

例えば、2019年5月、米国証券取引委員会執行部は、当社の最良執行およびPFOF慣行に関する調査を開始し、当社が執行品質の定期的かつ厳格なレビューを行っておらず、その結果、特定の顧客が執行品質の低下を経験したこと、および当社が収益源に関して特定の重要な誤解を招く表現を行ったことにより、当社のPFOF慣行の程度について投資家に誤解を与えた可能性があることを指摘しました。この調査の結果、和解が成立し(これに関連して、当社はこれらの申し立てを認めることも否定することもしませんでした)、当社の子会社であるRobinhood Financial LLC(以下「RHF」)は、2020年12月に6,500万ドルの罰金を支払い、独立したコンサルタントを雇用することを要求しました。

また、2020年12月および2021年1月には、2020年12月に和解したSECの問題と同じ事実上の申し立てに関連して、連邦地方裁判所に集団訴訟が提起されました。

これらの訴訟により、多額の費用が発生したり、当社の事業に著しく不利な方法で事業慣行を変更することが求められたりする可能性があります。

S-1をみて、個人的に気になった点

暗号資産が無くとも+200%以上の成長をしている超人気アプリであることは間違いないと思いました。

個人的にも株のサイトやアプリ、用語はわかりづらく、ネット証券での売買は慣れれば問題ない一方最初の一歩が重たい、というのは本当によくわかりますので、若い層が投資をはじめるきっかけとして大きな役割を果たしていると想像します。

PFOF=ペイメントフォーオーダーフローという言葉が出てきます。取引無料のロビンフッドはどうやって売上、利益を上げているのか、謎でしたが、「PFOF」を知ることで概要が分かります。

じっちゃま
じっちゃま

2021年2月1日ライブより
ロビンフッドはなぜ手数料無料で成り立つのか?投資家からの手数料を0にするかわりに、ある種のキックバックをマーケットメーカーからもらっている。

皆さんの株の注文の存在自体に(情報としての)価値があるというのが重要。

「買いたい」という待機需要、売りたいという意向だけでも価値はある。需要をいち早く知ることで利益がだせるから。

ロビンフッドはこのようなPayment for a overflowをマーケットメーカーに明かしている。

ウェブで無料であるという場合(Twitter や Facebook)は本当に無料なのか。If it free then you are the product.という言葉。つまりあなた自身が商品になっていることがある。

Twitterなどでは利用者の数がマーケティングツールになり、皆に広告が表示される、ウェブ上での行いが広告主に売られ、ウェブ会社が広告収入を得るなど、ウェブ上での行動が転売されているイメージ。

ロビンフッドがやっていることはウェブのビジネスでは当たり前にやっていることである。究極的にはゼロコミッションは消費者に必ずしも親切ではない。

結論的にはマーケットメーカー経由で支払われるお金の原資は個人投資家の買いによって支えられていて、ロビンフッドで株を買う個人投資家は相対的に、少し高めの値段で買っているケースが多いのではないかと思っております(あくまで個人的な理解・想像です)

いくつか関連するサイト/記事を張っておきます。

世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン
【印刷】株式市場を騒がせる「ロビンフッダー」について、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 1月の最終週(1月25日〜29日)、株トレードの人気アプリ「ロビンフッド」のユーザー、いわゆる「ロビンフッダー」が、ゲームストップ(GameStop:GME)をはじめとする個別株を集団で買い上がり、値段を吊り上げる事件があり...
ロビンフッドの無料取引は実際には無料ではありません
始める前に、はっきりさせておきます。私は以前にロビンフッドを使用したことがあります。実際、ロビンフッドを使用していない私の年齢の誰かを見つけるのは難しいでしょう。
ロビンフッドとシタデル、規制強化の焦点に-SEC委員長が6日証言
ビデオゲーム販売の米ゲームストップなど、いわゆる「ミーム銘柄」の乱高下が今年に入り金融市場を動揺させた。個人投資家の熱狂的取引で、株取引アプリを運営する米ロビンフッド・マーケッツと、マーケットメーカー(値付け業者)シタデル・セキュリティーズが中心的役割を果たしたが、米金融規制・監督当局は規制強化を示唆している。

法的手続き「Legal Proceedings」の項目に13件の記載がありました。あまり他との比較をできていませんが明らかに多いのではないかと思っております。

リスク要因にも書いてありますが、少し気になる点かなと思います。

ロビンフッド・ファイナンシャルは、同社が取引から収益を上げる方法について株式市場の顧客を誤解させたとして、6500万ドルの罰金を科された

中略

連邦政府関係者によると、2015年から2018年にかけて、同社はオンラインのFAQページで収益方法を部分的にしか説明しておらず、最大の収益源である取引に関する詳細を省略していたという。Robinhoodはユーザーの株式注文を受けて、それを取引を実行するより大きな取引会社に販売しており、このプロセスは「オーダーフローに対する支払い」として知られている、とSECの注文は述べています。

CBSニュース より

ロビンフッドIPOに関するコメント 広瀬隆雄さんライブより

今度ロビンフッドのIPOが動き出す。(中略)しかし、実際にロビンフッドのIPOが値決めされたら、前回コインベースIPOのように値決めがコインベースの天井、ビットコインの天井だったのと同じようなことが起こららない保証はない。

でも僕はそういう持って回った言い方はしたくはない。ロビンフッドのIPOは失敗します。ロビンフッドのIPOは失敗します。ロビンフッドのIPOは失敗します。

つづく

7月3日のライブより

注目の銘柄ですが、トレードに対しては注意を払ったほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました