オンホールディング On Holding NYSE:ONON IPO目論見書F-1まとめ

IPO目論見書S-1/F-1

オンホールディングはスイス発のフットウェア(靴)を中心としたアパレルメーカーです。IPO目論見書F-1(S-1の米国外版)をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

  1. オンホールディング On Holding NYSE:ONON IPO目論見書F-1まとめ
    1. ONON リアルタイムチャート
    2. 日本での取り扱い証券会社:(確認中)
    3. 上場予定日はいつ?株価は? ONONのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格18-20ドル➡24ドルで値決め) (上場初値:確認中)上場市場:NYSE 上場日:2021年9月15日
    4. 引受幹事企業:ゴールドマンサックスなど
    5. 経営者:デビッド・アレマン  共同設立者兼エグゼクティブ・コチェアマン
    6. 売上・利益
    7. 何をしている会社?➡トライアスロンのチャンピオンが共同設立した、クッション性に富んだ靴を中心としたアパレルブランドの販売を行う
    8. 市場機会
    9. 商品・サービス
    10. 顧客
    11. 成長戦略
    12. 競合:フットウェア、アパレル、アクセサリーの卸売業者や直接販売店 など
  2. リスク要因 Risk factor
    1. リスク要因① フットウェア、アパレル、アクセサリーという単一カテゴリーへの事業集中リスク
    2. リスク要因② お客様がランニングなどの特定の運動目的のためにデザインされたフットウェア、アパレル、アクセサリーを求め続けるかどうかに大きく依存するリスク
    3. リスク要因③ 新規市場への参入リスク
    4. リスク要因④ マーケティングの成功に関するリスク
    5. リスク要因⑤ 小売店のパートナーや顧客の財務状況から悪影響を受けるリスク
    6. リスク要因⑥ COVID-19パンデミックに伴う、サプライヤーの操業中断・停止リスク
    7. リスク要因⑦ 新規取り扱い店舗の減少から成長鈍化となるリスク
    8. S-1をみて、個人的に気になった点

オンホールディング On Holding NYSE:ONON IPO目論見書F-1まとめ

  • スイス・アルプスで生まれた企業
  • 「ソフトな着地と爆発的な離陸」という斬新なアイデアに基づいて、ランニングの感覚に革命を起こす。
  • 2010年の創業から売上高CAGR85%で成長、直近2018-2020年CAGR66%
  • 2020年は国別売上の47%が米国、12%がスイス。チャネル別ではDTC売上が37.7%

ONON リアルタイムチャート

日本での取り扱い証券会社:(確認中)

SBI証券(確認中)

楽天証券(確認中)

マネックス証券(確認中)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

上場予定日はいつ?株価は? ONONのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格18-20ドル➡24ドルで値決め) (上場初値:確認中)上場市場:NYSE 上場日:2021年9月15日

価格レンジは18-20ドル➡24ドルで値決めしました。

上場初日は32ドルで開け、終値35.05ドルでした。

引受幹事企業:ゴールドマンサックスなど

引受幹事
  • ゴールドマンサックス
  • モルガンスタンレー
  • JPモルガン
  • アレン&カンパニー
  • UBS
  • クレディスイス

などです。

経営者:デビッド・アレマン  共同設立者兼エグゼクティブ・コチェアマン

On | Swiss Performance Running Shoes & Clothing (on-running.com) より使用

3人の友人、1つのミッション
元プロスポーツ選手のオリビエ・ベルンハルトと、友人のデビッド・アレマン、キャスパー・コッペッティが一緒になったのは、単に走ることが好きだったからではありません。彼らは革新的なアイデアを開発することに専念していました。これが彼らのストーリーです。

デュアスロン世界選手権で3度の優勝を果たし、アイアンマンでも複数回優勝しているオリビエ・ベルンハルトは、プロの競技者を引退した後、完璧な走りの感覚を得られるランニングシューズを探すことに専念しました。その際、新しいタイプのランニングシューズのアイデアを持つ、同じ考えを持つスイス人エンジニアと出会いました。その後の数年間で、ランニングの経験と技術的な専門知識の完璧な融合により、最初の斬新なアイデアが改良されていきました。

On | Swiss Performance Running Shoes & Clothing (on-running.com)より引用

デビッド・アレマン (51) 共同設立者兼エグゼクティブ・コチェアマン

当社の共同創業者の一人であり、2021年4月からOnのエグゼクティブ共同会長を務めています。アレマン氏は、2010年1月からOnの共同創業者兼グローバルブランディング&マーケティングディレクターを務めていました。Onのプロダクション設立を担当し、Onのマーケティング、プロダクトデザイン、デジタルビジネスをリードしてきました。

Onに入社する前、アレマンは2006年から2010年まで、世界を代表するデザイン家具ブランドであるVitra社の最高マーケティング責任者を務めていました。それ以前は、2002年から2006年まで、スイスの広告代理店Young & Rubicam社のマネージング・ディレクターを務め、2000年から2002年までは、マッキンゼー・アンド・カンパニーのスポーツ、インターネット、メディア分野の戦略コンサルタントとして、世界中のクライアントにアドバイスを提供してきました。アレマン氏は、チューリッヒ大学で法学修士号を取得し、INSEADでAMPを修了しています。

キャスパー・コッペッティ (45) 共同設立者兼エグゼクティブ・コチェアマン

当社の共同創業者の一人であり、2021年4月からOnの共同創業者兼エグゼクティブ・コッペッティを務めています。コッペッティは、2010年1月からOnの共同創業者、会長、グローバル・セールス・ディレクターを務めていました。

Onに入社する前は、2004年から2010年まで、ブランドエージェンシーであるYoung & Rubicam社のマネージングパートナー兼最高戦略責任者を務めていました。また、2001年から2003年にかけて、マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営コンサルタントを務めました。コッペッティ氏は、2018年からInnHub La Punt AGの取締役を務めています。コッペッティ氏は、Dr. Oec. Diplomaをザンクトガレン大学から取得しています。

オリビエ・ベルンハルト (53) 共同設立者兼エグゼクティブ・ディレクター

当社の共同創業者の一人であり、2010年1月にOnを設立して以来、執行役員を務めています。Onに入社する前、ベルンハルトは、世界レベルのレースで活躍するプロのトライアスロン・デュアスロン選手でした。1993年から2005年までの間に、様々な距離のトライアスロンおよびデュアスロン競技において、世界選手権3回、欧州選手権1回、スイス選手権15回のタイトルを獲得しました。

売上・利益

表記は1,000CHF=1,000スイスフラン単位です

ONON F-1/Aより使用

選択された財務および事業データ:2018-2020年および2021年6月30日に終了した6ヶ月間(単位:百万スイスフラン

ONON F-1/Aより使用

当社のビジネスモデルの力と、収益性の高い事業規模の拡大能力は、当社の財務実績に反映されていると考えています。2020年の業績は、売上高425.3百万スイスフラン、売上総利益率54.3%、売上総利益231.1百万スイスフラン、純損失27.5百万スイスフラン、調整後EBITDAマージン11.7%、調整後EBITDA49.8百万スイスフランでした。2021年6月30日に終了した6ヶ月間では、売上高315.5百万スイスフラン、売上総利益率59.3%、売上総利益187.2百万スイスフラン、純利益3.8百万スイスフラン、調整後EBITDAマージン15.0%、調整後EBITDA47.3百万スイスフランでした。

当社は、2018年から2020年まで年率66%で純売上高を成長させ、2018年の純利益が550万スイスフランであったのに対し、2020年には2750万スイスフランの純損失となり、調整後EBITDAは2018年から2020年まで年率74%で成長しましたが、同期間の粗利益率はそれぞれ54.2%、54.3%と横ばいで、調整後EBITDA Marginはそれぞれ10.8%から11.7%に拡大しました。当社は、2019年6月30日に終了した6ヶ月間から2021年6月30日に終了した6ヶ月間まで、年率62.6%で売上高を伸ばし、2019年6月30日に終了した6ヶ月間の純利益が820万スイスフランであったのに対し、2021年6月30日に終了した6ヶ月間の純利益が380万スイスフランであったのに対し、調整後のEBITDAは年率70.3%で成長しました。また、同期間において、当社の売上総利益率は52.9%から59.3%に、調整後EBITDAマージンは13.7%から15.0%に拡大しました。

調整後EBITDAおよび調整後EBITDAマージンは非IFRS指標であり、純利益/(損失)を含むIFRSに準拠して計算・表示される他の財務指標と切り離して、あるいはその代替として考えるべきではありません。2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、380万スイスフランの純利益を計上しました。2020年と2019年は、それぞれ27.5百万スイスフランと1.5百万スイスフランの純損失を計上しました。2018年については、550万スイスフランの純利益を計上しました。

非IFRS指標である調整後EBITDAおよび調整後EBITDAマージンに関する追加情報(これらの非IFRS指標と純利益/(損失)との調整を含む)については、”経営陣による財務状況と業績の検討および分析-非IFRS指標 “を参照してください。

世界60か国以上にファンを持つ。2021年1~6月の売上の36.6%がウェブを中心としたDTC(直販)

Onは、テクノロジー、デザイン、インパクトに根ざしたプレミアム・パフォーマンス・スポーツ・ブランドであり、世界60カ国以上で熱狂的なファンのコミュニティを構築しています。また、2020年および2021年6月30日に終了した6ヵ月間の売上高の37.7%および36.6%を、主にウェブサイトを中心とした消費者直販(DTC)チャネルで占めています。

2010年の創業からCAGR85%で成長

当社は、創業から2020年まで85%の年平均成長率(CAGR)で純売上高を成長させ、2020年12月31日に終了した年度には4億2,530万スイスフランを達成し、世界で最も急速に成長しているスケールの大きいアスレチックスポーツ企業の一つであると考えています。2021年もその成長は続いており、2021年6月30日に終了した6ヶ月間の純売上高は、2020年6月30日に終了した6ヶ月間と比較して84.6%増の3億1,550万スイスフランとなりました。当社は、お客様がどこにいてもプレミアムな製品体験を提供することに注力しており、当社のブランドは世界中のロイヤルカスタマーの共感を得ています。ホームマーケットが小さいスイスの企業として、当社は当初からグローバルな展開を選択し、現在では、特にドイツ(2011年に初参入)、米国(2013年)、日本(2013年)、中国(2018年)、ブラジル(2018年)など、多くの国際市場で急成長を遂げています。世界の大規模なフットウェアおよびアパレル市場におけるこのグローバルなプレゼンスは、当社が将来の成長に向けて有利な立場にあると考えています。

何をしている会社?➡トライアスロンのチャンピオンが共同設立した、クッション性に富んだ靴を中心としたアパレルブランドの販売を行う

トライアスロン・デュアスロンのチャンピオンが開発した、クッション性と爆発的な離陸を体験できるランニングシューズ

プロのアスリートとして、3度の世界チャンピオンと6度のアイアンマンチャンピオンに輝いたオリビエ・ベルンハルトは、完璧なランニング感覚をもたらすランニングシューズの開発に専念しました。このオリビエの探究心が、後にOnのCloudTecテクノロジーとなる、ランニングの経験とエンジニアリングの専門知識の共生を生み出したのです。何十ものプロトタイプが開発されましたが、基本的なコンセプトである「クッション性のある着地と爆発的な離陸」は常に最優先されました。オリビエの友人であるキャスパー・コペッティとデビッド・アレマンは、このユニークな走りの感覚に惹かれ、オリビエの探求に加わることになりました。彼らはオリビエとともに、2010年1月にスイスのチューリッヒでOnを正式に設立しました。

会社設立からわずか1カ月後、Onの初期のプロトタイプが、スポーツ界のイノベーションに与えられる最も重要な賞の一つであるISPO Brand New Awardを受賞しました。テストランナーたちは、雲の上を走っているようだと熱狂しました。2010年7月には、最初のランニング専門店がOnのシューズを店頭に並べました。

以下のような商品があります。詳しくは商品・サービスの項目で記載します。

市場機会

商品・サービス

スイスの伝統とパフォーマンス・デザイン・インパクトで他のスポーツブランドと差別化を図る

私たちは、スイスの伝統と、パフォーマンス、デザイン、インパクトの最先端での革新に注力することが、他のスポーツブランドとの差別化につながると信じています。私たちは、強力なパフォーマンスを発揮するプレミアムな製品を生み出すことを約束します。絶え間ないイノベーションの文化により、CloudTec(2010年)、目的に合わせて設計されたSpeedboard(2013年)、超軽量でありながら汎用性の高いランニングウェアであるLightweight Trail Missiongrip(2016年)、Helion Superfoam(2019年)のほか、Embedded CloudTec(2019年)やInvisible CloudTec(2020年)など、数々の画期的な技術を繰り返し導入してきました。これらのイノベーションは、ランニングの体験を変えることを目的としており、新製品を市場に投入することで、ファンの皆様に継続的な興奮をお届けします。

製品は全てスイスで製造。2020年には 100%リサイクル可能な初のシューズ「Cyclon(サイクロン)」を発表

私たちの製品はすべてスイスで製造されており、社内の研究開発チームが製品の革新、エンジニアリング、デザイン、テストに取り組んでいます。アルプスの地で伝統を受け継いできた当社にとって、環境に良い影響を与えることは、創業以来、ビジネスの中核をなす価値観です。Onは、好ましい素材の使用、二酸化炭素(以下、CO2)の削減、ライフサイクルの循環性に特に重点を置き、すべての活動における環境フットプリントの最小化を目指しています。2020年には、100%リサイクル可能な初のシューズ「Cyclon(サイクロン)」を発表しました。このシューズは、革新的な月額制のサブスクリプションモデルでのみ購入できます。画期的なデザインとサブスクリプションモデルにより、Cyclonはすでに2021年ISPOアワードのプロダクト・オブ・ザ・イヤーとサステナビリティ・アチーブメントを受賞しています。

靴に加え、ランニングジャケット、ランニングショーツ、スウェットパンツなどを提供する

アスリートたちは、パフォーマンスを楽に見せるためには多大な努力が必要であることを知っています。Onのアパレルシリーズは、超軽量で伸縮性のある素材、インテリジェントに設計された主要なディテール、トラックでもストリートでも同じようにデザインされたスタイルを備えています。エッセンシャルズ」シリーズには、ランニングジャケット、ランニングショーツ、スウェットパンツなどのアイテムがあり、ランニング中や探索中、あるいは単に一日中活動するときにも着用できる汎用性があるため、ファンに支持され、リピート購入され続けているのだと思います。

ホームページで確認したところ、他にもソックス、キャップなど身につけるもの全般を品揃えしています。

自社のイノベーションが生み出す高機能製品群

Onは創業以来、「走る」という感覚に革命を起こすことを目標としてきました。人体の最も基本的な機能の一つであるランニングの感覚を変えるには、革新的なアプローチが必要でした。アスリートや消費者のパフォーマンスを向上させ、よりスマートなデザイン思考を製品に適用し、より持続可能な未来への道を切り開くことを目指して、パフォーマンス、デザイン、インパクトの分野にイノベーションの取り組みを行っています。

2010年、私たちは革新的な特許技術であるCloudTec(クラウドテック)を世界に紹介しました。それ以来、私たちは継続的に技術革新を行い、受賞歴のある製品や独自技術の幅広いポートフォリオを構築してきました。2010年には、他社に先駆けて、すべてのシューズにフレックスプレートを採用しました。2013年には、衝撃力を爆発的なプッシュオフに移行させるために、目的に応じて射出成形された初の「スピードボード」を発表しました。2014年にはZero-Gravityアウトソールを採用したCloudモデルを発表し、超軽量の製品を提供しました。その後、2016年に「Missiongrip」を開発し、トレイルやアウトドアに「On」をもたらすとともに、先進的なファブリックを使用した初の多目的超軽量ランニングウェア「Hybrid Short and Lightweight Jacket」を発表しました。2019年には、Helion superfoamを導入し、パフォーマンスを損なうことなく、シューズにさらに優れたクッション性を加えました。2019年にCloudstratusを導入し、特許取得済みのシーケンシャルCloudTecソリューションを採用することで、さらなるサポートを求めるランナーに、再び追加のクッション性を提供しました。2020年には、カーボンを配合したスピードボードを最適化した「Cloudboom」を発売し、プロのアスリートや競技者をサポートしました。同年、「The Roger」のフランチャイズを立ち上げ、CloudTecは横方向の動きにも対応し、Onの革新的なウォーキングやランニングの感覚を失うことなく、完全に目立たないように設計できることを確立しました。

社内の研究開発チームには、スポーツ科学者、エンジニア、素材の専門家、デザイナーなどの優秀なメンバーが揃っており、チューリッヒとホーチミン市にあるOn Labsで活動しています。Onチームの製品ビジョン、ワールドクラスのアスリートのニーズ、お客様からのフィードバック、素材や製造技術の進歩に触発され、常に革新的な製品を提供することを目指しています。また、スイス連邦工科大学やフラウンホーファー研究機構などの一流大学や、革新的なサプライヤーと提携し、新技術を共同開発して市場に導入しています。これらのイノベーションとそのパフォーマンスにより、Onは世界的なアスリート、アマチュアランナー、そしてパフォーマンスを追求するフットウェア、スポーツウェア、アクセサリーを求めるお客様に信頼されるブランドとして確立してきました。

Onでは、ストリートスニーカーにランニングテクノロジーを取り入れたり、ハイキングジャケットにストレッチ性やランニングに適した通気性を持たせたりするなど、パフォーマンスを高めるテクノロジーを搭載することで、各製品に特別なアドバンテージを与えることを目指しています。On製品は、エンジニアリングソリューションとスイスのミニマリストデザインの美学を相乗的に組み合わせることで、アイコニックなデザインと多用途性を実現しています。イノベーション、デザイン、スイスの品質への絶え間ないこだわりが、プレミアムな価格帯を維持し、お客様のリピート購入を促す先進的な製品を生み出していると信じています。

オーセンティックでプレミアムなグローバルスポーツブランド

Onブランドは、革新的で、スポーツと動きが人間の精神に火をつけ、高めてくれるという信念で定義されています。

スイスアルプスの近くに位置するチューリッヒにルーツを持つOnとそのチームは、設立当初からアウトドアや自然、運動に対する特別な思いを抱いていました。また、スイス国内の市場は比較的小さいため、Onは初期の段階で国際的な展開を目指していました。Onのスイスの伝統は、スイスで開発された技術やデザイン、インパクトへのこだわり、そしてすでに達成した世界的な知名度など、ブランドのさまざまな側面に強く反映されています。

私たちは、世界的に有名なアスリートやブランドアンバサダーのグローバルチームから早くから支援を受けてきました。彼らは、スポーツ界の大舞台で卓越したパフォーマンスを披露することで、Onのイノベーションの進歩をアピールし続けています。2016年にオリンピックトライアスロンで銀メダルを獲得したニコラ・スピリグ選手や、2019年にトライアスロン世界チャンピオン・ロングディスタンスになったハビエル・ゴメス・ノヤ選手など、自分の限界に挑戦するアスリートたちは、当社のブランドを信頼しています。

さらに最近では、チャンピオンを目指すアスリートをサポートすることを目的に、Onと8人のワールドクラスのランナーで構成されるチームとのパートナーシップであるOn Athletics Club(以下、OAC)を結成しました。このようなアスリートたちのニーズが、私たちのブランドの基盤を強化する製品の革新と開発を促しているのです。

Onの初期の成功は、口コミでの推奨によるものでした。私たちは、急速に成長しているデジタルチャネル、ソーシャルネットワーキングメディア、パブリックリレーションズを通じてストーリーテリングを展開し続けてきましたが、これは従来の広告よりも信頼性が高く、効果的なブランドマーケティング戦略であることが証明されています。私たちの旅では、感動的なストーリー、没入感のあるイベントシリーズ、長編受賞作品、教育的な小売体験、考え抜かれたユーザーインターフェースなどを通じて、グローバルコミュニティとの深いつながりを形成してきました。お客様との深いつながりは、ブランドへの愛着、エンゲージメントのレベル、業界最高水準のロイヤルティが証明していると考えています。その過程で、ストーリーテリングに情熱を持った100人以上の才能あるクリエイティブチームメンバーを採用し、アスリート、エンジニア、プロダクトデザイナーと密接に協力しながら、製品のパフォーマンスと体験に命を吹き込んできました。このように、パフォーマンス、エンジニアリング、デザイン、そしてクリエイティビティが、チーム・オンでは切っても切れない絆で結ばれているのです。ここ数年、ニューヨーク・タイムズ紙のスポーツ面に掲載された記事や、50万人以上のファンがライブで視聴したデジタル放送、ニューヨーク、東京、上海のテイストメーカーのドアの前にスニーカーファンの行列ができるなど、Onブランドは大きな注目を集めています。

生産体制 フットウェアの97%はベトナムで生産

当初から、将来の成長を効率的にサポートするために、適切な製造、物流、データ機能を備えた、拡張性と適応性のある運営インフラを構築することが重要でした。貨物輸送、倉庫管理、物流は、創業時からの信頼できるパートナーに委託しています。当社の製造拠点は東南アジアに集中しており、ほとんどの製品はベトナムで生産されています。2020年には、フットウェアの97%がベトナムで生産され、残りはインドネシアで生産され、2021年6月30日に終了した6ヶ月間では、フットウェア製品のすべてがベトナムで生産されました。信頼、革新、品質、リードタイム、柔軟性、自動化、社会的責任、インパクトは、フットウェアおよびアパレル工場との長年のパートナーシップにおける当社の重要な重点分野です。ベトナムの社内チームはパートナーと協力し、当社がデザイン、革新、開発するすべてのプレミアム製品の品質を保証しています。2020年および2021年6月30日に終了した6ヵ月間において、当社のアパレルおよびアクセサリー製品の約63%および38%が中国で生産され、残りはベトナムとヨーロッパで生産されています。

顧客

プロのアスリートの忠実な支持により、アマチュアのランナーやその他のファンがOnのコミュニティに参加

Onは、プロのアスリートの忠実な支持により、アマチュアのランナーやその他のファンが、日々拡大しているOnのコミュニティに参加することで、信頼性の上に成り立っています。このコミュニティは、ランニングクラブ、週末のジョギング、コーヒーショップへのお出かけ、あるいは最高レベルの競技会に参加するなど、情熱に満ちています。当社のネット・プロモーター・スコア(以下、NPS)66は、調査対象となったすべての消費者向けブランドの中で最高レベルであり、75%以上のお客様がOnを友人に勧めています。

ランナーをはじめ、日常生活でも使われる

Onのフットウェアとスポーツアパレルの卓越したパフォーマンス、快適性、デザインにより、ランナーをはじめ、より多くの消費者がOnの製品を日常生活に取り入れています。私たちは、アクティブなライフスタイルや、自然やトレイルを探索するためのパフォーマンス製品を作ることで、彼らの強い要望をサポートしてきました。機能と美観を融合させた「パフォーマンス・オールデイ」シリーズには、2019年にロジャー・フェデラーが積極的な共同起業家としてOnに参加し、投資家として参加した後、ロジャー・フェデラーとともに開発してきた「ザ・ロジャー」フランチャイズも含まれています。ロジャーと一緒に競技用テニスシューズを開発する中で、彼はOnの特許技術をテニススニーカーファミリーに拡張して、古くからあるテニススニーカーの作り方を再発明することを提案しました。これは当社のパフォーマンス製品の提供を豊かにするものであり、ロジャーのプロスポーツ選手としての視点や洞察力は、当社の製品開発、マーケティング、ファン体験の向上に役立つと考えています。パフォーマンス・アウトドア製品は、山に挑戦するための新しいアプローチを採用しています。軽くて速い、従来のアウトドア用品の重さやかさばりから解放されるように設計されたシューズやアウトドアウェアです。

愛するファンのグローバルコミュニティ

Onは、何百万人ものグローバルコミュニティを持つ、愛されるランニングブランドです。私たちのコミュニティの基盤となっているのは、マラソンをする人から週末ジョギングをする人まで、さまざまなランナーとの関係です。地域のランクルーのためにイベントを開催するというグローバルな取り組みは、忠誠心の強いファンが当社ブランドの支持者になることをさらに後押しし、2019年には132のイベントを開催しました。当社の製品に対するお客様の親近感は、当社のお客様の43%がOnのシューズを2足以上所有しており、75%がOnを誰かに勧めたことがあるという事実によって示されています。当社のファンはソーシャルメディアを通じても高い関心を寄せており、Instagramでは3.5%のユーザーが当社の投稿に対して行動を起こしています。

設立からわずか10年余りにもかかわらず、Onは世界的に大きな影響力を持っており、2020年の純売上高の49%が北米のお客様、44%が欧州のお客様、5%がアジア太平洋地域のお客様、残りの2%がその他の地域のお客様となっています。2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、売上高の52%が北米のお客様、41%が欧州のお客様、6%がアジア太平洋地域のお客様、残りの1%がその他の地域のお客様に対するものでした。Onブランドと当社製品は世界中の消費者に強く共感されていると考えており、主要な市場で非常に高い成長率を示しています。2019年と比較して、COVID-19のパンデミックによるマイナスの影響と、2019年の150万スイスフランの純損失に対し、2020年には2,750万スイスフランの純損失が発生するにもかかわらず、2019年と比較した2020年の純売上高の成長率は、欧州で46%、北米で86%、アジア太平洋地域で29%でした。2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、2020年6月30日に終了した6ヵ月間の純損失3,310万スイスフランに対し、380万スイスフランの純利益を計上し、2020年6月30日に終了した6ヵ月間と比較した2021年6月30日に終了した6ヵ月間の純売上高の成長率は、欧州で56%、北米で105%、アジア太平洋地域で154%でした。

私たちのコミュニティが成長するにつれ、ランニングやトレイルのアスリートだけでなく、アウトドア愛好家や旅行の探求者、アクティブなライフスタイルを持つ消費者にまでリーチを広げることに成功しました。私たちは、他に類を見ない本物の消費者体験を提供するための妥協のないアプローチが、性別や世代を超えた広範で多様なグローバル消費者層の共感を得ていると信じています。このグローバルコミュニティこそが、私たちの「草の根」マーケティングの原動力であり、イノベーションのインスピレーションの源なのです。

補完性の高いマルチチャネル・ディストリビューション戦略(販路について)

当社は、DTCチャネルとホールセールチャネルは非常に補完的であり、ブランド力を高めるものであると考えています。

当社のDTCチャネルは、2020年および2021年6月30日に終了した6ヵ月間の純売上高のそれぞれ37.7%と36.6%を占めており、主に当社独自のEコマースプラットフォームで構成されていますが、中国のTmallおよびJD.comでのプラットフォーム、最近オープンしたニューヨークの旗艦店、中国の4つの小売店も含まれています。当社のE-コマースの普及率は、世界の主要なアスレチックフットウェアメーカーと比較しても、市場をリードしていると考えています。2020年には、当社のEコマースプラットフォームは6,040万件以上の訪問を記録し、2019年と比較して136%の増加となりました。2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、当社のEコマースプラットフォームは3,890万人以上の訪問を記録し、2020年6月30日に終了した6ヵ月間と比較して36.8%の増加となりました。当社のDTCチャネルは最も成長しているチャネルであり、ホールセールチャネルよりも高い粗利益率を実現しています。

当社の革新的な文化は、店舗での体験にも及んでいます。ニューヨークにある当社の旗艦店では、探索的で没入感のある、技術を駆使した体験をお客様に提供しています。店内には「マジックウォール」が設置されており、お客様のランニングスタイルをリアルタイムでスキャンし、お客様独自のランニング属性を50,000回以上のランのデータベースと照合することで、お客様のランニングスタイルやニーズにぴったりのOnシューズを見つけることができます。この技術に代表されるイノベーションとパーソナライゼーションは、当社のビジネスの中核であり、お客様からも高く評価されていると考えています。

ホールセールチャネルは、2020年および2021年6月30日に終了した6ヵ月間の売上高のそれぞれ62.3%および63.4%を占めており、ランニング、アウトドア、ファッション、ライフスタイルの専門店の中でも特に厳選された小売店と強い関係を築いています。また、ランニング、アウトドア、ファッション、ライフスタイルの各分野において、最も厳選された小売店との強固な関係を構築しています。2021年6月30日現在、当社の製品は、50カ国以上の約8,100の小売店で販売されています。また、1,300以上の専用On shop-in-shopsやブランドコーナーでは、消費者が卸売先で当社ブランドと実際に触れ合うことができます。当社のホールセールパートナーの大半は、小売店舗数が5店舗以下の高級専門店であり、それぞれの地域社会においてOnの信頼性を確立し、強化するために重要な役割を果たしています。

成長戦略

ブランド認知度とコミュニティの拡大

強力な消費者動向は、約3,000億ドル規模の世界のスポーツウェア産業を引き続き拡大させ、当社の差別化された製品と愛用者のコミュニティへのアピールが市場シェアの拡大につながると考えています。私たちのブランドは今日、世界的に認知されています。私たちのブランドは現在世界的に認知されており、ブランド認知度をさらに高め、コミュニティの規模と幅を拡大する大きな機会があります。過去10年間で国際的に大きく成長してきましたが、スイス以外の国では、単独でのブランド認知度は既存のスポーツウェアの同業他社を下回っており、前途洋々としています。

口コミ、アスリート、インフルエンサー、流行に敏感な人たち、そしてランナーや探検家のグローバルコミュニティから得られる信頼性は、Onブランドを有機的かつ信頼性の高い形で成長させる上で非常に価値のあるものです。現在、そして将来的にブランドの認知度をさらに高めるために、社内のエージェンシーチームは以下の戦略に注力します。

デジタルおよびソーシャル・メディア。デジタルおよびソーシャルメディア:ストーリーテリング、アスリート、物理的およびデジタル的なライブイベントによって急速に成長している社会的存在である当社は、多くの視聴者を通じてブランド親和性を高めることができます。ソーシャルメディアサイトでの当社ブランドの言及数をランニング業界の競合他社と比較して測定する当社の高いシェアオブボイスは、当社のグローバルコミュニティのメンバーが当社のチャンネル内で積極的に活動していることを示しており、また、自分のオーディエンスに対してOnを宣伝し、コミュニティ体験を高めるためのヒントやアドバイスを提供しています。

アスリートからの支持 アスリートからの支持:プロのアスリートが最も過酷な環境下で当社のシューズを信頼してくれること以上に、当社の製品を評価してくれるものはありません。陸上競技のオリンピック選手やワールドチャンピオンは、当社の製品を愛用し、世界の舞台で誇らしげに展示しています。同時に、アスリートたちは、文化的な影響を与えるための広報活動の機会を生み出す、中核的なスポーツのストーリーテリングの機会を生み出します。

草の根。草の根:「試着」という体験は、私たちが製品の利点と性能の主張の真実性を示すための有用なツールであることがわかっています。5kmランチームの「Squad Races」や毎年開催される「Run Your Local Mountain」など、世界的に展開されているイベントシリーズを立ち上げることで、何千人ものアクティブなランナーに当社ブランドを試してもらい、発見してもらいました。さらに発展させ、新しいフォーマットを追加することで、私たちのコミュニティをさらに拡大していく予定です。

社内のエージェンシーチームは、プレミアム製品のストーリーテリング、革新的な新サービス、本物のコミュニティの成長、共有可能な瞬間などの意思決定に直接組み込まれるよう、ビジネス全体で協力しています。私たちのマーケティング哲学の核心は、製品を愛してくれる人たちと仕事をすることであり、それが私たちの高いマーケティング効率と信頼性を支えていると信じています。

コントロールされたマルチチャネルでの成長を通じた地理的フットプリントの拡大

当社は、ほぼすべての国際市場において成長段階にあり、継続的に市場シェアを拡大する機会があると考えています。近年は純損失を計上していますが、過去には新規市場への参入に伴い、大幅な純売上高の増加を達成してきました。例えば、Onは2013年に米国に進出し、2020年には202百万スイスフラン2021年6月30日に終了した6ヶ月間には157百万スイスフランまで純売上を伸ばしました。ホームマーケットであるスイスでは、2020年に5,200万スイスフラン2021年6月30日までの6ヶ月間に2,700万スイスフランまで純売上高を伸ばしています。2018年に中国に進出し、同地域での純売上高を2019年の180万スイスフランから2020年の550万スイスフランへと199%成長させました。2021年6月30日に終了した6ヶ月間においても、これらの国際市場での純売上高の成長は続いており、同期間の純売上高のうち中国は800万スイスフランを占めています。

2020年売上 F-1よりデータ使用 自作

真のマルチチャネル戦略を開拓することが、最終的には優れた成果、顧客獲得コストの低減、顧客維持率とリピート購入率の向上につながると考えています。当社のホールセールチャネルとDTCチャネルは、常にお客様を第一に考えているため、お互いにメリットがあります。私たちは、どのようなお客様を獲得したいのか、そのお客様に優れた体験をお届けするためには、どのような獲得チャネルが最も効率的なのかを自問します。そして、オンラインであれ実店舗であれ、お客様が買い物をする場所であればどこでも、その優れた体験を提供することを目指しています。

当社は、ホールセールおよびDTCチャネルにおいて、プレミアムな顧客体験を損なうことなく、新たな顧客層を開拓し、グローバルな事業展開を継続していくつもりです。

ホールセールチャネルの拡大。卸売りチャネルの拡大:ブランドを補完する厳選された小売店パートナーを通じて、新規顧客の獲得と新規市場への参入を図るため、慎重にアプローチしていきます。開始しました。ホールセールチャネルの拡大:ブランドを補完する厳選されたリテールパートナーを通じて、新規顧客の獲得と新規市場への参入を目指します。

追加のドア。新たなドア:成熟していない市場だけでなく、多くの既存市場においても、新たな顧客層を開拓することで、プレミアムドアに参入する大きな余地があると考えています。私たちは、意識的にドアの拡大を選択し、よりプレミアムなドアでの展開を重視してきました。

ドア1枚あたりの売上の向上。ドア1枚あたりの売上向上:ホールセールパートナーの皆様に優れたOnブランド体験を(オンラインおよびオフラインで)提供することで、ドア1枚あたりの売上を向上させる余地があると考えています。さらに、品揃えや在庫を計画し、それぞれの消費者に対応するチャネルで適切な商品を揃えられるようにするなど、パートナーと非常に統合的な方法で協力していくことを目指しています。

DTCチャネルの拡大。マルチチャネル展開の第二の柱は、デジタルとフィジカルの両方で展開するDTCチャネルです。このような顧客体験は、長期的にはDTCチャネルのシェア拡大につながると考えていますが、短期的にはCOVID-19パンデミックの期間と影響、およびCOVID-19発生直後の消費者行動に左右されます。当社のDTC事業は、2020年および2021年6月30日に終了した6ヵ月間の当社純売上高のそれぞれ37.7%および36.6%を占めています。

デジタル。デジタル:規模を拡大したDTCのEコマース事業は、2020年に約90万人のアクティブ顧客を獲得しました。私たちは、新規顧客の獲得だけでなく、リピート購入を促進する十分な機会があると考えています。お客様を知り、長期にわたって優れた体験を提供できるかどうかが鍵となります。歴史的に見ても、当社がデジタルチャネルの成長を達成できたのは、広告費に対する優れたリターンを実現する能力と、オーガニックとインオーガニックの健全なバランスによる拡大のおかげです。私たちは、デジタル体験をさらに向上させるために、今後も力強い成長を目指していきます。

実店舗: 当社は、ブランドと商品を紹介するための実店舗を厳選して建設する予定です。これにより、地域コミュニティの強化、世界中の旅行者への訴求、ブランドの認知度向上につながると考えています。実店舗では、テクノロジーを駆使し、お客様一人ひとりに合わせたサービスを提供することで、お客様に豊かな体験をしていただくことを目指しています。私たちは、2020年に最初の旗艦店をニューヨークにオープンしましたが、世界の主要都市に旗艦店を設置し、非常に選択的な存在になることを意図しています。中国では、小売店が重要な成長の柱になると考えています。現在、上海と成都でモール型のモノブランドショップを4店舗運営しており、2021年には中国で同様のフォーマットの店舗を追加オープンする準備を進めています。私たちは主に、Onにつながると思われるお客様と直接つながることができる主要都市のプレミアムショッピングロケーションをターゲットにしています。私たちのマルチチャネル・アプローチは、フィジカルおよびデジタルDTCの売上を相乗的に向上させると確信しています。

イノベーション・リーダーシップの発揮による製品ポートフォリオの拡充

私たちは、動きをより楽に、より快適にすることを目指してOnを設立しました。2010年の創業以来、私たちは、ランナーとそのシューズ以外にも焦点を広げてきました。私たちのイノベーションチームは、スイスで開発された技術を、ランニング中や探検中、あるいは単に一日の活動中に着用できる製品に盛り込んでいます。私たちは、ランニングにおける専門知識を活用して、フィットネス、日常使い、アウトドア、そして最近ではテニスなど、隣接するライフスタイルにおける製品の機能性を向上させ、製品ポートフォリオをフットウェアからアパレルやアクセサリーへと広げることができると考えています。当社は今後もランニングに深く根ざしていくことを期待していますが、世界中の消費者が当社の他の製品に関心を示しており、Onの総アドレス可能市場を大幅に拡大しています。

オペレーショナル・エクセレンスの継続的な推進

事業の拡大にともない、当社のブランドと強力なビジネスモデルを活用して、以下の方法で業務の効率化を図り、財務および営業成績を改善していきます。

製品開発のインソーシングとベトナム・欧州連合自由貿易協定の締結。当社は、2020年に製品開発の外部委託を完了しました。その結果、2021年時点で購入したすべての製品は、ソーシング料の対象外となりました。2020年8月現在、EUとベトナムの間で新たに締結された自由貿易協定の恩恵を受けています。本格的な影響は2021年に現れ、今後も利益率にプラスの影響を与えるものと期待しています。

好調なチャネルの収益性とミックス。当社は、E-コマースや厳選された小売店の収益性の高い展開をサポートできる高価値市場において、DTCチャネルを拡大していきたいと考えています。これにより、E-コマース主導のDTCチャネルにおける高水準の粗利益率を維持することができると考えています。

代理店市場の転換。2021年6月30日時点で、Onは25カ国の販売パートナーと協力しています。当社の成長に伴い、これらの販売代理店市場の一部を直接小売販売システムに移行することを期待しています。これにより、当社はより効率的に、顧客体験に大きな影響を与えることができます。

営業レバレッジ。当社は、事業のあらゆる分野で成長に先んじた投資を行い、設計・製造、マルチチャネル販売、企業インフラなど、拡張性の高いビジネスプロセスを構築してきました。当社の成長軌道を継続することで、規模の経済を実現できると期待しています。同時に、地理的および製品的な拡大の一環として、ビジネスのあらゆる分野への投資を継続していく予定です。

将来に向けては、これらの取り組みが成長のための強固な基盤となり、市場シェアを獲得し続けることができると確信しています。

競合:フットウェア、アパレル、アクセサリーの卸売業者や直接販売店 など

フットウェア、アパレル、アクセサリーの卸売業者や直接販売店と直接競合します。また、市場が細分化されているため、フットウェア、アパレル、アクセサリーを専門としない業者を含む他のアパレル販売業者とも競合しています

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

たくさん記載していますが、リスクが多いというより事業を理解するうえでポイントとなりそうな点を列挙しています。

リスク要因① フットウェア、アパレル、アクセサリーという単一カテゴリーへの事業集中リスク

当社の事業は、フットウェア、アパレルおよびアクセサリーという単一の自由裁量製品カテゴリーに大きく集中しているため、当社の売上、収益性および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある消費者嗜好の変化の影響を受けやすくなっています。

当社の事業は現在、多角化されておらず、主にフットウェア、アパレルおよびアクセサリーのデザインと販売で構成されています。2020年には、季節を問わず当社の主要製品カテゴリーであるフットウェアが30以上のスタイルで構成され、売上の大部分を占めていました。消費者の嗜好はしばしば急速に変化し、当社製品に対する需要は、当社のプレミアム製品に高い価格を支払っていただけるお客様を引き付けることができるかどうかに大きく左右されます。

リスク要因② お客様がランニングなどの特定の運動目的のためにデザインされたフットウェア、アパレル、アクセサリーを求め続けるかどうかに大きく依存するリスク

フットウェア、アパレル、アクセサリーの売上は継続的に増加しない可能性があり、その結果、ビジネスを革新し成長させる当社の能力が損なわれる可能性があります。

フットウェア、アパレル、アクセサリーの売上が継続的に増加するかどうかは、お客様がランニングなどの特定の運動目的のためにデザインされたフットウェア、アパレル、アクセサリーを求め続けるかどうかに大きく依存すると考えています。フットウェア、アパレル、アクセサリーを求めるお客様の数が引き続き増加しない場合、健康やウェルネスへの関心の高まりやそれに伴う運動量の増加がおさまった場合、ハイテクフットウェア、アパレル、アクセサリーの魅力が低下し、当社のアスレチックフットウェアやテクニカルフットウェア、アパレル、アクセサリーのスタイルが流行遅れとなります。当社のアスレチック・テクニカルフットウェア、アパレル、アクセサリーのスタイルが顧客の間で流行遅れになったり、運動をしている顧客が当社のフットウェア、アパレル、アクセサリーが従来の代替品よりも優れた選択肢であると納得しなかった場合、当社の事業を革新し成長させる能力が著しく損なわれ、当社の事業、業績、財務状況および当社のAクラス普通株式の価格に悪影響を及ぼす可能性があります。

リスク要因③ 新規市場への参入リスク

新規市場における当社の限られた営業経験とブランド認知度は、当社の拡大戦略を制限し、当社の事業と成長を阻害する可能性があります。

当社の将来の成長は、当社の市場拡大への取り組みと、当社が魅力的だと考える世界各地の新規市場への参入の成功に大きく依存しています。当社はスイスに本社を置いていますが、フットウェア、アパレル、アクセサリーを世界中で販売しています。2020年12月31日に終了した年度において、当社の売上高の49%、44%、5%が、それぞれ北米、欧州、アジアのお客様に対するものでした。また、2021年6月30日に終了した6ヵ月間では、売上高の52%、41%、6%が、それぞれ北米、欧州、アジアの顧客に対するものでした。また、当社は欧州および米国以外の地域における規制環境や市場慣行については限られた経験しか持っておらず、このような市場への進出や事業の成功を保証するものではありません。特に米国における初期の事業拡大に関連して、関税や人件費の増加、ならびに一般的に新規の異なる事業要件に起因する事業コストの増加に直面しました。世界各地での継続的な事業拡大に関連して、文化的・言語的な相違、規制環境や市場慣行の相違、市場・事業・技術開発や海外顧客の動向を把握することの難しさなど、様々な障害に遭遇しており、今後も遭遇することが予想されます。

リスク要因④ マーケティングの成功に関するリスク

草の根的なマーケティング活動が成功しなければ、当社のビジネス、業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。また、スポーツ・マーケティング・スポンサーシップのコストとリターンがより困難になり、これが当社のブランドイメージの価値に影響を与える可能性があります。

当社は、当社ブランドを宣伝するために、主に草の根レベルのマーケティング活動に依存しています。このような活動には、当社の共同事業者であるロジャー・フェデラーのような厳選されたプレミアムブランドパートナーや、当社がアンバサダーとして選んだ地元のアスリートとの協力が含まれます。アンバサダーは、私たちのブランドや文化を、店舗周辺のコミュニティに紹介してくれます。草の根のマーケティング活動は、それぞれの市場に合わせて行わなければならず、そのためには継続的な注意と資源が必要となります。例えば、新規市場と既存市場のそれぞれで、適切なアンバサダーをうまく見つけなければなりません。当社の将来の成長と収益性、およびプレミアム・ブランドの活性化(特にランニング・コミュニティにおける)は、こうした草の根レベルのマーケティング活動の有効性と効率性に左右されます。

当社のマーケティング戦略の一環として、ロジャー・フェデラーや世界中の様々なトライアスロン選手など、プロスポーツ選手やオリンピック選手と当社製品との間に消費者市場でのつながりを構築することがありますが、その結果、当社はさらなるリスクに直面することになります。セレブリティ・エンドーサーを失った場合、あるいはセレブリティ・エンドーサーが当社の評判(実際のものであれ、認識されたものであれ)を損なうような活動を行った場合、当社のブランドおよびビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。

リスク要因⑤ 小売店のパートナーや顧客の財務状況から悪影響を受けるリスク

小売店のパートナーや顧客の財務状況から悪影響を受ける可能性があります。

当社は小売パートナーに対して、顧客の財務状況を評価した上で、通常は担保を要求せずに信用供与を行っています。当社は、製品の生産および出荷のスケジューリングを支援するために、一部の顧客に対して、納入の5〜6ヵ月前に注文する機会を提供しています(先物注文プログラム)。これらの事前注文は一定の条件の下で取り消される可能性があり、財政的に不安定な小売店や経済的不確実性に悩む小売店との取引では、取り消されるリスクが高まる可能性があります

リスク要因⑥ COVID-19パンデミックに伴う、サプライヤーの操業中断・停止リスク

COVID-19のパンデミックとそれに関連する政府、民間企業および個人消費者による対応は、当社の事業運営、仕入先およびその他のビジネス・パートナーの事業運営、店舗の混雑状況、従業員の稼働率、および当社の財政状態、流動性およびキャッシュ・フローに悪影響を与えており、今後も悪影響を与える可能性があります。

COVID-19のパンデミックの発生は、世界保健機関(WHO)によりパンデミックと宣言され、世界中に広がっています。関連する政府および民間企業の対応は、当社および当社のサプライヤーやその他のビジネス・パートナーの事業活動に大きな影響を与えており、今後も予見可能な将来にわたって影響を与え続ける可能性があります。

当社は過去にも、そして今後も、COVID-19に関連した事業の混乱(調達、サプライチェーン、製造施設、物流施設の混乱を含む)によって悪影響を受けます。例えば、2020年にCOVID-19が流行したことにより、当社の一部のサプライヤーの施設で操業が中断または一時的に停止し、当社の一部の倉庫では混乱が生じたり、生産能力が低下したりしました。さらに、フットウェアのサプライヤーベースをベトナム以外に拡大する計画を遅らせる原因となりました。さらに、2020年に当社のフットウェアの97%を生産し、当社のサプライヤーの製造施設の多くが所在するベトナムなど、特定の国でCOVID-19の症例が最近急増しており、これらの施設の強制閉鎖が続いているほか、ベトナム政府が導入した制限措置により現地での貨物輸送に大きな支障が生じており、その結果、当社のサプライチェーンや事業運営に混乱が生じています。こうした強制的な閉鎖や貨物の混乱がいつ解消されるかは保証されておらず、仮に解消されたとしても、将来的に追加の制限が生じる可能性があります。これらの混乱は、2021年および2022年の残りの期間、当社の事業、財務状況、業績に悪影響を与え続けると予想しています。

リスク要因⑦ 新規取り扱い店舗の減少から成長鈍化となるリスク

当社は2010年の設立以来、急速に事業を拡大してきましたが、現在の規模での事業経験は限られています。当社は、2010年にスイスで小売パートナーとともに1号店をオープンし、2013年には米国で小売パートナーを通じて1号店をオープンしました。2019年後半には、当社が所有・運営する最初の小売店が中国にオープンし、続いて2020年にはニューヨークに旗艦店をオープンしました。当社は、創業から2020年までの間、純売上高の大幅な成長を遂げてきました。今後、当社製品を取り扱う新規店舗の数が、より大きな小売店ベースと比較して減少するため、当社の純売上高の成長率は鈍化すると予想しています。

S-1をみて、個人的に気になった点

スイスが売り上げのメインということで単純に人口はどのくらいか調べてい見たら約870万人でした。

日本でいうと中国地方が700万人くらいなので、そのぐらいの規模間の中で爆発的に人気があり、世界的にもシェアを伸ばしている、と考えると、まだまだ伸長余地はありそうです。

一方気になるのは、以下後輩とのやり取りです。

画像

もうすでに結構有名で、決して東京でしか手に入らないようなブランドではなく、地方でも入手可能という点です。もちろん、日本だけで売っているわけではないので、日本の例ということはあくまで参考の一部にしかならないと思いますが、リスク要因⑦で記載してある成長率の鈍化、とりわけ大手量販店での取り扱い拡大のパイはそこまで残っていないのかな、と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました