【米国株】Git Lab ギットラブ NASDAQ:GTLB IPO目論見書S-1まとめ

米国株IPO目論見書S-1/F-1

Git Labはソフトウェア開発サイクルタイムを短縮することで、ビジネス価値を創造し革新する顧客の能力を加速するために「DevOpsプラットフォーム」を設計している企業です。IPO目論見書S-1をまとめました。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

Git Lab ギットラブ NASDAQ:GTLB IPO目論見書S-1まとめ

  • DevOpsプラットフォーム を設計する企業
  • プラットフォームはプロジェクト計画、ソースコード管理、CI/CD、セキュリティを兼ね備える
  • 他の企業が使っているベストプラクティスを使用して、インフラストラクチャの自動化ができる
  • 直近2021年2-7月の6か月は売上+69%成長
  • 2021年7月時点NRR151%

日本語のウェビナーがありましたので掲載しておきます。

creationlineさんがGit Labのリセラーパートナーとして2017年~Git Labの日本語の情報を提供されているようです。

日本での取り扱い証券会社:SBI証券

SBI証券(取り扱いあり)

楽天証券(確認中)

マネックス証券(確認中)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

大手ネット証券会社は郵送不要で自宅からでも口座開設が可能です。

上場予定日はいつ?株価は? ギットラブのIPO公募価格、上場初値は?(公開価格:55-60ドル→66-69ドル→77ドル) (上場初値:94.25ドル)上場市場:NASDAQ 上場予定日:10月14日

77ドルで値決めです。上場初値は94.25ドルでした。

引受幹事企業:ゴールドマンサックスなど

引受幹事
  • ゴールドマンサックス
  • JPモルガン
  • バンクオブアメリカ証券
  • UBS
  • RBCキャピタルマーケッツ
  • トゥーリスト証券
  • パイパーサンドラー

などです

経営者:シット シブラディ

シット シブラディ (42)最高経営責任者

  • 創業者であり、2014年9月から当社の最高経営責任者および取締役会のメンバー、2021年3月からは取締役会の会長を務めています。
  • 2008年1月から2012年8月まで、Sijbrandijはソフトウェア会社であるComcoaster社の創業者を務めました。
  • 2009年8月から2012年1月までは、オランダの安全・司法省であるMinisterie van Justitieのソフトウェアアーキテクトとしても非常勤で勤務していました。
  • 2003年11月から2007年12月までは、レクリエーション用潜水艇の会社であるU-Boat Worx B.V.のオペレーション・ディレクターを務めました。
  • Sijbrandijは、トゥエンテ大学で経営科学の学士号と修士号を取得しています。

ブライアン・ロビンズ (51) 最高財務責任者

  • 2020年10月から当社の最高財務責任者を務めています。
  • 2019年4月以降、ソフトウェア、情報サービス、テクノロジーを活用したサービスに特化した投資会社であるBrighton Park Capital, L.P.の特別顧問を務めるとともに、2017年1月からは、サイバーセキュリティに特化した投資会社であるForgePoint Capital Cybersecurityの諮問委員会にも参加しています。
  • 2019年10月から2020年10月まで、はビジネス・インテリジェンス・ソフトウェア企業であるSisense Ltd.の最高財務責任者を務め、2017年8月から2019年4月まではサイバーセキュリティ・ソフトウェア企業であるCylance Inc.の最高財務責任者兼財務担当者を務めました。
  • 2015年6月から2017年8月まで、統合セキュリティ管理ソフトウェア企業であるAlienVault, Inc.の最高財務責任者を務めました。
  • 2012年10月から2014年3月までは 世界的な情報技術企業であるComputer Sciences Corporationのグローバルビジネスサービス担当副社長兼最高財務責任者を務めました。
  • 2007年2月から2011年10月までは、VeriSign, Inc.において、2009年8月から2011年10月までは最高財務責任者、2008年4月から2009年8月までは最高財務責任者代理など、複数の上級職を歴任しました。
  • リプソコム大学でファイナンスの理学士号を、ヴァンダービルト大学でMBAを取得しています。

エリック・ジョンソン (42) 最高技術責任者

  • 2021年3月より当社の最高技術責任者を務めています。ジョンソンはこれまで、2020年2月から2021年3月まで当社のエンジニアリング担当上級副社長、2017年9月から2020年2月までエンジニアリング担当副社長を務めてきました。また、ジョンソンは2021年2月から、非営利の技術コンソーシアム企業であるLinux Foundationのディレクターを務めています。当社に入社する前の2014年7月から2017年5月まで、ジョンソン氏は商用ドローンの新興企業であるUnmanned Innovation, Inc.のエンジニアリング担当副社長を務めていました。Unmanned Innovation, Inc.の前は、2008年6月から2014年7月まで、オンラインビデオソフトウェア会社のBrightcove Inc.でWeb担当シニアディレクターを務めていました。Johnson は、ビラノバ大学で哲学の学士号を取得しています。

マイケル・マクブライド(48) 最高収益責任者

  • 2018年5月から当社の最高収益責任者を務めています。
  • 当社入社前の2013年3月から2017年2月までは、サイバーセキュリティ企業であるLookout, Inc.のワールドワイド・フィールド・オペレーション担当上席副社長を務めていました。
  • Lookout, Inc.に入社する前の2011年7月から2013年3月までは、DeNAのプラットフォーム担当副社長を務めていました。DeNAはLionsideを買収し、マイケルは2010年3月から2011年6月までビジネスオペレーション担当副社長を務めました。DeNAとLionsideの前には、2007年5月から2010年3月までMeraki社のワールドワイドセールス担当副社長を務めました。
  • スタンフォード大学で機械工学の学士号を、スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得しています。

売上・利益

GTLB S-1より
GTLB S-1より
GTLB S-1より データ使用  単位:千ドル

2021年度の売上は152Mドルで、前年同期+87%でした。

2021年2~7月の6か月間の売上は108Mドルで前年同期+69%でした。

Gross Profit=粗利は2021年度、2021年2~7月共に88%です。

GTLB S-1より データ使用

直近のNRRは152%です。

※ずっとこういう数字になるのかは分かりませんがメチャクチャ高いと思いました。通常SaaS銘柄ではIPO時でも110%~120%前後が多い印象です。

GTLB S-1より データ使用

直近のARR(年間経常収益=売上見込)10万ドル以上の顧客は383社です。

GTLB S-1より データ使用 単位:千ドル

2021年の営業キャッシュフローは-73.58Mドル、2021年2~7月の営業キャッシュフローは-38.64Mドルでした。

営業キャッシュフローマージンは、2020年度、2021年度、2021年度、2021年7月期までの6ヶ月間で、それぞれ(74.1%)%、(48.4%)%、(35.8%)でした。

何をしている会社?→DevOpsプラットフォームを提供。1つのアプリケーションで組織のソフトウェアの計画、構築、保護、提供を行う。

GitLabはDevOpsプラットフォームであり、開発、運用、IT、セキュリティ、ビジネスの各チームを一つのアプリケーションにまとめ、ビジネスに必要な成果をもたらすものです。すべてのチームが単一のインターフェイスを持つ単一のアプリケーションに参加することは、組織がソフトウェアを計画し、構築し、保護し、提供する方法を一変させます。

Dev Ops…ソフトウェア開発の手法。開発 (Development) と運用 (Operations) を組み合わせた言葉。開発担当者と運用担当者が連携する開発手法により、迅速で正確なサービス提供が可能になる。

Git…Gitとは、分散型バージョン管理システム。ファイルのバージョン管理が簡単にできるツール。

市場機会

現在、対応可能な市場機会は400億ドル

現在、DevOpsプラットフォームの対応可能な市場機会は約400億ドルであると考えています。現在の対応可能な市場を推定するために、当社は、S&P Global社が報告した従業員数に基づいて、適切な規模と思われる企業を階層に分類しました。そして、これらの階層に、2021年1月31日時点での各カテゴリーの上位25%の顧客の平均年間経常収益を乗じています。当社のプラットフォームは幅広い応用が可能であるため、当社は市場機会を長期的に拡大するのに適していると考えています。

2024年末には550億ドルの市場となる予測

ガートナー社によると、グローバル・インフラストラクチャー・ソフトウェアの市場規模は、2021年末には3,280億ドル、2024年末には4,580億ドルになると予想されています。当社は、この市場のうち2021年末までに430億ドル、2024年末までに550億ドルのサービスを提供できると考えています。これらの数字は、当社のプラットフォームの最も一般的なユースケースが現在対応している市場を決定し、Gartner社が報告している推定市場規模を合計して算出しました。

商品・サービス

The DevOps Platformは、DIYによるDevOpsのアプローチに取って代わるものです。組織がDevOpsの可能性を最大限に発揮し、ソフトウェア主導のビジネスになることを可能にします。DevOps Platformは、プロジェクト計画(Plan)から、ソースコード管理(Create)、継続的インテグレーション(Verify)、静的・動的アプリケーションセキュリティテスト(Secure)、アーティファクトのパッケージ化(Package)まで、DevOpsライフサイクルのすべての段階をカバーしています。継続的デリバリおよびデプロイメント(Release)、最適なデプロイメントのためのインフラストラクチャの構成(Configure)、インシデントの監視(Monitor)、本番デプロイメントの保護(Protect)、そしてバリューストリームアナリティクスによるサイクル全体の管理(Manage)までをカバーしています。また、お客様は、単一のプラットフォームを通じて、あらゆるクラウド上のアプリケーションを管理および保護することができます。


DevOps Platformは、組織全体で幅広く利用されています。製品チームやビジネスチームは、開発者と協力して新機能を導入し、ビジネスを成功に導くことができます。最高技術責任者(CTO)は、DevOps環境を近代化し、開発者の生産性を向上させることができます。最高情報責任者(CIO)が、マイクロサービスとクラウドネイティブ開発を採用して、ソフトウェアアーキテクチャの効率、規模、パフォーマンスを向上させることができます。最高情報セキュリティ責任者(CISO)が、セキュリティの脆弱性を減らし、ソフトウェアを迅速に提供できるようになります。また、ツールの管理に時間を取られることなく、仕事に集中できるようにすることで、優秀な人材の確保と維持を支援します。

ビジネスの競争力

DevOpsプラットフォームは1つのアプリケーションで対応可。2021年7月時点で118か月連続で新バージョンのソフトウェアをリリース。

-DevOps Platformは、お客様のソフトウェア主導型ビジネスへの変革を支援します。
-DevOps Platformは、DevOpsライフサイクルのすべての段階を1つのアプリケーションで対応できるように設計されており、コードの記録システムとして、またDevOpsライフサイクルにおける後続のすべてのワークフローを拡張する重要な出発点として機能します。
-私たちのデュアルフライホイール開発戦略は、開発費とコミュニティへの貢献を活用しています。開発費とコミュニティへの貢献を活用したデュアルフライホイール開発戦略により、貢献が多ければ多いほど機能が増え、ユーザーが増えれば増えるほど貢献が増えるという好循環を生み出しています。
-当社の開発戦略では、迅速なイノベーションを推進するために反復を重視しています。これにより、2021年7月31日現在、118ヶ月連続で毎月22日に新バージョンのソフトウェアをリリースすることができました。
-大規模なオープンソースのインストールベースにより、新規の有料顧客を効率的に見つけて獲得することができます。
-DevOpsプラットフォームは、どのようなクラウド環境においても、完全な機能パリティと同一のシングル・アプリケーション・エクスペリエンスを維持します。
-私たちは、誰にサービスを提供するか、どのように販売するか、どこにデプロイするかについては不可知論的です。
-私たちは、オールリモートワークの先駆者であり、思想的リーダーであり、お客様やチームメンバーとのブランド力を高めています。

顧客 米空軍、陸軍サイバーや特許庁、セールスフォース、ゴールドマンサックス、Tモバイルなど幅広い

ARR5,000ドル未満の顧客が6%。

DevOps Platformは、導入の規模や範囲、複雑さに関わらず、どの企業でも利用できます。そのため、有料トライアル中のお客様やユーザー数が一桁台のお客様が多数いらっしゃいます。ARRが5,000ドル未満のお客様は、合わせて2021年度のARRの約7%、2021年7月31日時点でのARRの約6%を占めています。さらに、これらのお客様の大部分は、2021年1月に販売終了を発表した当社の最低支払額層であるStarter層に属していました。当社のアクティブなお客様の数を決定する目的で、当社は一定期間のARRが5,000ドル以上のお客様を「ベースカスタマー」と呼んでいます。ベースカスタマーを決定する上で、DevOps Platformを使用する子会社、セグメント、または部門を持つ単一の組織は、各組織のARRを決定する上で1つのカスタマーとみなされます。

2,600人のオープンソース貢献者コミュニティ

当社が今日あるのは、世界中のオープンソース貢献者の広大で成長したコミュニティのおかげです。当社のコミュニティは、2020年1月31日時点で1,600人以上、2021年1月31日時点で2,300人以上、2021年7月31日時点で2,600人以上の貢献者で構成されています。私たちは、意図的な透明性を持って運営することで、オープンソースコミュニティのエンゲージメントを高めることに積極的に取り組んでいます。当社の戦略、方向性、製品ロードマップを広くコミュニティに公開し、フィードバックを募っています。情報を公開することで、ユーザーやお客様からの貢献や協力を求めやすくしています。

収益モデル フリーミアムのサブスクリプションがメイン

ライセンス収益もありますが、ほとんどがサブスクリプションです。

競合:ウェブベースのコードホスティングおよびコラボレーションサービス提供企業。アトラシアンやマイクロソフトなど。

ソフトウェアビジネス全般、特にウェブベースのコードホスティングおよびコラボレーションサービスにおける競争は、今後も継続的に激化すると予想しています。

当社は、製品の性質上、いくつかの分野で競争に直面しています。当社が提供する製品は、ソフトウェア開発ライフサイクルの10段階にわたる幅広い製品であるため、1段階から10段階すべての製品を提供する多くのプロバイダーと競合することになります。当社は、AtlassianやMicrosoftなどの定評あるプロバイダーに加え、コードホスティングやコードコラボレーションサービス、ファイルストレージや配布サービスなど、より少ないステージでサービスを提供する他社とも競合しています。

リスク要因 Risk factor

リスク要因にはいろいろなことが書かれていますが、個人的に気になった点をいくつか記載します。

リスク要因① 販売・マーケティング戦略上のリスク

当社は、売上の成長を促進するために、販売戦略とマーケティング戦略に依存しています。これらの販売戦略とマーケティング戦略は、十分な販売機会を引き続き生み出す上で成功しない可能性があります。お客様の更新と拡大の減少は、当社の将来の業績に損害を与える可能性があります。

当社のビジネスモデルは、DevOpsプラットフォームに非常に満足している大規模なユーザーベースを生成し、維持することに依存しています。私たちは、新しい製品やサービスを購入し、追加のユーザーを追加することにより、彼らの足跡を拡大するために満足している顧客に依存しています。このモデルは、未払いのユーザーを有料ユーザーに変換することに依存しています。現在および以前の無料ユーザー数や、お客様が有料顧客に転換するレートに関する履歴データは限られているため、将来の顧客購入動向を正確に予測できない場合があります。将来の期間には、当社の製品提供とプロフェッショナルサービスの需要の減少、競争の激化、市場全体の成長の減少、企業支出の減少、または何らかの理由で成長機会を活用し続けるなど、いくつかの理由で利益が低下する可能性があります。競合他社の製品と競合するために、サブスクリプションベースの収益モデルを変更または放棄せざるを得なくなる場合があります。

さらに、当社はスターターおよびブロンズ層製品の提供を中止しており、これらの製品のユーザーは有料製品にアップグレードするか、無料製品に切り替えたり、製品の使用を中止する必要があります。2020年度、2021年度、2021年度の売上高の27%、16%、11%、2021年7月期までの6ヶ月間をそれぞれ、スターター層とブロンズ層の顧客が占めています。当社は、お客様が当社の製品を購入することを保証することはできませんし、当社のエンドカスタマーが当社の製品を購入しない場合、当社の収益は予想よりもゆっくりと成長または減少する可能性があります。

リスク要因②ハンドブックの更新に関するリスク

ハンドブックは最新の状態でも正確でなく、第三者に悪影響を及ぼす可能性があります。

透明性と効率性の価値に対する当社のコミットメントと一致して、当社は、当社の業務とビジネス慣行に関する重要な情報を含む公開会社ハンドブックを維持しています。このハンドブックは一般に公開されており、競合他社や悪意のある者によって、当社の事業、経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある悪質な方法で利用される可能性があります。当社はハンドブックを常に最新の状態に保つことを目指していますが、ハンドブックに記載されている情報は常に最新のものであるとは限りません。また、当社のチームメンバーの誰もがハンドブックに投稿することができるため、ハンドブックの情報が正確でない可能性があります。

リスク要因③ 政府機関への販売リスク 2021年2~7月で売上全体の10.4%を占める

収益の一部は、多くの課題やリスクの対象となる政府機関への販売によって生み出されます。

2020年度、2021年度、および2021年7月31日に終了した6ヵ月間において、政府機関への売上は、当社の総売上高のそれぞれ9.8%、10.2%、および10.4%を占めています。政府機関への売上は多くのリスクにさらされています。政府機関への販売は、競争が激しく、費用と時間がかかる場合があり、多くの場合、これらの努力が売上に結びつく保証もないまま、多額の時間と費用を前もって必要とします。

S-1をみて、個人的に気になった点

S-1を今年、去年から少しでも見るようにしていますが、コンフルエントのストリームデータ関連を知るときと同じくらい技術的な部分の読解に苦戦しました。「」gh@「・bn

私の周りにこういったものを使用する人がいないため、アパレル(靴)のオン マッチングアプリのバンブルなどのように使用感を聞けないのが残念です。

よって数字などで判断するしかないと思っていますが、まずNRRが異常に高いと思いました。これは使用している人からするとすごく便利で、フリープランをプレミアム、アルティメットにアップグレードしていくことが想像できます。

マーケット規模が今年400億ドルだとして、GitLab がここまでの成長を続けたとしても売り上げは2億ドルくらいと推測すると、まだマーケットシェアはたった0.5%と伸びしろを感じますが、そのためにはNRR(既存顧客による支払い増)に加え新規顧客の獲得が重要に思えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました