【米国株投資】Advance / Decline Line (ADL) とは?

投資ツール

アドバンス/デクラインライン Advance / Decline Line (ADL)について説明をします。前日や前月と比較し、対象範囲の中での個別銘柄の勝敗によって、上昇、下落をする線グラフになります。具体的な計算式や、注目すべき点をカンタンにまとめてみました。

※注意

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。

アドバンス/デクライン ラインとは?株式の用語をわかりやすく解説

アドバンス・デクラインラインAdvance / Decline Line (ADL)とは

上昇した株式の数と、下落した株式の数を足し合わせたもので作られる線です。

対象範囲となる銘柄の勝敗によって上下するライン、と言えます。

計算方法含めもう少し解説します。

アドバンス/デクラインラインのカンタンな計算式

例えば、S&P500を見る場合、

前日に500銘柄中、上昇が300銘柄、下落が200銘柄とします。

そうすると、300200100を前日の数値に足す、ことで当日、当月などの点を決めます。

前日に500銘柄中、上昇が200銘柄、下落が300銘柄とします。

この場合、200300100を 前日の数値にする、ことで当月などの点を決めます。

これらを繰り返し、点をつないで線にしたものがアドバンス/デクラインライン になります。

つまり、アドバンス/デクラインラインは前日の株価の勝敗を対象の範囲内で判定し、勝ち越しの場合は上昇、負け越しの場合は下落するということを示す線グラフを言います。

過去からの累積で線が引かれているので、絶対値よりも現時点での勝敗=上下とその大きさを見るべきと捉えます。

活用方法、使い方…指数は上昇しているがアドバンス/デクラインラインが下がっている時など、通常とは逆の動きをチェック

「指数の下落」と、「アドバンス/デクラインラインの下落」タイミングは概ね一致しているように見えます。

基本的に指数が上昇しているとき、アドバンス/デクラインラインが上昇しがち(対象の銘柄は勝ち越していることが多い)です。

逆に指数が下落しているときはアドバンス/デクラインラインが下落、負け越しがちです。

これも同じことを言っています。

いっぽう、指数が上昇しているにも関わらず、アドバンス/デクラインラインが下落している場合は注意が必要です。

これは限られた大型株などの一部の銘柄のパフォーマンスで指数を引き上げている状態を示しています。

こういった場合、指数が良くても、指数を構成する個別銘柄の多くが苦戦している、というケースになるため、注意が必要です。

アドバンス/デクラインラインが確認できるサイト NYSE全銘柄、S&P500、ダウ、ナスダック、ラッセル1000、ラッセル3000など

ニューヨーク証券取引所全銘柄のアドバンス/デクラインラインは以下サイトで、

NYSE (daily) Advance / Decline Line (ADL) (investmenttools.com)

S&P500、ダウ、ナスダックなどは以下サイトで、

Advance / Decline Line for S&P 500, Dow, Nasdaq – MarketInOut.com

それぞれ確認が出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました