ダックホーンポートフォリオ NAPA IPO目論見書S-1まとめ

IPO目論見書S-1/F-1

ダックホーンポートフォリオは、北米で最高規模の高級ワイン生産企業です。

目論見書の冒頭に「高級ワイン」とは750㎖15ドル以上で販売されるワインのこと、「超高級ワイン」とは、750mlボトルあたり25ドル以上の希望小売価格のワインを指すと言っています。

高級ワインと聞くと10,000円?もっと?という気にもなりますが確かに日本のスーパーでも1,000円を切る価格帯がメインのようなので、15ドル(≒1,500円~1,600円)以上ともなれば概ね高級と言って良いのかもしれません。

ちょっといいワインを売るアメリカの企業 ダックホーンポートフォリオについての紹介です。

長いので気になる見出しから見ていただけるとありがたいです。

本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。投資の判断はご自身の意思と決定でお願いします。本記事の内容は主にIPO目論見書S-1をもとに作成していますが、翻訳における誤りや、具体的解釈の内容についての保証は致しかねます。

  1. ダックホーンポートフォリオ IPO目論見書 まとめ 注目のIPO銘柄
    1. 上場予定日はいつ?株価 ダックホーンポートフォリオのIPO公募価格(14-16ドル)、上場初値は?(18.6ドル) 上場市場:NYSE 上場日:2021年3月18日
    2. 日本での取り扱い証券会社:(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)
    3. 幹事企業 主幹事:JPモルガンなど
    4. 経営者:アレックス・ライアン
    5. 売上・利益 損益計算書
    6. どんな会社・・・ナパヴァレーで高級ワインを生産する企業
    7. 販売チャネルについて 
    8. ターゲットとなる高級ワイン市場
    9. ターゲットとなるワイン市場 米国市場で主に販売。アメリカのワイン消費はまだ成長途上。
    10. 高級ワイン市場はワイン市場の成長の2倍のペースで成長し、市場をけん引している。2024年までの見通しも明るい予測あり
    11. 規模感のある高級ワイン生産企業であることが大手卸店・流通に対して優位
    12. 強み:厳選された高級ワインの包括的なポートフォリオ。
    13. 90点以上のワインを一貫して提供。2020年はカベルネソーヴィニヨン・ソーヴィニヨンブラン・メルローでトップセールスを記録。
    14. 幅広い卸売チャネルの活用に加え、直販・DTCによる高利益獲得が魅力。DTCは売上の2割を占める。
  2. リスク要因
    1. ワインの販売業者の統合、および小売業者の統合が、競争を激化させるリスク。
    2. 災害リスク
    3. ブドウの収穫、ブレンド、在庫の熟成、ワインの流通が滞るリスク、気候リスク

ダックホーンポートフォリオ IPO目論見書 まとめ 注目のIPO銘柄

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより

上場予定日はいつ?株価 ダックホーンポートフォリオのIPO公募価格(14-16ドル)、上場初値は?(18.6ドル) 上場市場:NYSE 上場日:2021年3月18日

3月19日追記

上場初値は18.6ドル→終値17.18ドルでした。

日本での取り扱い証券会社:(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)

SBI証券(取り扱いあり)

楽天証券(取り扱いあり)

マネックス証券(取り扱いあり)

DMM 株 (DMMドットコム証券)(不明)

リンクから口座開設できます。

必ずしもすべての証券会社が気になる銘柄を取り扱うわけでは無いです。複数の口座を持っておくことで、心配は減ります。

幹事企業 主幹事:JPモルガンなど

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより

JPモルガン・クレディスイス・ジェフェリーズ・バークレイズ・バンクオブアメリカセキュリティズなどです。

経営者:アレックス・ライアン

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより

アレックス・ライアン CEO

いわゆる「たたき上げ」の人です。

  • 2005年~社長、2011年~最高経営責任者、2012年~取締役会会長
  • 2000年からゼネラルマネージャー兼最高経営責任者
  • 1976年にダックホーンで高校時代にパートタイムで働き始め、1988年にカリフォルニア州立大学フレズノ校でブドウ栽培の学位を取得した後、フルタイムで入社
  • 1990年代初頭にブドウ園マネージャーを務め、その後ブドウ園およびワイナリー事業の副社長を務める。
  • 社長兼最高経営責任者に就任して以来、30年の歴史の中で最初のシャルドネをフィーチャーしたMigrationブランドの立ち上げに成功
  • 2018年に「Wine Enthusiast Wine Star Awards Wine Executive of the Year」の栄誉に輝く

売上・利益 損益計算書

どんな会社・・・ナパヴァレーで高級ワインを生産する企業

ダックホーンのワインブランド
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより

北米で最高規模の高級ワイン生産企業です。鴨のマークのブランドが多いです。

1976年に私たちの名前の由来であるダンとマーガレットダックホーンによって設立されたました。

ナパバレーでメルローワインを開拓し、現在、複数のワイナリーブランド、品種、アペラシオン、価格帯で高く評価されている高級ワインの厳選された包括的なポートフォリオを持っています。

2020年12月27日現在のIRIデータによると、ダックホーンポートフォリオの品ぞろえは、米国で最も急成長しているワイン市場である望ましい高級品セグメントにのみ焦点を当てています。これは、750mlボトルあたり15ドル以上で販売されるワインと定義されています。

ダックホーンヴィンヤーズデコイコスタ ブラウンゴールデンアイパラダックスCaleraMigrationCanvasbackGreenwingPostmarkなどの世界クラスの高級ブランドポートフォリオの下で、50州すべてと50か国以上で、ボトル1本あたり20ドルから200ドルの希望小売価格(「SRP」)でワインを販売しています。。2020年12月27日に終了した12か月間、IRI(市場調査会社)によると、ダックホーンはは米国全体で最大のピュアプレイの高級ワインサプライヤーであり、売上高で11番目に大きいワインサプライヤーです。

ダックホーンのワインは、有名なワイン評論家からカジュアルなワイン愛好家まで、幅広い消費者層にアピールしています。私たちは今世紀、ワインスペクテイター誌から名誉あるワインオブザイヤー賞を受賞した2つのブランドをポートフォリオに持つ唯一のワイン生産者で、2017年以来米国で最も売れている高級カベルネソーヴィニヨンを誇っています。

また、2019年には、カリフォルニア州とワシントン州にある7つの有名なテイスティングルームの少なくとも1つに足を運び、贅沢なワイン体験をした約10万人の消費者が、当社のポートフォリオの強さを証明しています。

ダックホーンの成功を支えているのは、1978年に象徴的なスリーパームスヴィンヤードが最初に収穫されて以来、私たちの文化に根付いてきた品質へのこだわりです。多様なブドウ栽培者の広大なネットワークと協力し、品質基準を維持し、成長を促進するために、世界クラスの自社管理のエステート・ヴィンヤードを活用しています。各ワイナリーブランドは、それぞれ独自のワイン醸造チームを持ち、消費者に独特の体験を提供し、製品の品質と継続性を確保し、持続可能な農業活動を推進しています。

販売チャネルについて 

卸売チャネル、流通業者、カリフォルニアの小売店、および直接消費者(「DTC」)の消費者にワインを販売しています。

DTCチャネルは、マルチワイナリーのeコマースWebサイトを活用しており、受賞歴のあるサブスクリプションワインクラブとテイスティングルームを備えています。カリフォルニアの直接小売アカウントビジネスとDTCチャネルを合わせると、純売上高の40%を占め、高い利益率を実現しています。

ターゲットとなる高級ワイン市場

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmをもとに自作。単位:百万ドル

2015年度から2020年度までの期間

  • 純売上高+1億5,320万ドル CAGR約18%
  • 純利益+2,280万ドルは、CAGR約28%
  • 調整後EBITDAが5,670万ドル増加し、CAGR約17%

継続的に成長しています。

ターゲットとなるワイン市場 米国市場で主に販売。アメリカのワイン消費はまだ成長途上。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmをもとに自作。

大規模で安定した世界のワイン業界で事業を展開しています。2020年には販売額が3,400億ドルを超えると予測されています。(Statista社調べ。以下(s)と略します)

ダックホーンのワインの大部分は、50万以上の認可された小売口座を誇る成長中の米国市場で販売されています。(ニールセン社)

米国のワイン消費量は他のどの国よりも多く、世界のワイン市場における数量シェアは、2012年の13.6%から2020年には15.8%に増加すると予想されています。(S)

米国におけるワインの総売上額は2019年に530億ドル以上となり、2012年から着実に成長しています。(S)

COVID-19のパンデミックは、バーやレストランなどでの販売に悪影響を与えていますが、食料品店などでの販売には利益をもたらしています。その結果、米国におけるワインの総販売額は、COVID-19パンデミックの影響を受けずに比較的堅調に推移すると予想されます。

2021年にはカテゴリーの長期的な成長が回復し、米国におけるワインの総売上額は550億ドルを超え、パンデミック前の2019年と比較して20億ドル近く増加すると予想されています。(S)

米国の消費者は、一人当たりのワインへの支出を時系列で着実に増加させており、2017年の141ドルから2019年には年間163ドルとなり、7%のCAGRに相当します。米国は2019年の一人当たりのワイン消費量の年間成長率が最も高い国の一つであり、米国にはまだ十分な成長の機会があると考えています。

例えば、フランス、英国、オーストラリアの2019年の一人当たりの消費量は、それぞれ439ドル、347ドル、425ドルでした。(s)ダックホーンはこのような良好なトレンドが継続し、米国では、多様なポートフォリオを提供する確立されたブランドに牽引されて、ワインがアルコール飲料の市場シェアをさらに拡大すると考えています。

高級ワイン市場はワイン市場の成長の2倍のペースで成長し、市場をけん引している。2024年までの見通しも明るい予測あり

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001835256/000119312521075461/d90982ds1a.htmより

ダックホーンの成長>高級ワインの成長>ワイン市場の成長となっています。

2020年12月27日時点でのIRI社の販売額データによると、2019年の米国ワイン市場全体の10%から15%を占めると思われる高級ワインセグメントは、2012年から2020年にかけて、ワイン業界全体の2倍以上のペースで拡大しています。1本あたりの希望小売価格が20ドルから200ドルであることから、ダックホーンのポートフォリオはプレミアム化の恩恵を受ける戦略的な位置にあります。

IWSRのデータによると、750mlボトル1本あたり20ドル以上で販売されたワインは、2010年から2019年にかけて、ワインカテゴリー全体を上回っています。この期間、1本20ドル以上で販売されたワインの販売額は年率8.6%で成長したのに対し、米国のワイン業界全体の年率は3.1%でした。IRI社のデータによると、COVID-19パンデミックによる経済の不安定な時期を含む2020年12月27日までの12ヶ月間において、米国の高級ワイン分野の販売額は前年同期比で20%以上の成長を示し、同期間におけるワイン業界全体の成長率は約13%となっています。
プレミアム化は今後も米国のワイン業界を形成していくと考えています。IWSR社によると、2020年から2024年までの米国の高級ワイン分野の総販売額は、同時期のワイン業界全体のCAGRの4倍以上のCAGRを生み出すと予想されています。

規模感のある高級ワイン生産企業であることが大手卸店・流通に対して優位

高級ワインの分野は非常に細分化されているため、ダックホーンは数少ない規模の高級ワイン生産者であるという利点があります。ダックホーンのブランドは、膨大な数の小規模な地元ワイナリーから大規模なコングロマリットの一部門まで、幅広い競合他社と消費者をめぐって競争しています。

Wines Vines Analytics社によると、近年、米国ではワイナリーの数が大幅に増加する一方で、ワインディストリビューター(卸店・問屋)が減少しており、1995年にはワイナリーが約1,800、ワインディストリビューターが約3,000であったのに対し、2020年にはワイナリーが約10,400、ワインディストリビューターが約950となっています。ディストリビューターの大幅な統合は、主にM&Aによって進められており、この傾向は今後も続くと予想されます。

このようにディストリビューターの統合が進み、多くの小規模な高級ワイン生産者が存在する断片的な環境の中で、規模の大きい高級ワイン生産者としてのポジションは、大手ディストリビューターや小売業者にとって非常に魅力的であり、当社の包括的なポートフォリオの提供は、彼らの高級ワインに対するあらゆるニーズに対して「ワンストップ・ショップ」ソリューションを提供するものであると考えています。

強み:厳選された高級ワインの包括的なポートフォリオ。

厳選された高級ワインの包括的なポートフォリオ。 当社のポートフォリオには、10の高級ブランドが含まれ、25のAVA指定のもと、18の品種を扱っています。Duckhorn Vineyards、Decoy、Kosta Browneは、この厳選された包括的なポートフォリオの要であり、当社のポートフォリオ全体の信頼性とブランド力を強化しています。私たちは、高級ブランドの幅広さと深さ、そして規模の大きさが、高級ワインのプレミアサプライヤーとしての地位を確立していると信じています。

ポートフォリオの幅広さと深さは、高級ワインセグメントにおいて段階的な価格設定を可能にしています。これにより、手頃な価格のワインで新しい消費者を惹きつけ、よりプレミアムな商品を求める消費者との関係を深めることができます。「Decoy」ブランドは、高品質なワインを手ごろな価格で提供しており、お客様が高級ワインを購入する際の入り口となることがよくあります。

Duckhorn Vineyards、Kosta Browne、その他のワイナリーブランドは、お客様が当社の多様な高級ポートフォリオのワインをより高く、より広く楽しんでいただける機会を提供します。

90点以上のワインを一貫して提供。2020年はカベルネソーヴィニヨン・ソーヴィニヨンブラン・メルローでトップセールスを記録。

ワイン業界では、評論家が個々のワインを100点満点で評価することが広く行われていますが、ダックホーンは、優れた品質を示す90点以上のワインを一貫して提供しました。

また、ダックホーンの強みは、米国の高級品市場で最も人気のある品種で市場をリードする売上を達成していることにも表れています。

IRI社の米国販売額データによると、2020年12月27日に終了した12ヵ月間に、カベルネ・ソーヴィニヨン(同期間中に最大の高級品種)、ソーヴィニヨン・ブラン(同期間中に最も急速に成長している高級品種)、メルローの3品種で高級ワインのトップセールスを記録しました。

これら3つの品種を合わせると、同時期の米国の高級ワイン市場全体の約30%を占めています。

超ざっくりワインについて 「カベルネ」とかはブドウの種類。

カベルネソーヴィニヨン・・・赤ワイン用のブドウ品種。渋め

ソーヴィニヨンブラン・・・ブ白ワイン用のブドウ品種。

メルロー・・・赤ワイン用ブドウ品種。まろやか

幅広い卸売チャネルの活用に加え、直販・DTCによる高利益獲得が魅力。DTCは売上の2割を占める。

カリフォルニアでの直販アカウントビジネス(2,800以上のアカウント)を含む、全国の長年の卸売チャネル(47,000以上のアカウント)を活用しています。

40年以上前の創業以来、カリフォルニアの小売店に直接販売してきました。これは、カリフォルニアの大手ワイン​​生産者の特徴であり、その多くは州の販売業者を通じて販売されています。カリフォルニアでのリテールアカウントへの直接ビジネスは、競争上の優位性をもたらすと信じています。1、小売アカウントとの直接接続により、販売、ブランディング、その他のマーケティングサポートをより細かく制御できます。2、販売率の可視性を高めます。3、ディストリビューターを通じず、小売口座に直接販売することで、大幅に高いマージンを享受しています。

DTCチャネルは、強力なマーケティングエンジンです。当社のDTCチャネルは、受賞歴のある定期購入型ワインクラブを含む複数のワイナリーのEコマースサイトを含み、北カリフォルニアとワシントン州にある7つのスタイリッシュでユニーク、かつハイタッチなテイスティングルームによって強化されています。当社のワインクラブは、2020年度時点で55,000人以上の会員数を誇り、2019年にはテイスティングルームで約10万人の消費者をお迎えしました。DTCの売り上げ構成比は全体の20パーセントを締めます。

リスク要因

事業に関するリスクについて記載があります。

個人的に気になる部分を抜粋します。

ワインの販売業者の統合、および小売業者の統合が、競争を激化させるリスク。

販売業者(ディストリビューター)を通じた販売を主に行っています。ディストリビューターの統合、変更によりコスト増になるリスクがあります。

売り上げが、少数の卸売顧客に集中しています。最大の顧客5社は、2020年度の総売上高の約43%を占めました。さらに、卸売販売チャネルのかなりの部分は、大手小売業者によって指揮されています。これらの企業の購買力は重要であり、交渉内容次第では売り上げの減少やコスト増になります。

災害リスク

近年、極端な気温や異常気象の発生が増加しているほか、火災や洪水などの自然災害の発生頻度や深刻度も高まっています。悪天候や地震は、サプライチェーンに混乱を引き起こす可能性があり、ワイナリー、在庫保有、サプライヤー、輸送、販売チャネルに混乱や損害を与えることにより、ワインに悪影響を与える可能性があります。

農業用収穫物、ワイナリー、テイスティングルーム、および本社の大部分は、山火事、洪水、地震などの自然災害が発生しやすいカリフォルニア州にあります。自然災害は、電気などの重要なインフラストラクチャを中断する可能性があります。近年、私たちはナパ、ソノマ、その他のカリフォルニアでさまざまな期間と深刻度の山火事を経験しました。これらの火災は、生産と運営に悪影響を及ぼしました。

いくつかのブドウ園とワイナリーの場所は、洪水の影響を受けやすい地域にあります。2019年、ロシアンリバーバレーでの大規模な洪水により、施設とテイスティングルームのいずれかに被害が発生し、近隣の他のワイナリーやブドウ園にもさらに大きな被害が発生しました。さらに、2014年に、マグニチュード6.0の地震がナパ郡内で発生し、この地域の特定のワイナリーや企業に重大な被害をもたらしました。資産への損害を最小限に抑え、一部のワインに存在する煙の汚れを修復し、火災、洪水、その他の自然災害に起因するその他の損失を軽減するための緩和戦略を実施していますが、将来的にそのような戦略が十分であるとは限りません。

ブドウの収穫、ブレンド、在庫の熟成、ワインの流通が滞るリスク、気候リスク

悪天候、自然災害、COVID-19パンデミックを含む公衆衛生上の緊急事態、または予期せぬ状況によって引き起こされた当社の事業の中断は、事業の遅延または中断を引き起こす可能性があります。

生産拠点の閉鎖による一時的なワインの生産不能を含む、これらのいずれか、またはサプライチェーンの混乱の結果、当社は、老朽化し​​たワインに対する消費者の需要に短期的または長期的に対応できなくなる可能性があります。

高品質のブドウの供給不足は、悪天候(熱波、霜、干ばつ、過度の降雨など)、さまざまな病気、害虫など、ブドウの供給の質と量を決定するさまざまな要因の発生に起因する可能性があります。真菌や、レッドブロッチ、ピアス病、ヨーロッパブドウ蛾などのウイルス。気象パターンや気象条件の変化を予測することはできません。また、それらが発生した場合の当社の事業への影響を予測することもできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました