漫画

スポンサーリンク
漫画

九条の大罪 第33審 消費の産物⑥感想

AVの撮影が始まる。モニターで眺めるキャップをかぶった男は粟生さんのいう通りの逸材だ、と評する。撮影も通常1日のところを3日もかける力の入れようのようだ。シャワーを浴びる雫は、撮影楽しいな!と喜ぶ。パッケージの撮影はメチャクチャいい表情、天才、すごく可愛い、と褒めちぎられながら行われる。
2021.12.06
漫画

九条の大罪 第32審 消費の産物⑤感想

セミが鳴いている。歩道橋の上で九条を呼び出し、頼みごとがある、というのは京極だ。自分が面倒を見ていた会長のAVメーカーが訴えられていて困っている、過去にさかのぼっての販売差し止めと慰謝料の請求をされていると。 人権派弁護士の亀岡麗子がマスコミを巻き込んで大事になりそうだと。手下に買わせたガリガリくんを食べる京極。
2021.12.06
漫画

九条の大罪 第31審 消費の産物④ 感想

亀岡麗子が腰に手を当てメガホンで主張している。理不尽な性暴力にさらされても声をあげられない女性がいる。強姦は魂の殺人で、性暴力を助長させるAV業界把握の権化であると。依頼人は涙ながらに現状を話してくれた。とし、AV出演を強要された被害者の人権を守り、搾取をなくすべき、ストップ性暴力!ノーAV業界!と繰り返している。
2021.09.07
漫画

九条の大罪 第30審 消費の産物③感想

雨の路上で独り言を言う雫。雨は嫌いだが家には帰りたくないようだ。ユニットバスで下着になる雫。タトゥーを入れた男が股間を掻いて下着の雫の様子を見ている。散らかった家には雫の母と「とのくん」と呼ばれるタトゥーを入れ、口ひげを生やした男がいる。母はスナックで働いているようで、飲まされたので水を買ってきてくれと雫に頼むが、
2021.12.06
漫画

九条の大罪 第29審 消費の産物② 感想

街をイケメンと歩く雫。「しずくちゃん」お酒飲める?と聞かれている。ちゅーちゅーと答える雫。ストローを缶にさしてちゅーちゅー飲めるという意味なのか、「スト缶をちゅーちゅー」と言っている。おなかは空いているかと聞かれ、大丈夫、おにぎりを食べた。どこの?と聞かれ遠くてもセブン、と答える
2021.12.06
漫画

九条の大罪第28審 消費の産物①

前回27審で強者の道理は終わったようだ。ワンルームのような間取りの部屋。納豆にのり弁当、6Pチーズ。コンビニで買ったような食べ物に箸をつけている。部屋の大部分を占めるベッドでスマホをいじる女性。腕にはかわいらしいウサギのキャラクターのタトゥーが刻まれている。そして腕や足にはカッターで刻み付けたような痕がある。
2021.12.06
漫画

九条の大罪 第27審 強者の道理②感想

飲み屋(キャバクラ?スナック?)のキャッチに恭しく挨拶される京極。普段からお金を使っているから、と続ける。 壬生が側にいる。ところで、と話題を変えて九条をなぜすぐに紹介しなかったのか問いかける。あんな動きの良い弁護士を独り占めしやがって、という京極。九条のことを買っているようだ。
2021.11.03
漫画

九条の大罪 第26審 強者の道理①

路上のスズメバチを踏みつぶす男。京極である。危険な虫は殺す、と言っている。意思をもって踏みつぶしたようだ。ブランドの手提げを持っている京極に、黒いジャージ姿の男が襲い掛かる。すぐさまボディガードに取り押さえられるジャージの男は佐久間謙一というようだ。クレジットカードから身元が割れてしまったようだが、京極は落ち着いている
2021.11.03
漫画

九条の大罪 第25審 自殺の心境③ 感想

コミックス好評発売中です。壬生が金融屋から抵当権つきで買い取って賃貸していた事故物件はヤクザ物件であると知っていたか尋ねる嵐山。債権回収は違法ではなく、競売物件の入札はヤクザでもできると九条。
2021.12.06
漫画

九条の大罪 第24審 自殺の心境② 感想

花束とタバコ、ライターを机に置き、ソファで腕組みする烏丸。ホテルのようだ。たばこを吸う人間の気持ちはわからないと思う烏丸はホテルの喫煙室の匂いも嫌いで、普段は禁煙室を選ぶようだ。有馬と言う男を思い出しと同じ銘柄のタバコを吸っているようだ。1年経つと言っている。一泊10万円のこの部屋は以前有馬と泊まっていた部屋らしい。
2021.12.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました