資産形成

スポンサーリンク
じっちゃまライブ

じっちゃまメモ2021年12月3日【ライブ配信】広瀬隆雄氏「2022年の米国株市場はどうなる!?広瀬隆雄の相場見通しと注目銘柄アップデート」

【ライブ配信】広瀬隆雄氏「2022年の米国株市場はどうなる!?広瀬隆雄の相場見通しと注目銘柄アップデート」(12月3日開催) の備忘メモです。ざっくりとしたメモになっています。詳しくは番組をご確認ください。 本記事は情報の整理を目的としております。
米国株IPO目論見書S-1/F-1

ヌ-ホールディングス Nu Holdings NYSE:NU IPO目論見書F-1まとめ

ヌーホールディングス(ヌ-バンク)は中南米のフィンテック企業でクレジットカードを中心に幅広い金融サービスを提供する企業です。IPO目論見書F-1をまとめました。 本記事は情報の整理を目的としており、投資・その他の行動を勧誘する目的で作成したものではございません。
2021.12.12
じっちゃまライブ

じっちゃまライブ2021年11月27日 世界同時株安にどう対処する?

2021年11月27日のじっちゃまライブです。 本記事は情報の整理を目的としており、特定の銘柄や取引を推奨する目的はございません。投資にはリスクを伴いますので、自己責任でお願いします。 かなり言葉を省略しています。細かいニュア...
2021.11.28
じっちゃまライブ

じっちゃまメモ2021年11月24日

FRBの政策ですが、、、人事が発表されましたよね、バイデンがパウエルを再起用すると発表している。それ自体はサプライズではない。タイミング的には月曜の寄り付き前でちょっと皆が考えているより早かった。それ自体もあまり問題はない。ではなぜ発表後金利が上昇したか、それはパウエルや副議長になるラエル・ブレイナードとは関係なく、議会の駆け引きが関係していると思う。
じっちゃまライブ

じっちゃまライブ2021年11月23日パウエル議長が再指名された 債券・株式はどうなる?

昨日寄り付き前にバイデン政権がジェロームパウエルFRB議長を2回目の議長に指名する、と割と突然発表した。今週のどこかで発表がある、と投資家は身構えていたが、昨日の寄り付きの段階というのは意外だった。パウエルの再選は大方の予想通りだったと思う。発表を受け市場はまず好感した。1回バッと買われたが、そのあとちょっと待てよ
2021.11.26
米国株IPO目論見書S-1/F-1

【米国株】サムサラ NYSE:IOT IPO目論見書S-1まとめ

サムサラは「Connected Operations Cloud」により、物理的なオペレーションに依存するビジネスシーンで、IoT(Internet of Things)データを活用し、オペレーションの改善を助ける企業です。IPO目論見書...
2021.12.16
じっちゃまライブ

2021年11月12日じっちゃまライブ第3四半期決算ここまでの総括

今日はこれまでに発表された第3四半期決算をまとめてみようかなと思う。 全体像はそれなりにいい数字で入ってきている。beat比率はEPS、売上ともに過去1年の決算発表よりやや弱い印象。でも決算発表後のコンセンサスはじりじり上がっていて、目くじらを立てるほど取りこぼしが目立たないシーズンかと考える。
2021.12.30
じっちゃまライブ

じっちゃまライブ2021年11月7日 大富豪の株式含み益に対する課税法案に反発したマスクがツイッターユーザーに意見を求めた

朝起きたらTwitterでイーロンマスクがテスラの株10%を売却したほうがいいか、Twitterのユーザーに聞いていて、それが結構炎上していてライブやってみようかと思った。なぜこの問題が起きているか。バイデン政権は大型インフラ法案など、予算の法案をやっている。昨日か一昨日大型インフラ法案が下院で通過し、バイデン大統領のデスクに届けられ、いよいよ法案成立という段階に来た。
2021.11.13
じっちゃまライブ

じっちゃまメモ 楽天証券セミナー 広瀬隆雄の米国市場の相場見通しと注目銘柄アップデート! 2021年11月5日

今日お話しすること。米国経済の現状、参考銘柄、質疑応答。今日の結論。米国株市場は11,12,1月と1年で最も強い3か月にこれから入ってくる。1年のパフォーマンスの少なからぬ部分がこの3か月で勝負が決まる。今はフルインベストメントで臨むべきというのが結論。先のFOMCでは予想通りテーパーが発表された。
投資ツール

米国会社四季報 米国株投資ツール(本)紹介

米国株の銘柄=企業について理解をするために便利な本として、四季報の米国版、「米国会社四季報」があります。 結論的に1ページにかなりたくさんの情報が日本語でまとまっており、米国の個別銘柄やETFをザクっと把握するのには便利な本だと思います。
2022.01.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました