ARKX アーク宇宙ETFについて

アーク 宇宙 ETF資産形成

キャシーウッド率いるアークから新しいETF、ARKXが取引開始となりました。宇宙関連ということですがどんな銘柄が宇宙なの?何が組み込まれてるの?ということについてサラッと記載しています。

ARKX 宇宙ETFが取引開始。2021年3月30日

3月30日に新しいARK社では2年ぶりとなる新しいETFのARKXが取引を開始しました。

ARKX アークXの構成銘柄トップ10

中身はこんな感じです。

上位10銘柄で半分を占めます。

個人的には自社の3DプリンティングETFを構成比2位に組み込んでいることが面白いなと思いました。

ARKX アークX 全組み込み銘柄

全組み込み銘柄はこんな感じです。

TRMB トリンブル・ナビゲーション

  • 全地球測位システム(GPS)開発企業
  • 先端的GPS機器の開発、製造、販売
  • 本社はカリフォルニア州サニーベール
  • 日本のニコンと合弁で大手測量機器メーカーニコン・トリンブルがある

PRNT 3D Printing ETF

  • ARK の3DプリンティングETF
  • DDD(スリーディーシステムズ),AM3D(SLMソリューションズ),SSYS(ストラタシス),HPQ,PRLBなどが組み入れ上位

ARK社のETF「PRNT」とは?運用戦略と構成銘柄【米国株投資】 | Action(アクション) (money-stock.net)

KTOS クラトス・ディフェンス・アンド・セキュリティー・ソリューションズ

  • 軍事ソリューション企業
  • 連邦政府、州政府、地方自治体などに、軍事製品およびソリューションを提供
  • 軍用装軌車両保守訓練システム、軍事用レーザーシステム、偵察システム、IT技術など
  • 本社はカリフォルニア州サンディエゴ

L3ハリス

  • 通信・情報技術のIT企業
  • 公共機関、政府、軍事関連、特に国防省に無線通信システムおよび機器を提供。商業顧客向けの暗号化ソリューション。エネルギー、海洋、ヘルスケア分野向けにネットワーク機能による統合ネットワーク・ソリューションを提供。
  • 本社はフロリダ州

3Dプリンタ「材料」の市場予測について。

2020年1月27日時点のニュース

2018年から2023年まで年平均21.2%で成長し、2023年には4750億6700万円になると予測する。

3Dプリンタ材料の世界市場、2023年まで年平均21.2%で成長と予測:3Dプリンタニュース – MONOist (atmarkit.co.jp)

2018年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、前年比26.9%増の1813億4400万円と推計。

3Dプリンタ材料の世界市場、2023年まで年平均21.2%で成長と予測:3Dプリンタニュース – MONOist (atmarkit.co.jp)

航空宇宙産業の3Dプリンティング

2020年1月11日時点のニュース 「セカプリ」にて

全世界の航空宇宙産業の3Dプリンティング市場が、2027年に67億ドル(約7236億円)規模に成長すると予想したレポートが発表された。

市場調査会社ストラトビュー・リサーチのレポート「航空宇宙3Dプリンティング・マーケット」によると、2019年時点で18億6千万ドル(約2008億円)規模の同市場は、今後年率16.9%の成長率で成長を続け、2027年までに67億ドル規模に到達するとしている。特にエアバスA320シリーズやボーイング787シリーズなどのベストセラーシリーズ機用のパーツが3Dプリンターで製造されるため、市場拡大を牽引するとしている。

航空宇宙産業の3Dプリンティング市場が2027年に67億ドル規模に成長 | 世界の3Dプリンターニュース「セカプリ」 (sekapri.com)

3Dプリンティング関連の直近の業績

構成比の高い3Dプリンティングについて、気になったので

売上(千ドル単位)についてyahoo financeで直近4年間を調べました。

 2017年2018年2019年2020年
DDD646,069687,660629,094557,240
SSYS668,362663,237636,080520,817
PRLB344,490445,596458,728434,395
MTLS142,573184,721196,679170,449
AM3D82,49471,65948,96261,759
XONE57,74464,64453,27659,253
DM  26,43916,470
NNDM858.55685,1007,0703,399

3Dプリンティングは未来に楽しみなサービスではあるものの、現時点では売上が上がっていないというのも一つの特徴だと思いました。

nan

資産形成
スポンサーリンク
Tをフォローする
みちログ

コメント