九条の大罪第51審 事件の真相⑪感想

真鍋昌平 ビッグコミック 九条の大罪漫画

コミックス好評発売中です。

これまでの登場人物
  • 九条 間人(くじょう たいざ) 弁護士
  • 鞍馬蔵人(くらま くろうど)検事。九条の実兄
  • 烏丸 真司(からすま しんじ)九条の事務所のイソベン(=居候弁護士。弁護士事務所に雇われている弁護士のこと)
  • 壬生 憲剛(みぶ けんご)自動車整備会社社長・コワモテ
  • 有馬 (ありま) 弁護士
  • 嵐山 (あらしやま) 刑事
  • 植田 篤彦 自殺をしたおじさん 口が悪かったらしい
  • 流木 信輝(ながらき のぶてる)白髪の高齢の弁護士 九条の父と面識あり
  • 山城 祐蔵(やましろ ゆうぞう) 弁護士 九条の父と面識あり
  • 菅原 遼馬(すがわら りょうま) 介護施設輝幸代表 輩
  • 久我(こが) 菅原の部下
  • 家守華恵(いえもり はなえ) コンサルティング会社経営
  • 佐恵子 家守華恵の義理の妹
  • 金本 卓(かねもと すぐる)大柄な不良 力士を目指していたらしい 父がヤクザ 故人
  • ミヨコ 金本の同居人
  • 曽我部 聡太(そがべ そうた) 配達員 壬生の後輩の下の人間らしい
  • 薬師前 仁美(やくしまえ ひとみ) ソーシャルワークつぼみ代表の女性。烏丸の知り合い
  • 宇田川 良子
  • 森田 ひき逃げ犯
  • 郷田 ヤクザ風の男
  • 市田 智子 毎朝新聞社会部 烏丸の知り合い
  • 京極 清志(せいし) 伏見組の若頭
  • 佐久間 謙一(さくま けんいち) 京極を襲撃した輩
  • 笠置 雫(かさぎ しずく) 男性を殺害した若い女性、キャラクターのタトゥー
  • 中谷 修斗(なかや しゅうと) イケメン。マッチングアプリで雫と出会う 故人
  • ムーちゃん 39歳。ぼったくりバーの客引き。
  • 外畠(とのはた)雫の母衣子の内縁の夫
  • 粟生(あお)怪しい男。修斗とつながっている。
  • 亀岡 麗子(かめおか れいこ) 人権派弁護士
  • 田城(たしろ)雫のメイク担当
  • 小山義昭(こやまよしあき)=小林(こばやし)? トゥールビヨン企画の代表取締役
  • 白石 桃花(しらいし ももか)AV出演強要を訴えるモデル
  • 寿樹弥(じゅきや) No1ホスト
  • 笠置衣子(かさぎ きぬこ)雫の母親
  • 深見 警察官、組織対策課3年目
  • 又林 深見の先輩らしき警察官
  • 嵐山信子=愛美? 嵐山刑事の娘 故人
  • 犬飼勇人 嵐山信子殺害の為、少年刑務所に服役中、壬生の地元の後輩
  • 衣笠美穂 嵐山愛美の元飲み友達。
  • 炭山部長 嵐山の上司
  • 金ヶ原 ヤクザが原因で銀行口座を作れない女
  • 紗理奈 小山の娘
  • 門脇数馬(俳優志望➡サパークラブ勤務)
  • 音羽千歌(歌手志望➡ギャラ飲み女子)
  • 数絵 門脇数馬の妹。生まれつき体調がすぐれない

九条の大罪 第51審 あらすじ ネタバレ注意

一気飲みを強要する小山だが、知るか!と声を荒げる数馬。

どうも千歌は店長で、数馬は従業員みたいだ。土下座して謝る千歌。

涙ぐみ、一気飲みをしたあとの数馬は地面に倒れてしまう。

何故こんなことをするか問いかける千歌に、嫉妬だと答える小山。

若いイケメンはただで千歌ちゃんとやれるが、その価値に気がついていないこともムカつくと。

小山と千歌が去った後に、残った壬生にタクシーを呼ぼうとする数馬。

壬生は笑われることを率先してやるのは勇気がいることだという。

続けて、なんであの店で働いているか聞く壬生。

役者を目指したが借金を抱えているからだという。

中学の文化祭の演劇で主演をつとめたこと、それに妹が凄く喜んでくれたことが役者を目指すきっかけだったと。

妹は生まれつき体が悪く、入院と自宅療養を繰り返しているらしい。

役者を目指してないで、金を稼ぎたいと言う数馬に、何故金持ちが金持ちアピールするかわかるか聞く壬生。

人は金と影響力のある人間にひざまづくから、金持ちアピールが手っ取り早いという。

本気で金持ちになりたいかを尋ね、はい、と答える数馬にまずは100万円ためてみたら、俺のところに来いという。

数馬が職業を尋ねる

壬生は自動車整備工場勤務と答え、安心した様子だ。

壬生が去った後にサパークラブの同僚と思われる男性が現れる。

壬生はうちの店に出資したオーナーで、飲み屋やラウンジ何軒も経営していると知らされると、まじか、と微妙な表情の数馬。

母へ仕送りをしばらくストップすることを電話でわびる数馬。

数絵の病気のことばかり心配しないでと言われる

今月100万円集めると決意のメールを壬生にする数馬。そのメールを九条の事務所で受ける壬生。

優しい?壬生さんが見られた会であったが。はたして。

金持ちかどうか完全にクリアではないものの、多分小山はそれなりの金持ちではあるのかもしれない。
少なくとも高そうな服を見に纏い、社長と言う立場でお金を使って女性をコントロールしているようだ。いっぽう、数馬はお金がない。

部屋は衣笠美穂の部屋ほど荒れていないが、一人暮らしの男性の部屋らしくカップラーメンやゴミ袋が散らかっていた。

つづく。

九条の大罪 第51審 感想

優しい?壬生さんが見られた会であったが。はたして。

金持ちかどうか完全にクリアではないものの、多分小山はそれなりの金持ちではあるのかもしれない。

少なくとも高そうな服を見に纏い、社長と言う立場でお金を使って女性をコントロールしているようだ。

しかし、本当のお金持ちがあんなこれ見よがしな恰好をするかと言われると、うーん、という感じだ。

小山はAVメーカーの社長であることは事実だと思うけれども、何となく詐欺師とかそういう類の人のように見える。

だから壬生が金持ちアピールをする人、と同じ理論で使用しているお金は多いものの借金まみれだったり、使う金も入ってくる金も多く、真の裕福な人間ではないのかもしれない。

いっぽう、数馬はお金がない。結果的に千歌のギャラ飲みや、数馬自身の体を張ったサパークラブでの賃金で生活し、さらに数馬は自分のお金のいくらかを実家に仕送りしているのだから、お金を貯める、ということが全然進まない。

今になって妹の健康や実家の安心と自分の夢を天秤にかけると、やはり夢よりお金が重要であったことに気付く数馬だが、その夢も純粋に自分がやりたい夢、というより妹の数絵が喜ぶのが嬉しい、という理由で目指した道である。

俳優になり、売れることで稼げるようになり、妹も幸せになる、という現実があまりにも厳しかったことを悟り、他の道を模索しようとすること自体は良い事のように思う。

それでも入れ墨をゴリゴリに入れたコワモテがいい人そうだからと言って頼ってしまうあたり、数馬自身も少し計算ができないというか、察しが悪い人間なのだろう。

確か金本が曽我部を虐めていた時に、不良は弱い人を見つけるのに敏感だ、みたいな表現をしていたと思うが、それに照らし合わせるならば当然、壬生も不良であり、弱っている数馬からは搾り取ろう、利用してしまおう、という考えが瞬時に浮かんでいるはずである。

第52審以降の展開は?

壬生は複数の店のオーナーをしたり、今後数馬を何かに利用しようとして、力や影響力を拡大させようとしている。

もちろん、その先には因縁の京極への報復という目的がありそうなのだが、それ以前に眼前の脅威の排除としては犬飼の出所後の対応のようにも思える。

個人的には壬生の醸し出す雰囲気はウシジマくんっぽいなと思っており、丑嶋同様に壬生も体格を見る限りは強そうである。

そして、強いだけではなくめんどくさい問題をなるべく手を汚さずに解決するところも似ているのではないかと思っており、お金の為だけではなく何か自分のピンチの際に役立つように、と数馬に対して考えているのかもしれない。

漫画雑記
スポンサーリンク
Tをフォローする
みちログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました