米国株 コルセアゲーミング CRSR 2021年1Q 決算

米国株決算

ゲーマー、コンテンツ制作者、PC愛好家のための高性能ギアとテクノロジーを開発・製造する世界有数の企業ですCRSRコルセアゲーミングについて、2021年1Q(1~3月)の決算発表をもとに数字を中心にまとめています。

米国株 コルセアゲーミング NASDAQ:CRSR 2021年1Q 決算 まとめ

数字を中心に決算を振り返りたいと思います。

コルセアゲーミングはどんな会社?ゲーマー向けの高性能ギア(キーボード・ゲーミングチェアーやPCコンポーネントなど)を販売

1分程度でサクッと解説します。

ホームページが日本語でもあります。

CORSAIR (NASDAQ:CRSR)は、ゲーマー、コンテンツ制作者、PC愛好家のための高性能ギアとテクノロジーを開発・製造する世界有数の企業です。数々の賞を受賞したPCコンポーネントや周辺機器から、プレミアム・ストリーミング機器やスマート・アンビエント・ライティングまで、コルセアは、カジュアルなゲーマーから熱心なプロまで、すべての人が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、連携する製品のフル・エコシステムを提供しています。

CORSAIRには、コンテンツ制作者向けにプレミアムスタジオ機器やアクセサリーを提供するElgato、競技ゲーマー向けにカスタムデザインのコントローラーを製造するSCUF Gaming、カスタムゲーミングおよびワークステーション用のデスクトップPCやラップトップを製造するORIGIN PCなどの子会社ブランドがあります。

CORSAIR について

例えばわかりやすいものでいうとキーボードゲーミングマウスゲーミングチェアーなどを製造、販売しています。

主力であるPCコンポーネントもPC関連機器ですが、自作PC用のキットなど知識の多い人などがメインのターゲットと思います。

ライブコンテンツ作成コントローラーなども評判がよく、かつ今の時代に合った商品だなあと思います。

※個人的には仕事がメチャクチャできる人がゲーミングマウスを使ってサクサク仕事をしていてかっこよかったという経験があります。普通の事務系の業務をする人にとっても、コルセアに限らず少しスペックの高いツールを使う日も遠くないのかもと思っています。また、コロナ禍でゲーミングチェアーを買ったという人を複数名目撃しており、こういった一般向けの需要もあるのかと思っています。

2021年1Q決算 EPS、売上、ガイダンスはクリア

EPS、売上、ガイダンスを上回る良い決算でした。

2021年1Q決算 概要

売上

  • 純売上高は、前年同期比71.6%増の5億2,940万ドル
  • ゲーマー・クリエイター向け周辺機器分野:売上高1億7,590万ドル、前年+131.9%
  • ゲーミングコンポーネント&システム分野:売上高3億5350万ドル、前年+51.9%
  • 売上総利益:1億6,030万ドル、前年+103.9%増
  • 売上総利益率は30.3%(前年同期比480ベーシスポイント改善)

利益

  • ゲーマー・クリエイター向け周辺機器分野:売上総利益6,890万ドル、前年+211.1%
  • ゲーミングコンポーネント&システム分野:売上総利益9,150万ドル、前年+61.9%
  • 営業利益:67.3百万ドル、前年+404.5%
  • 調整後の営業利益:8,040万ドル、前年+221.4%
  • 純利益は4,670万ドル(希薄化後1株当たり0.47ドル)※前年120万ドル(1株あたり0.01ドル)
  • 調整後純利益:5,820万ドル(希薄化後1株当たり0.58ドル)※前年1,120万ドル(1株あたり0.13ドル)前年+420.4%
  • 調整後のEBITDA:8,040万ドル、前年+196.6%
  • 調整後のEBITDAマージン:15.2%前年同期比640ベーシスポイントの改善
  • 2021年3月31日時点で、現金および制限付き現金:1億2,560万ドル、リボルビング・クレジット・ファシリティの下でのキャパシティは4,810万ドル、長期借入金の総額は2億9,430万ドル
  • 営業活動によるキャッシュ・フロー:2,780万ドルで、前年同期の200万ドルから増加

一部過去との比較をします。

長期借入金について、2020年12月31日時点では

2020年12月31日時点で、現金および制限付き現金は1億3,360万ドル、リボルビング・クレジット・ファシリティの下でのキャパシティは4,810万ドル、長期債務総額は3億2,140万ドル

と表現しているので長期債務総額が2,710万ドル減少しています。

2020年4Q

  • 純売上高は5億5,630万ドル、前年+70.4%
  • ゲーマー・クリエイター向け周辺機器分野の売上高:1億9,180万ドル、前年+104.0%
  • ゲーミングコンポーネント&システム分野の売上高:3億6,450万ドル、前年+56.8%

2020年度

  • 純売上高:17億ドル、前年+55.2%
  • ゲーミング&クリエイター周辺機器分野の売上高:5億3,940万ドル、前年+83.4%
  • ゲーミングコンポーネント&システム分野の売上高:11億6,300万ドル、前年+44.8%

  • 第1四半期の業績と戦略的進捗には満足。
  • 製品に対する最終需要は引き続き堅調
  • K65 mini RGBキーボードElgato社の新しいアクセサリーなどの新製品は順調にデビュー。
  • 第1四半期には29の新製品を投入、この新製品投入の猛烈なペースは年間を通じて継続し、いくつかのブランドの新製品を投入する予定

2021年2Qガイダンス

  • 純売上高:18~19億5,000万ドル→19~21億ドルに引き上げ
  • 調整後の営業利益:205~220百万ドル→235~255百万ドルに引き上げ
  • 調整後のEBITDA:2億1,500万ドル→2億6,500万ドルに引き上げる

トップラインの上昇に伴い、すべての数字を上方修正しています。

CRSR コルセアゲーミング 2021年2Q 決算発表日はいつ?

米国株の決算は直前まで決まっていないので企業のIRページもしくはYahooFinanceやinvesting.comなどのサイトで見てください。

注意点も含めて記事にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました