APPS デジタルタービン 11/2 2021年Q2 決算カンファレンスコール earnings call 和訳

その他

ビル・ストーン

ブライアン、そして皆さん、今夜の電話会議に参加していただきありがとうございます。まず最初に、One DTチームの素晴らしい努力と苦労を称えたいと思います。これは、1つのデジタル・タービンとして第1四半期の業績を発表する初めての決算発表の場であり、このように急速に規模を拡大している素晴らしいチームの一員であることを誇りに思います。

ちょうど数ヶ月前の6月、私たちは決算発表の場で、DTの通期収益が3億1,000万ドルを超えたことを発表しました。そして本日、昨年の年間実績とほぼ同等の四半期収益実績を発表しました。このように急速に成長し、利益を生み出す企業の一員であることを嬉しく思います。

また、投資家の皆様には、来週アナリスト・デイを開催し、パートナーの皆様からの直接のご意見、製品のデモンストレーション、ビジネスの長期的な成長モデル、そして最後に当社が目指す戦略的ビジョンについての詳細をお聞きすることができます。

今夜は、4つの分野に分けてお話をさせていただきます。1つ目は、各セグメントの内訳を含む当四半期の連結業績に関するコメント、2つ目は、リアルタイムのオペレーション状況、3つ目は、Wind Digital Turbine社の戦略的統合の進捗状況、そして最後に、規制、サプライチェーン、アップル社のIDFAへの影響、その他の統合やM&Aなど、業界や経済で起きている出来事についてのコメントです。

連結ベースでは、売上高は3億1,000万ドル強、EBITDAは4,800万ドル弱となりました。昨年9月期と比較すると、売上高は報告ベースで338%、プロフォーマ・ベースで63%増加し、EBITDAは報告ベースで191%、プロフォーマ・ベースで130%以上増加しています。

私が最もうれしかったのは、この強力な収益成長に必要な営業費用が13%しか増加しなかったことから、統合後のモデルの営業レバレッジを確認できたことです。以前の決算説明会でも述べましたが、トップラインの成長率がそれを支えるために必要な費用を上回ることで、加速的なキャッシュフローを生み出すことができます。この点を裏付けるものとして、第9四半期のフリーキャッシュフローが4,000万ドルと過去最高を記録したことを挙げたいと思います。これは、当社の力強い営業活動とビジネスモデル全体の健全性を証明するものです。

次にセグメント別の業績について説明します。投資家の皆様には、当社の業績が3つのセグメントに分けられていることをご理解いただきたいと思います。第1のセグメントは、アプリメディア、コンテンツメディア、シングルタップ事業を含むオンデバイスメディア事業、第2のセグメントは、AdColony事業、第3のセグメントはファイバー事業です。

デジタルタービン、AdColony、ファイバーはいずれも上場企業であることから、短期的にはこれらのセグメントを報告することが、投資家の皆様にとって最適な比較と業績の透明性を提供できると考えています。また、投資家の皆様が比較しやすいように、AdColonyとファイバーの業績を、昨年当社が所有していたかのように言及し、プロフォーマの業績を議論できるようにしています。また、今後の戦略に合わせて、セグメントの方向性を変えていきたいと考えています。しかし、短期的には、この方法がより簡単に業績を測定することができると考えています。

まず、オン・デバイス・メディア事業については、第9四半期に過去最高の売上を記録し、前年同期比73%増の1億2,900万ドルを超える売上を達成しました。これは、コンテンツメディア、アプリメディア、およびシングルタップ事業の全体的な業績が好調であったことにより、力強い既存事業の成長を牽引しました。過去3回の9月期における当社のアプリメディア事業の米国での収益は、2019年に3,000万ドル、2020年に4,000万ドルだったものが、今期は6,000万ドルを超えました。デバイスの成長が緩やかであるにもかかわらず、この期間に米国のアプリメディアの収益が100%成長したことは喜ばしいことです。

しかし、より印象的なのは、当社のアプリメディアの国際的な成長です。2019年9月期には、約300万ドルの収益を上げました。2020年9月期には、800万ドルの収益を上げました。そして、この2021年9月期には、2,000万ドル以上の収益を上げました。これは、2年前と比べて500%以上の成長、昨年と比べて150%の成長です。この収益増加の一部にはデバイスが貢献しており、デバイス全体では前年比約20%の増加となりましたが、デバイス1台あたりの収益(RPD)が大きく貢献しています。RPDは、米国では前年比で約50%増加し、海外では前年比で100%以上増加しました。

また、以前の決算説明会でもお話しましたが、RPDは、広告主やお客さまに対する当社プラットフォームの価値を示すものであり、当社事業の中核をなす健全な指標です。最後に、これはすべて有機的成長であることに留意することが重要です。今回の買収によるシナジー効果と、新規および既存のパートナーとの継続的な提携により、アプリメディア事業の継続的な成長を楽観視しています。

特に、シングルタップ事業は引き続き高い成長を遂げており、1年前には7桁台だった年間売上高が、現在は9桁台に急速に近づいています。これは、シングルタップが当社の高額買収案件と完全に統合されたことが、これらの加速的な成長の主な要因です。成長は、米国内だけでなく、サムスンなどのパートナー企業をはじめとする海外からももたらされています。

特に、当社の海外向けSingleTapビジネスは、1年前には基本的にゼロだったのが、今では数百万ドル規模の四半期ビジネスになっています。先週、SingleTapはアドエクスチェンジャー社から、2021年の新しいデマンドサイドプラットフォーム(DSP技術賞)の第1位に選ばれました。当社は技術への投資を継続しており、他のデバイスタイプに拡張するためのSingleTapに関する2つ目の特許を取得したところです。

一方、コンテンツメディア事業も同様に加速度的な成果を上げています。2019年9月期のコンテンツメディア事業の売上高は1,000万ドルを少し超える程度でした。2020年9月には2,000万ドルを超え、この四半期には3,500万ドルを超えました。

繰り返しになりますが、これはすべて有機的成長です。今月末にはベライゾンとの間で最初のコンテンツ製品を発売し、来期にはAT&Tとの間でも発売を予定していることを発表できて嬉しいです。さらに、アジアでは複数のOEM企業、ラテンアメリカではAmerican Movil社と提携し、国際的な事業拡大を進めています。

次に、AdColony分野について説明します。AdColonyは、前年同期比で約20%の成長となりました。特に、「One Digital Turbine」への取り組みにおいて高い戦略性を持つAdColonyブランド事業は、前年同期比で約40%の成長を示し、AdColonyの収益の中で最も高い成長率を示しています。

特に、北米のブランド事業は順調に推移しており、サプライチェーン関連の問題による大きな減速はありません。戦略性の低いパフォーマンス事業は、第4四半期に18%縮小しました。これは主に、後ほど詳しくお話しますが、アップル社のIDFAの変更によるものです。なお、このIDFAの影響は、当社の連結売上高の約1%であり、当社の業績全体にとって重要なものではありません。

スターバックス、プロクター・アンド・ギャンブル、BP、ネスレなどの一流企業や、Crypto.comのような新しいブランドなど、さまざまな業界や地域でブランド関係が拡大していることに、私たちは引き続き期待しています。

また、McDonald’sは、AdColonyとのブランド関係を拡大し、当社のSingleTapテクノロジーの活用を検討しています。

次にFyberについて。Fyberの四半期業績は、前年同期比で90%以上の成長を示し、素晴らしいものでした。Fyberは、2020年の通年と比較して、2021年の最初の9ヶ月間で、昨年の140%以上の収益を達成しています。また、さらに印象的なのは、同じ比較対象期間のEBITDAが700%以上増加していることです。

言い換えれば、Fyberはトップラインの成長を加速させているだけでなく、コアビジネスにおける営業レバレッジの加速を可能にする規模の重要な変曲点にいるということになります。この目覚しい成長は、料金と数量の両面からもたらされました。

料金面では、第9四半期において、インプレッション数とeCPMの両方が前年同期比で約40%増加し、広告配信量も約50%増加しました。より具体的には、マーケットプレイス・ビデオの収益が前年同期比で3倍以上に増加したことが、力強い成長を後押ししました。

AdColonyとFyberは、過去数年にわたりモバイル広告の動画配信に戦略的な投資を行ってきましたが、広告主が他の伝統的なデジタルフォーマットと比較して、より粘着性があり、よりリッチで、より価格弾力性のある広告フォーマットを好むことから、動画広告フォーマットの世界的なマクロ的追い風を利用しています。これらの3つのセグメントが整ったことで、収益シナジーへの取り組みを強化し始めています。

当四半期末には、シナジー収入の実行率が全体の10%に近づきました。当社は、AdColonyとFyberの供給、Fyberの供給に対する感謝の気持ちを込めた購入、AdColonyの需要範囲を拡大するためのデジタルタービン・コンテンツ・メディアの供給など、10以上の異なる収益シナジーに取り組んでいます。

これらのシナジーが生み出す収益に加えて、多くのシナジーが当社の粗利益を向上させると同時に、デジタル広告のサプライチェーンから不要なリンクを取り除くことで、当社のパートナーにさらなる価値を提供しています。これは、私たちのチームにとって、ここでの進展を加速させるための大きな戦略的重点分野です。

次に、今後の見通しについてお話します。継続的な成長のために、当社がどのような体制をとっているかについて、いくつか説明したいと思います。買収によって、デバイス、製品、メディアという当社の成長レバーは変わっていません。買収によって、デバイス、製品、メディアという当社の成長レバーは変わっていませんが、加速し、拡大しています。

まず、デバイスについて。米国では何四半期にもわたってデバイスの売上が横ばいまたは減少してきましたが、昨年9月期と比較して、米国では約10%、海外では20%以上の成長を達成したことを発表できて嬉しく思います。また、米国の大手通信事業者のパートナーが販売する新しいデバイスの40%以上が5G対応となっており、これは昨年と比較して大幅に増加しています。これは、昨年に比べて大幅に増加しています。これは、よりリッチなビデオ広告を実現するために重要なことです。

また、当社のソフトウェアがインストールされたデバイスは7億5,000万台を超えました。製品面では、ダイナミックインストールからの収益は、第9四半期に前年同期比25%増となりましたが、連結売上高全体に占める割合は、昨年の50%超から、現在は約15%となっています。これは、当社が、初回起動時の収益化だけではなく、デバイスのライフタイムを通じた収益化を実現する企業に生まれ変わったためです。

昨年は40%強でしたが、現在は80%以上を占めています。初回起動時のみの収益ではなく、デバイスのライフタイムにわたって収益化を図ることは、当社のビジネスにとって戦略的な優先事項であり、今回の進展は重要です。

先ほど、成長の主な要因としてシングルタップを挙げましたが、通知機能、Discover Bar、FairBid、Offer Wall、Marketplaceなど、他の多くの製品にも成長を期待しています。言い換えれば、トップラインの成長と、成長の原動力となる単一の製品への依存の両方を促進するために、多角化がうまく機能しているということです。また、この点をさらに強調するために、当四半期は、当社の収益の10%以上を占めるパートナーや顧客が1社もいない初めての四半期でもあります。

次に、統合に関する最新情報をお伝えしたいと思います。買収が完了したことで、当社のフルスタック・エンド・トゥ・エンドのプラットフォームの主要な部分を組み立てることができました。ここで投資家の皆様に、当社のエンド・ツー・エンド・プラットフォームのアプローチが他の業界企業と比べて何が違うのかをご説明したいと思います。

まず第一に、当社の技術をデバイスに搭載することです。ソフトウェアがデバイス上に存在することで、当社は明確な優位性を得ることができます。これは重要なことであり、当社の特許技術であるSingleTapテクノロジーを使用することで、当社のプラットフォームで大幅に高いコンバージョン率を実現することができます。第二に、当社の独立性です。コンテンツ分野に進出し、プラットフォームの中立性を損なうことで、他のアプリパブリッシャーや広告主に利益相反の可能性を与えている他の多くの業界プレーヤーとは異なり、当社は機能別に垂直統合することを選択しました。

そして最後に、エンドツーエンドのネットワークのゾーニングです。アドテクノロジーのサプライチェーンの多くは、何ステップも何ホップも関係している企業から来ています。GoogleやFacebookのような企業が成功している主な理由の一つは、エンドツーエンドの関係を所有することで、自社と広告主の両方の利益を最大化すると同時に、他のプレイヤーがプラットフォームにプラグインしてホワイトスペースを埋めることができることです。

要するに、当社のオンデバイス技術の存在と独立したアプローチは、収益化と投資収益率の最適化を目指すアプリパブリッシャーや広告主にとって、当社のプラットフォームをより魅力的なものにしています。まだ始まったばかりですが、すでに多くのパートナーやお客様から、当社のアプローチを評価する前向きなフィードバックをいただいています。

最後に、私の準備したスピーチを終えるにあたり、リアルタイムで起こっているマクロおよび業界特有の出来事について、いくつかのコメントを述べたいと思います。まず、マクロ環境についてですが、クラウドベースのモバイル・ソフトウェア企業である当社のビジネスの優れた点のひとつは、インプットやハードコストを持たないことです。そのため、サプライチェーンやインフレのリスクに対するエクスポージャーは他社に比べて小さいといえます。

サプライチェーンの制約を考慮して、12月期の広告費を見直す広告主が何社か見受けられますが、現在のところ、全体の広告費に占める割合は1桁台前半と推定しています。言い換えれば、重要ではありません。新規デバイスの販売に関しては、新規デバイスの販売に若干の影響を受けますが、当社の売上の80%以上が既に顧客の手に渡っているデバイスであるため、このリスクも比較的小さいと考えています。

規制面では、大手ハイテク企業を規制して、消費者の選択と管理を強化するための法案が世界中で作られています。現在、社会では、独占禁止法とプライバシーに関する議論が行われています。プライバシー保護の観点から一部の人に権力を集中させるのか、それとも大手ハイテク企業が使用させたい製品を強制的に使用させるのではなく、顧客が好きな製品を選択できるようにするのか、といった議論が行われています。

米国では超党派の法案が提出されており、こうした動きを注視しています。DTの観点からすると、プライバシー対独占禁止法という議論は、少し誤ったシナリオであると考えています。というのも、当社は、Verizon、AT&T、Samsungなど、消費者の選択肢のひとつになると同時に、デバイス上のプライバシーを保護することができるからです。

当社はこれらの規制を注視しており、すでに提携して規制当局に情報を提供しています。これらの動きについては、当社のアナリスト・デイで、新たなビジネスチャンスの可能性について詳しく説明します。しかし、通信事業者やOEMメーカーに対する当社のユニークな立場を考えると、今日の規制環境は当社のビジネスにとって向かい風ではなく、追い風になると考えています。

アップル社のiOSプラットフォームにおけるIDFAについては、ブランドビジネスがより影響を受けない一方で、当社を含むすべてのサードパーティがパフォーマンスビジネスに影響を受けていると考えています。当社の売上の約75%がAndroid、約25%がiOSで、Androidへの移行が加速しているため、当社にとっては重要ではありません。

したがって、IDFAの影響は、当社の連結売上高の1桁%に過ぎません。また、当社はすでにアップルのSKアドネットワーク統合(通称SKAN)をサポートしており、当社の機械学習モデルがサードパーティプレーヤーのデバイス判断を改善していることから、この現象は一時的なものと考えています。

しかし短期的には、IDFAはすべてのサードパーティ・パフォーマンス・プレーヤーにとって逆風となります。IDFAがない世界では非常に困難になったビュースルーアトリビューションなどに依存しているため、この分野の最大手のプレイヤーが最も不均衡なダメージを受けていると考えています。

しかし、当社が他社と異なる点は、iOSとAndroidの両方に対応したAdColonyからのブランド・ドルの集中であり、価格弾力性が高い傾向にあること、Androidに大半を集中していること、そしてSingleTap機能があることです。これらのポジティブな要因は、IDFAのネガティブな影響よりも早く成長しています。

投資家の皆様には、どのような企業がビジネスの中核としてIDFAに依存しているのか、あるいはAppleの選択による逆風を軽減するために多様な選択肢を持っているのかを理解していただくことが重要だと思います」と述べています。

最後に、ここ数ヶ月、我々の分野では多数の企業買収が行われています。Digital Turbineのような多くの企業は、規模の重要性を認識しており、今年初めに行ったように、ポイントソリューションを市場から取り出して他のサービスと組み合わせることで、お客様や広告主により良い体験を提供すると同時に、市場から非効率なものを取り除くことができるため、これはポジティブなことです。

先に述べたように、当社が行っているデバイスに焦点を当てた競争は、市場においてユニークで差別化されたものであると確信しており、この競争に引き続き焦点を当てながら、先に述べたマクロ的な事柄を確実に実行し、ウェイン・グレツキーの有名な言葉にあるように、「パックが今あるところではなく、これからあるところへ滑る」ことができるようにしていきます。これが、今後の当社のインオーガニックおよびオーガニックな取り組みの焦点となります。

以上で、私の準備したスピーチを終わります。

バレット・ギャリソン

ありがとうございます、ビル。新たに加わった企業の業績を反映した最初のフル四半期を発表できることを嬉しく思います。また、第2四半期の業績は、既存事業と新規買収事業の両方で好調に推移しており、満足しています。

私は時折、プロフォーマ・ベースの業績について言及することがあります。これは、2021年度第2四半期にすべての買収事業を所有していた場合の四半期業績および比較を示したものです。このようなプロフォーマ・ベースの業績は、現在の業績を過去の期間と比較する際に、基本的な傾向についてさらなる洞察を与えてくれるものと考えています。

本日の私のコメントは、特に断りのない限り、前年同期比で比較しています。当四半期の売上高は3億1,020万ドルで、報告ベースでは338%、プロフォーマ・ベースでは63%増加しました。調整後のEBITDAは前年同期比191%増の4,790万ドル、調整後の1株当たりEPSは前年同期比193%増の0.44ドルとなりました。

シングルタップ、DSP、コンテンツメディア、プラットフォーム製品を含むアプリケーションメディアから得られる既存の収益を表すオンデバイスメディアの収益は、前年同期比73%増の1億2940万ドルとなりました。アプリ内メディアのAdColonyの収益合計は、当四半期において6,150万ドルとなり、プロフォーマ・ベースで19%増加しました。アプリ内Fyber事業は、当四半期に1億2,570万ドルを計上し、プロフォーマ・ベースで93%増加しました。

当社の非GAAPベースの売上総利益は、210%増の9,400万ドルで、プロフォーマ・ベースでは55%増となりました。当プラットフォームの第2四半期の売上総利益率は30%でしたが、これは買収した企業の1四半期分の業績が反映された現在のビジネスセグメントミックスを反映しています。当四半期の売上総利益率は、新規買収のビジネスミックスの影響を受けていますが、既存の中核事業であるオンデバイス事業では一貫した利益率を確保しています。

当四半期の現金支出は4,610万ドルで、売上高の14.8%を占め、前年同期の売上高の21%から減少しました。当四半期の現金支出は4,610万ドルで、収益の14.8%でした。営業費用総額は、取引関連費用約920万ドルを含む7,670万ドルで、前年同期の報告義務ベースの営業費用総額が1,760万ドルであったのに対し、今回はそれを上回る結果となりました。

最新情報として、買収案件の統合は順調に進んでおり、営業レバレッジをさらに向上させるための統合作業の実施に伴い、今後数四半期にわたって一定のコスト効果が得られると見込んでいます。また、新製品やパートナーをサポートするために、営業チームや技術チームを中心とした短期的な投資を続けているにもかかわらず、営業レバレッジと一貫したEBITDAの成長が達成されていることも喜ばしいことです。

このように、当社の事業には固有の営業レバレッジがあり、短期的な投資とシナジー効果から得られる利益を考慮すると、当社のEBITDAマージンは長期的に拡大し続けると思われます。当事業の収益性とフリー・キャッシュ・フローには引き続き満足しています。当四半期の非GAAPベースの調整後純利益は、前年同期の1,450万ドル(1株当たり0.15ドル)に対し、4,530万ドル(1株当たり0.44ドル)を達成しました。

調整後のEBITDAは4,790万ドルで、前年比で191%増加しました。2020年第2四半期の純利益が0.4百万ドルの収入、1株当たり0.00ドルだったのに対し、GAAPベースの純損失は590万ドル、希薄化後の発行済み株式数1億270万株に基づく1株当たり0.06ドルでした。

GAAPベースの純損失には、FyberおよびAdColonyの買収に関連する偶発的な対価として2,210万ドルの費用が含まれているほか、当四半期には920万ドルの取引関連費用が発生しました。また、当四半期には、主に株式報酬費用に起因する有利な税効果がありました。これらの非経常的な税効果により、当四半期のGAAPベースの実効税率は有利になりました。

当四半期のフリー・キャッシュ・フローは3,990万ドルで、これにより当四半期の現金残高は9,550万ドルとなりました。当四半期の負債残高は2億6,000万ドルで、内訳は4億7,500万ドルの回転信用枠(7,500万ドルのアコーディオン機能を含む)に対する2億4,710万ドルの引き出しと、Fyber社の買収により引き受けた1,340万ドルの負債です。当四半期末の純負債残高は1億6,460万ドルでした。

なお、当社の既存の資本状況は、利用可能なオープンリボルビングライン、手元の現金、および事業から生み出されるフリーキャッシュフローにより、残りの買収義務および事業運営の必要性に資金を供給することができるため、現在のところ問題はないと考えています。信用枠の拡大、健全なバランスシート、堅調なフリーキャッシュフローに加え、プラットフォームに変革をもたらす新たな買収が加わったことで、22年度以降の成長計画を実行するための準備が整ったと考えています。

次に、見通しについてお話します。現時点では、第3四半期の売上高は3億5,000万ドルから3億5,500万ドルの間になると予想しています。調整後のEBITDAは5,300万ドルから5,600万ドル、希薄化後の発行済み株式数は約1億500万株、非GAAPベースの調整後純利益に対する実効税率は15%から20%で、希薄化後1株当たりの非GAAPベースの調整後純利益は0.41ドルから0.44ドルになると予想しています。

最後に、当四半期の業績と、チームが引き続き集中して実行したことに非常に満足しています。この勢いで下半期も成功を収めたいと思います」と述べました。

それでは、電話をオペレーターに戻し、質問をお受けします。オペレーター?

質疑応答

オペレーター

今日の最初の質問は、クレイグ・ハルムのアンソニー・ストスさんからです。

アンソニー・ストス

決算おめでとうございます。差し支えなければ、ベライゾンとAT&Tのコンテンツ獲得に加えて、今後のDTのために、それぞれの機会の大きさを教えていただけないでしょうか。また、前回の四半期の電話会議では、近日中に予定されているNotifications製品の発売について長々と話されていましたね。この件について、私たちがどのような状況にあるのかを知りたいと思います。電話会議でいくつかの製品について話されていましたが、これらの製品の発売時期について、何か詳細があれば教えてください。

ビル・ストーン

ありがとう、トニー。ベライゾンのAT&Tに関しては、コンテンツ・メディア事業の四半期収益が3,500万ドルであることをお伝えしましたが、概念的にはこのように考えています。その最大の要因は、T-Mobile社との関係です。T-Mobileが市場の1/3、Verizonが市場の1/3、AT&Tが市場の1/3というように、大まかに考えてみてください。当社にとってのチャンスは、おそらくそのように考えています。

つまり、それは12月の四半期に起こることだと私は考えています。しかし、より戦略的に考えていくと、コンテンツメディア側の市場機会はこのように考えられるのではないでしょうか。ですから、ベライゾンとは早い時期に、そしてAT&Tとは次の四半期に開始できることを楽しみにしています。

通知機能については、収益に大きな動きが出てきています。SingleTapビジネスほどではありませんが、確実に成長しています。昨年は基本的にゼロビジネスでしたが、今では7桁以上のビジネスになり、成長しています。私たちはこの製品を、AdColony側で持っているいくつかのブランド関係と組み合わせて、パッケージ化することを考えています。

私たちはこの展開に期待しています。また、当社のビジネスでは、先ほどお話したように、米国ではデバイス1台あたりの売上が前年同期比50%増となっています。その要因としては、メディア収入の増加が挙げられますが、通知機能などの製品がRPD指標全体に影響を与え始めていることも挙げられます。

このように、私たちはここで行っていることが多様化していることにとても興奮しています。昔からこの記事をご覧になっている方は、ダイナミックインストールが当社のビジネスの大半を占めていたことを覚えていると思います。しかし今では、成長はしているものの、事業のごく一部になっています。だからこそ、私たちは多様化していることに興奮しているのです。

アンソニー・ストス

それから、もう1つ簡単な質問をさせてください。サムスンがSingleTapを発売したことについて、何か新しい情報はありますか?また、他のOEMからアプローチがあったかどうか、あるいはいつ他のOEMと同様の契約を結ぶことができるとお考えですか?

ビル・ストーン

はい、そうです。現在、サムスンとの契約を拡大しているところです。まずはブラジルから始めました。ブラジルでスタートし、その後ラテンアメリカの他の地域にも進出しました。現在は、ヨーロッパに進出して規模を拡大しているところで、将来的には他の地域への拡大も視野に入れています。現在は、そのプロセスをリアルタイムで進めているところです。

また、他のOEMメーカーとの提携も始まったばかりです。まだ始まったばかりで、明らかにサムスンほどのボリュームはありません。ここで重要なのは、他のOEM、サムスン、ベライゾン、AT&T、アメリカン・モバイルなど、多様化が進んでいるということで、製品の成長と拡大を続けるための供給源がたくさんあるということです。

アンソニー・ストス

ありがとう、ビル。おめでとうございます。

ビル・ストーン

ありがとう、トニー。

オペレーター

次の質問は、オッペンハイマーのティム・ホーランさんからお願いします。

ティモシー・ホーラン

2つ質問があります。1つはIDFAの影響ですが、これは前四半期の時点でほぼ終わっているのでしょうか?それとも、第2四半期にも影響が出るとお考えですか?2つ目は、SingleTapについて、顧客の関心度をもう少し詳しくお聞きしたいのですが、現在何人の顧客がいますか?また、今後1年ほどの間に、どのくらいの数の顧客が増えていくのでしょうか。

ビル・ストーン

はい、そうですね、ティムさん。IDFAについては、準備したコメントでも述べましたが、Appleに広告を出しているすべての人が、何らかの形で影響を受けていると思います。特に、パフォーマンス・プレーヤーと呼ばれる人たちが影響を受けていると思います。

IDFAによって不当に打撃を受けたプレイヤーは、決算発表でそのことを語っているところもありますが、それはIDFAの機能に過度に依存している大規模なプレイヤーです。クリックしたわけではありません。ただ見ただけなのに、誰かがアプリストアに行ってそのアプリをダウンロードしたかもしれないというIDFAとマッチングさせることができ、クリックしていなくてもアトリビューションを主張することができるので、報酬を得ることができます。今ではそのようなことはありません。

ですから、そういったものに頼っていたプレイヤーは、デジタル・タービンではありませんでしたが、私たちのプレイヤーはそこで不均衡な影響を受けていると思います。私たちにとっては、私の発言の中で述べたように、パフォーマンス・ビジネスであるAdColonyにおいて、前四半期に比べて活動が減少しました。IDFAの影響で前四半期に比べて活動が低下しましたが、当社の連結売上高の約1%に過ぎません。他のプレイヤーのように、IDFAに依存するものに頼っていないので、重要ではありませんでした。

しかし、時間の経過とともに正常化していくものと期待しています。これまでのところ、パフォーマンスを向上させるために予算を使っていた多くの人々や、ダイレクトレスポンスのようなものを見てきたと思います。多分、IDFAの前に100ドル使っていると思います。しかし、それを止めてしまいました。今は50ドルを使っていますが、100ドルに戻す前にどのような結果になるのか、広告費に対するリターンはどのようなものになるのかを確認したいと考えているようです。

しかし最終的には、消費者の目はiPhoneに向けられており、AppleのSK Ad Networkとの統合や、その他のデバイス上の機械学習モデルなどを利用して、広告費を取り戻す方法を考えるでしょう。しかし、今期に関して言えば、デジタルタービンにとってはそれほどでもなく、他のプレーヤーにとってはもっとそうだと思います。また、シングルタップと顧客に関する2つ目の質問については、次のように考えています。

私たちが興奮しているのは、約10社以上の広告主と一緒にこのような結果を出していることです。何千もの広告主ではないので、今はその規模を拡大しているところです。Twitterのような企業では、素晴らしい成果を上げています。私の発言にもありましたが、マクドナルドのような企業では、今四半期に入ってからが本番です。

さらに、SingleTapを他の販売チャネルに拡大することも検討しています。それは、ソーシャルメディアの大手企業や、SingleTapの機能を利用したいと考えている大規模な視聴者を持つ企業などです。

私たちの興奮は、Verizons社やSamsungs社への供給を拡大しているところにあります。これで、新たな広告との関係で需要を拡大するという、「鶏と卵」の関係が生まれました。2022年に向けて、楽観的な見方ができますね。

運営者

次の質問は、ロス・キャピタル・パートナーズのダレン・アフタヒさんです。

ダレン・アフタヒ

私の質問にお答えいただきありがとうございます。よろしければ2つ。まず、ビルさん、クロスシナジーについて少しお話がありましたね。たしか10%に言及し、マクドナルドとスターバックスにも言及していましたね。現在、広告スタックと中核となるDTにある需要と供給の製品は、どのようなパイプラインになっているのでしょうか。例えば、どこに最も大きなチャンスがあるのか、低空飛行の果物はあるのか、中間的な影響はあるのか、また、世界のどの地域に影響があるのか、といったことです。また、サムスンに関するコメントでは、前四半期にSingleTapやネットワーク全体をグローバルに拡大するという話がありました。それが針の穴を通すような効果があったとすれば、当四半期ではどの程度でしょうか。もしそうでなければ、12月期にはそれが導火線のようなものに火をつけ始めるのでしょうか?

ビル・ストーン

ありがとう、Darren。まず、シナジー効果についてですが、先ほど申し上げたように、社内では親しみを込めて「ダ・ヴィンチ・コード」と呼んでいます。これは、毎週のように数十以上のシナジー効果を追跡するもので、実際には、会社間のさまざまな組み合わせをどのように組み合わせるかということです。このように、実際にプラスの成長と勢いが見られることを楽しみにしています。

しかし、その中でも私が最も期待しているのは、まず、評価の高いDSPを活用し、Fyber、AdColony、DTの両方の顧客が評価の高い機能を利用できるようになることです。これは、1つのタブで実現できることです。2つ目は、当社のAdColonyの需要をFyberの供給に活用することができます。

アドコロニーのビジネスにおける制約のひとつは、マクドナルドのような企業が、「100万ドルの広告費を出してください」と言ってくることです。そして、広告費に対するリターンを得るために、セグメントやターゲット、ポジショニングなどの観点から、何を求めているかを説明します。しかし、AdColonyでは、そのターゲットに対して10万ドルの広告費を提供するための供給しかできませんでした。しかし、Fyberで供給を拡大したことで、マクドナルドのような企業が使いたいと思う予算をより多く使えるようになりました。これは、私たちにとってもすぐに収益の相乗効果となります。

そして最後に、SingleTapやダイナミックインストールビジネス、Wizard製品など、当社が持つユーザー獲得能力をパッケージ化して、パブリッシャーや広告パートナーに提供できるようになることも、成長のチャンスです。そのため、仲介や他の製品との関係拡大などの話をすることで、市場の他の企業が提供できないような追加の機会や差別化を図ることができます。

最後の質問であるSingleTapと当四半期の針の動きについては、3億1,000万ドルの四半期に対して、針の動きという点では、比率的には素晴らしい成長でした。そうですね。いや、そういう意味では針を動かしたのですが、私たちは基礎を築いています。プレスリリースで述べたように、このような基礎的な要素を確立することが重要なのです。2022年以降の成長の原動力を考えると、今やっていることは良い位置を占めていると思います。

Darren Aftahi

もうひとつ聞いてもいいですか?SingleTapに関するIPがモバイル以外のデバイスで特許を取得したとのことですが、これについてお話いただけますか?そのことについてお話いただけますか?また、コネクテッドTVの可能性についてですが、これはアプリの可能性を示していますか?過去にもこの話をしたことがありますが、それは近い将来の現実的な機会なのでしょうか?あるいは、そのロジックを教えてください。.

ビル・ストーン

そうですね。以前から話していたことですが、私たちがスマートフォンに注力してきた理由は、その数量の多さです。毎年10億台以上が販売されているのですから。毎年10億台以上が販売されているわけですから、その規模の大きさに着目したわけです。

しかし、当社のアドレス可能な市場について考えると、それ以上のものになりますよね。テレビ、モノのインターネット、タブレット、PCなど、私たちが期待しているさまざまなものがあります。その意味でも、当社の技術を考えることは重要だと思っています。

今後は、スマートフォンで培った技術を活用し、アプリやコンテンツをあらゆるデバイスに配信することで、お客さまにより良い体験を提供していきたいと考えています。これは私たちにとって自然な流れです。これは当社にとって自然な流れであり、12月の四半期に現れるものではありません。

しかし、当社がどのように戦略的に位置づけられているかを改めて考えてみると、短期的な視点に立って、今期の成果を出して実行するだけでなく、次の四半期を見据えて、どのような状態にしたいかを考えるという意味で、私たちはガムを噛みながら歩いているようなものだと思います。このようなことから、私たちが両方の能力を発揮できることに期待しています。

運営者

次の質問は、カナコードのオースティン・モルドゥさんです。

オースティン・モルダウ

第4四半期のAdColonyの成長率について、特にパフォーマンスが比較的小さな要素であることから、売りと買いについて説明してください。何が遅れているのか興味があります。

バレット・ギャリソン

当四半期は、パフォーマンス事業が少し苦戦しました。これは比較的小さい部類に入ります。しかし、注力しているブランドビジネスに関しては、前年同期に比べて加速していますが、そうではありません。合わせて20%近い成長を達成しました。ビルが指摘したIDFAの一部は、当四半期の影響と逆風のごく一部です。これは、当社の業績分野であるオースティンで発生したものです。以上が、アドコロニーの全体的な成長のための2つの取り組みの概要となります。

ビル・ストーン

オースティン、前四半期比の数字だけではなく、もっと戦略的な話をしたいと思い、補足します。私たちがAdColonyに注目したのは、彼らがブランドや動画に対して行った素晴らしい仕事でした。そして、それがビジネスの成長につながり、私たちが注力していることです。

他のQ&Aですでにお話ししたようなことを進めていけば、彼らが持つ他のレガシービジネスにも、まだたくさんの可能性が残されていると思っています。しかし、私が特に強調したいのは、ブランドに関することです。これは、当社の中核事業であるDT on device事業でやろうとしていることと、Fyber事業でやろうとしていることとの相乗効果が得られる部分です。これは非常にうまくいっていると思いますし、私たちも楽しみにしています。

オースティン・モルドゥ

なるほど。素晴らしいですね。では、今後の展望として、特に今後の2、3四半期におけるファイバーの主な成長要因は何でしょうか。

ビル・ストーン

Fyberにはいくつかの成長要因があると思います。1つ目は、より多くのパブリッシャーをプラットフォームに加えることです。Fyberは、特に海外のAPACなどの市場で素晴らしい成果を上げており、非常に力強い成長を見せています。つまり、アドレス可能な供給を拡大するという意味では、まだ多くのパブリッシャーを追加する必要があると思います。

AdColonyやTrade Desk、Googleなどを通じた統合により、より多くの需要を供給することができます。これが私が考える第2の分野です。

そして3つ目の分野は、新製品の拡大だと思います。Fyberは、マーケットプレイスやエクスチェンジ製品で大きなシェアを占めています。媒介製品やオファーウォール製品など、どれもまだまだ発展の余地があると思います。この3つが、Fyberの今後の原動力になると思います。

運営者

次の質問は、マッコーリーのティム・ノーレンさんです。

クリス・キンテロ

クリス・クィンテロです。IDFAの影響により、iOSからAndroidに移行した広告予算が減少したことで、広告予算の増額が可能になりましたが、その結果、現在の顧客である広告主が増加しているのではないかと思いますが、いかがでしょうか?そこにはどのような意味があるのでしょうか?

ビル・ストーン

これは当社にとって非常に興味深い動きです。というのも、通話中に私は、当社はおよそ75%がAndroid、25%がiOSであると述べました。しかし、数四半期前にさかのぼってプロフォーマ・ベースで見てみると、数四半期前は65%、35%に近かったのです。つまり、デジタルタービンでは、iOSに比べてAndroidへの支出が増加していることがわかります。

これにはいくつかの理由があると思います。もちろん、SingleTapがその要因となるでしょう。また、2つ目の要因は、結局のところ、広告主は特定のプロフィールを満たす人々を探しているということだと思います。広告主は、AppleやAndroidのユーザーを求めているのではありません。広告主が求めているのは、特定のプロファイルに合致する男女であり、Androidを使用しているかどうかにはあまり関心がなく、最も効率的な費用でその人にリーチするにはどうしたらよいかということなのです。

今、私たちが目にしているのは、SingleTapやその他の製品を使うことで、おそらく広告主がAppleで行うよりも効率的にそれを行うことができるということです。そのため、広告主がAppleで行うよりも効率的に広告を行うことができ、その結果、広告費が当社に移行しています。これは、当社にとって少しばかりの追い風になります。このような傾向がAndroidにも見られるようになってきました。

この傾向は長期的に、あるいは実際には今後数四半期にわたって続くと思われます。また、先ほどTimの質問にも答えましたが、2021年の半ばに入ると、機械学習やSKネットワークの統合が進み、人々がより賢くお金を使うようになることで、この傾向は落ち着くと思います。

クリス・キンテロ

わかりました。できればもう1つお願いします。あなた方が言うように、業界では多くの統合が行われていますが、特に興味を持っている製品や、現在の体制に加えたいと考えている隣接したマーケティング分野はありますか?

ビル・ストーン

はい、あります。私たちは、ビジネスを継続的に成長させるために、今起こっているいくつかの開発にとても興奮しています。私たちは今、完璧な位置にいると思います。統廃合にしても、これから始まる規制にしても、あるいはその他の業界イベントにしても、当社は他の分野に進出するのに最適な場所にいると考えています。来週のアナリスト・デイでは、この点についてもう少し詳しく説明する予定です。その詳細については、来週のアナリスト・デイでお話ししますので、楽しみにしていてください。

運営者

次の質問は、マキシムのアレン・クレーさんです。

アレン・クリー

比較的新しいビジネスミックスで、長期的なマージンの機会をどのように考えていますか?

バレット・ギャリソン

はい、アレンさん。私たちは、いくつかの異なる場所から、利益率を向上させることができると考えています。まず、既存の中核事業である自社デバイスの場合と同様に、長期的には利益率が拡大すると考えています。利幅拡大の起爆剤になると思われる分野がいくつかあります。1つは、新製品の投入、2つ目は、垂直統合戦略におけるシナジー効果の実現により、利益率を拡大する機会が増えることです。

また、SingleTapなどの製品を引き続き発売し、拡大していくことで、これらのビジネスの歩留まりを最適化していきたいと考えています。しかし、ご質問にお答えすると、これらのマージンは30%以上に拡大すると考えています。当社の成長モデルについては、アナリスト・デイでもう少し詳しく説明する予定です。しかし、時間の経過とともに、これらのマージンが30%を超えて増加することを期待すべきです、確かに。

次に、売上総利益率以外の点についてですが、私たちは、コメントにもあるように、事業の営業レバレッジ、EBITDAマージンおよび営業利益マージンの拡大に興奮しています。これらのマージンが引き続き拡大していくことに多くの機会があると考えています。特に、新たな買収によって現在の営業レバレッジの拡大が促進されると考えています。

運営者

それでは、質疑応答を終了します。最後に、ビル・ストーンさんにコメントをお願いします。

ビル・ストーン

今夜の電話会議に参加してくださった皆さん、ありがとうございました。今夜の電話会議でお伝えしたすべてのポイントに対する進捗状況を報告できることを楽しみにしています。来週のアナリスト・デイでお会いできることを楽しみにしています。

それでは、良い夜をお過ごしください。

その他
スポンサーリンク
Tをフォローする
みちログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました