九条の大罪 第100審 命の値段⑩ 感想

真鍋昌平 ビッグコミック 九条の大罪 漫画

コミックス好評発売中です。

これまでの登場人物
  • 九条 間人(くじょう たいざ) 弁護士
  • 鞍馬 蔵人(くらま くろうど)検事。九条の実兄
  • 烏丸 真司(からすま しんじ)九条の事務所のイソベン(=居候弁護士。弁護士事務所に雇われている弁護士のこと)現在は流木の事務所に勤める。
  • 壬生 憲剛(みぶ けんご)自動車整備会社社長・コワモテ
  • 有馬 (ありま) 弁護士
  • 嵐山 (あらしやま) 刑事
  • 莉乃(りの) 九条の娘。
  • 植田 篤彦 自殺をしたおじさん 口が悪かったらしい
  • 流木 信輝(ながらき のぶてる)白髪の高齢の弁護士 九条の父と面識あり
  • 山城 祐蔵(やましろ ゆうぞう) 弁護士 九条の父と面識あり
  • 菅原 遼馬(すがわら りょうま) 介護施設輝幸代表 輩
  • 久我(こが) 菅原の部下
  • 家守華恵(いえもり はなえ) コンサルティング会社経営
  • 佐恵子 家守華恵の義理の妹
  • 金本 卓(かねもと すぐる)大柄な不良 力士を目指していたらしい 父がヤクザ 故人
  • ミヨコ 金本の同居人
  • 曽我部 聡太(そがべ そうた) 配達員 壬生の後輩の下の人間らしい
  • 薬師前 仁美(やくしまえ ひとみ) ソーシャルワークつぼみ代表の女性。烏丸の知り合い
  • 宇田川 良子
  • 森田 ひき逃げ犯
  • 郷田 ヤクザ風の男
  • 市田 智子 毎朝新聞社会部 烏丸の知り合い
  • 京極 清志(きょうごく きよし) 伏見組の若頭
  • 佐久間 謙一(さくま けんいち) 京極を襲撃した輩
  • 笠置 雫(かさぎ しずく) 男性を殺害した若い女性、キャラクターのタトゥー
  • 中谷 修斗(なかや しゅうと) イケメン。マッチングアプリで雫と出会う 故人
  • ムーちゃん 39歳。ぼったくりバーの客引き。
  • 外畠(とのはた)雫の母衣子の内縁の夫
  • 粟生(あお)怪しい男。修斗とつながっている。
  • 亀岡 麗子(かめおか れいこ) 人権派弁護士
  • 田城(たしろ)雫のメイク担当
  • 小山義昭(こやま よしあき)=小林(こばやし)? トゥールビヨン企画の代表取締役
  • 白石 桃花(しらいし ももか)AV出演強要を訴えるモデル
  • 寿樹弥(じゅきや) No1ホスト
  • 笠置衣子(かさぎ きぬこ)雫の母親
  • 深見 警察官、組織対策課3年目
  • 又林 深見の先輩らしき警察官
  • 嵐山信子=愛美? 嵐山刑事の娘 故人
  • 犬飼勇人 嵐山信子殺害の為、少年刑務所に服役中、壬生の地元の後輩
  • 衣笠美穂 嵐山愛美の元飲み友達。
  • 炭山部長 嵐山の上司
  • 金ヶ原 ヤクザが原因で銀行口座を作れない女
  • 紗理奈 小山の娘
  • 門脇数馬(俳優志望➡サパークラブ勤務)
  • 音羽千歌(歌手志望➡ギャラ飲み女子)
  • 数絵 門脇数馬の妹。生まれつき体調がすぐれない
  • ももよ 数馬の俳優時代からのファンで風俗で働く
  • 山梨新一 整形外科医 エッチそう
  • 伏見組長 伏見組の組長。現在服役中。
  • 川原社長 数馬を大人の運動会に紹介したらしい
  • 小松 坊主頭の男。
  • 東村ゆうひ 烏丸の元居た法律事務所の人と思われる
  • 知恵光院翔 ライップスコーポレーションの男。門脇数馬に投資詐欺を行う。
  • 片桐士郎 私立探偵。壬生の依頼で数馬を助けようとする
  • 宇治信直(うじのぶなお) 検事部長。
  • 京極猛(きょうごく たけし)京極清志の息子。
  • 烏丸克伸 烏丸の父で東大法学部➡商社勤務。「東海道新幹線連続殺人」による無差別殺人にて亡くなる。
  • 雁金正美 (かりがね まさみ) 伏見組若頭補佐
  • 鍛冶屋小鉄(かじやこてつ)伏見組構成員
  • 艮克成(うしとら かつしげ)破門絶縁元ヤクザ
  • 出雲 死刑判決が出た男。詳細不明。
  • 船井 電車で暴行を行うオタのオッサン
  • 中林敏子 (なかばやしとしこ)烏丸克信を殺害した連続殺人犯に殺害された被害者
  • 鞍馬 行定(くらま ゆきさだ)九条の実父、検事
  • 佐山 弁護士。
  • 宇治 金、頭脳、暴力の三拍子が揃っていると雁金に評される伏見組のヤクザ。壬生の知り合い。
  • 白栖 雅之 白栖総合病院医院長
  • 白栖 正孝 白栖医院長の息子
  • 相楽 弘毅(そうらく こうき)東村ゆうひ弁護士事務所所属の弁護士
  • 平川 幸孝(ひらかわ ゆきたか)白栖医院長の次男で正孝の弟
  • 白栖 早苗(しらす さなえ)白栖正孝の妻
  • 平川 恵理子(ひらかわ えりこ)平川幸孝の妻
  • 山根 白栖正孝の学生時代の友人で現在は勤務医→製薬会社の査定の医者に転職
  • 朝倉優子 東村ゆうひ弁護士事務所所属の弁護士
  • 射場雅弘 白栖総合病院事務局長 
  • 有馬剛 事件屋 

九条の大罪 第100審 あらすじ ネタバレ注意

弁護士が守っているのは 悪人ではない 手続きを守っている

九条の大罪 小学館

巻頭カラーの絵と一緒にこのようなコメントが記載されている。

白栖総合病院の事務局長、射場はあっさりと今日中に5,000万円なんて用意できませんと返す。

3億円というのも病院を売るにしては桁が一つ違うという。

一方有馬は待ちに待った結果の5,000万円の返済であり、白栖総合病院の負債は大きいので3億円は妥当では、という。

射場では話にならないと、白栖院長を呼べという有馬。

恐らく白栖雅之が拘留されているので有馬は去ったのだろうか、射場と白栖正孝が病室で話す。

正孝が尋ねると赤字の理由は審査支払機関が診療報酬を請求通り払わないことが原因で不足分が病院の持ち出しとなり、資金難が起こっているという説明を射場はしている。それがファクタリングやらコロナの補助金による補填(病床の水増しを指すと思われる)だという説明だ。

正孝は経営についてノータッチであったことを詫びるが、射場は天才外科医である正孝を病院の宝だと言い、経営は私どもに任せてくださいという。

事務所で射場がタップダンスをしている。壬生の泊まっているホテルの部屋だ。

射場は医者は馬鹿ばっかりで経営センスがないと言っている。

壬生は白栖総合病院を最安値で買いたたいて関係者をクビにし、高値で売却すると言っている。

白栖雅之院長のSM画像流出も私立探偵の片桐がSNSで拡散したものだった。

事件屋有馬について様子見する、といいつつ、壬生はそろそろ最終兵器に動いてもらうときが来たという。

九条はコーヒーカップを片手に階段に座っている。

九条の大罪 第100審 感想

射場は壬生の仲間であった。

99審ではやや焦った表情をして見えたので小物でなのかと思っていたが、しっかり壬生サイドの人間であり、彼もまた様々なハードな場面を乗り切ってきた人なのかもしれない。

有馬は白栖雅之を呼べと言ったが、その後の描写で壬生のホテルに移動しているということは、有馬は帰ったのだろう。白栖雅之は拘留されているので呼ぶことができない。そしてそれは有馬にとっては想像していなかったことのようである。

壬生の策は手が込んでいて、かなり前から射場を白栖総合病院の経営コンサルティングとして事務局長として雇わせ、さらに白栖雅之の不正を暴き活動不能にし、SNSで痴態を拡散させ病院の価値を落とそうとしている。

白栖正孝が九条の力を借りて病院の経営を取り戻すのかと思っていたが、壬生は単体で上記の段取りを踏んだうえでさらに九条の力も使おうとしており病院を乗っ取る計画は順調に見える。

そういう大きな流れとは別に相楽は白栖総合病院をむしっている、と考えてよいのだろうか。

射場は厳しい病院経営を招いた人間のようにも見えたが、彼自身の言葉を信じるならば経営センスはあるが、敢えて今の状況を放置しているように見える。

正孝には診察報酬が払われないことから経営難であるということを言っていたが、もしかしたら診察報酬は払われるものの、支払いを遅らせてもらうような工作やらなんやらをして、必要以上に白栖総合病院が価値のないものになるようなメチャクチャなことをやっているのでは、と思われる。

九条の大罪 第101審以降の展開は?

病院の経営権を正孝や有馬ではなく他のものに写すことにおいて九条は一役買うことを期待されているように見える。

今回は一般の良識に当てはめても悪人っぽい人が多いので誰が悪いとは言えない気もするが、とにかく悪人の一人である壬生さんのサポートをするような形での登場がほぼ確実そうだ。

漫画雑記
スポンサーリンク
Tをフォローする
みちログ

コメント